fc2ブログ

新撰組 物語と史蹟をたずねて 童門冬二

新撰組 物語と史蹟をたずねて (成美文庫) 童門冬二 (著)

新撰組 物語と史蹟をたずねて 童門冬二

武州多摩の風土に育まれ、京洛にあって“壬生の狼”“人斬り狼”と畏怖された新撰組。しかし、最後まで攘夷思想を保ちつづけながら、誠の一念で剣の道を貫いた新撰組に、後世、多くの愛惜の念が寄せられている。新撰組の歴史は、純粋に思想に殉じ、全隊士が生命を捨ててつづった男の詩である、と評価する著者の、百数十人の絶命隊士へ奉げる鎮魂の書。

童門冬二(どうもん・ふゆじ)
作家、本名・太田久行。1927年、東京に生まれる。第43回芥川賞候補。目黒区役所係員を振り出しに、都立大学事務長、都広報室課長、広報室長、企画調整局長、政策室長を歴任。1979年退職。在職中に累積した人間管理と組織の実学を歴史の中に再確認し、小説、ノンフィクションの分野に新境地を拓く。著書に『男の器量』『名将に学ぶ人間学』『日本の歴史どうしても知っておきたい名場面80』『坂本竜馬「自分」を大きくする法』、『小説上杉鷹山』ほか多数ある。



艦長です。古本屋さんで目に飛び込んできたので思わずゲットしてしまいました。税込110円也。またまた新選組の本かよ!と正直思いましたが(笑)手に入れるしかないでしょう♪ちなみにこの本では新選組の表記を「新撰組」としています。ま、どっちでもいいらしいですよ(*^-^*)

さてさて、そんなに厚い文庫本ではないので多摩からの話から箱館戦争までの話なんで、ところどころ端折ってありますが致し方がないでしょう。スラスラ読めますけどね。なかなか、斬新な話の進め方が好感を持てますね。別項を設けて実際の場所も紹介し、それに沿って物語形式で語られるので理解しやすいですね。子母澤寛の本を読む前にこの本を読んでいたほうが理解しやすいのでは?ってな感じを持つくらい流れがわかります。勝海舟が西郷吉之助に「幕府は腐ってるから、そちらさんで滅ぼしてください」って言ったそうだが、本当かね?その話を聞いて西郷・薩摩は攘夷から倒幕に舵を切ったらしい。新選組は最後まで佐幕で愚直に突き進んだ滅びの道を突き進んだ・・・。なかなか良い本でした。お勧めの一冊です。


12月8日ですね。80数年前の真珠湾攻撃の日ですな・・。
先日12月6日の朝ですが、話題のオスプレイのですね編隊を目撃しました。この日のいつからか?昼過ぎか?飛行中止になったそうですね。編隊で飛んでるのを目撃したのは初めてです。スマホで慌てて撮影したんで(笑)画像はぼけてますが。まぢかで観てみたいものです。ペリコプターの飛翔音とは別物です。写真は撮らなかったけど自衛隊の「バートル」というヘリコプターも飛んでいた。これは久々にみましたね。大型ローターが二つ前後に実装されてるヤツ♪ま、たいした話ではありませんけど、お粗末さんでした。

※写真をクリックすると大きめの写真にジャンプします。
12月6日 オスプレイ編隊



本館・沖田根中佐の航海日誌
Twitter
艦長掲示板
艦長にメール

ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

新撰組

新撰組、昔、年末時代劇スペシャルで放送してましたよね
懐かしいです^^
また、見たくなりましたよv-290

コンバンワ

がちょーさん、コメント感謝♪
新選組は大好きであります(*^-^*)
プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。本館の「沖田根中佐の航海日誌」を再公開開始です。順次公開していきます。

FC2カウンター
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
本館 沖田根中佐の航海日誌

※本館はPCでご覧ください。
当サイトはPCで閲覧されることを前提として作りました。スマホで閲覧される場合は厳しいかもです。各コンテンツでBGM設置箇所あります。ヘッドフォンのご利用をお勧めします。
BBS(沖田根掲示板)とTwitter
掲示板


Twitter (X)
艦長にメール
カテゴリ
リンク
最新コメント
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ