FC2ブログ
2010.09.27 19:32 | EDIT
わくらば日記

わくらば日記 (角川文庫) 朱川 湊人

昭和30年代。当時私は東京の下町で母さまと姉さまと三人で暮らしておりました。父さまは事情があって一緒には暮らしておりませんでしたが、母さまの縫い物の仕事を手伝いながら、貧しいながらも仲むつまじく日々を過ごしておりました。姉さまは、抜けるように色が白く病弱で、私とは似ても似つかぬほど美しい人でしたが、私たちは、それは仲の良い姉妹でした。ただ、姉さまには普通の人とは違う力があったのです。それは、人であれ、物であれ、それらの持つ記憶を読み取ってしまう――という力でした。その力は、ある時は人を救いもしましたが、逆に姉さまの命を縮めてしまったのやもしれません……。
小さな町を揺るがすひき逃げ事件、女子高生殺人事件、知り合いの逮捕騒動……など、少女の不思議な力で事件が解決されてゆく様を描きながら、事件の影となって通り過ぎていってしまう人間の悲哀をつぶさにすくい上げる。現代人がいつの間にか忘れてしまった大切な何かが詰まった、懐かしくやるせなく、しかし心温まる連作長編。


艦長です。不思議な物語です。じわっとね、心がしみますな。続編もあるようなので是非続きを読んでみたいと思いました。


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



コメント

好きな作家に出会えた

おひさしぶりです。

以前「わくらば追慕抄」の紹介のところで読んでみたいと書いた気がしますが、遅ればせながら最近こちらの「わくらば日記」から読んでみました。

ひと言、いい!

なにより文体が好みです。私の好きな海老沢泰久のようにすらすらと読めてしまうんだけど文章の運び方に浮ついたところがなく、安定して読み進めることができます。うまい文章書きますね。←えらそう。

生活に追われて焦燥感からもう10年くらい小説を最後まで読めたことがなかったのですが、今回は再び小説を読む楽しさを満喫することができました。

紹介していただきありがとうございます。

かっちん | 2012.12.09(Sun) 18:20:30 | URL | EDIT

おおう!

かっちんさん~コメント感謝!
お久しぶりですねぇ~

朱川秦人は好きな作家で結構いろいろ漁って読んでます。このシリーズは3作目が必ずあるんだと思うのですが、なかなか三つ目が出ないっすね・・
心待ちしてるんですが♪
お姉さんが素晴らしいキャラクターだと思いました。

沖田根艦長 | 2012.12.09(Sun) 19:59:47 | URL | EDIT
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング