FC2ブログ
2021.07.27 19:34 | EDIT
※当ブログおよびBBSはPCで閲覧されることを推奨します。
スマホでご覧いただく場合はPCビューでご覧ください。


箱館売ります(上) (下) 土方歳三 蝦夷血風録 (中公文庫) 富樫倫太郎 (著)

箱館売ります 上・下 富樫倫太郎

土方歳三らの旧幕府軍は、新政府軍から箱館を奪還した。その混乱に乗じて、広大な土地を手に入れようと目論むプロシア人兄弟は、蝦夷政府の幹部たちに近づく。財政難にあえぐ旧幕府軍は、租借料を目当てに契約の締結を進めるのだが、プロシア人兄弟の背後には、領土を広げようと企むロシアの策謀が見え隠れしていた―。

プロシア人のガルトネル兄弟を操り、領土拡大の企みを推し進めるロシア。その策謀に気づいた土方歳三たちは、箱館を、そして日本を守るために立ち上がる。だが、旧幕府軍、新政府軍の垣根を越えて集まったのは、軍事に関しては素人同然の五〇人だった。北の大地を揺るがす大事件に、指揮官の土方歳三はどう立ち向かう―。



艦長です。またまた、歳三です♪
「ガルトネル事件」については全く知りませんでした。
この本を読んで初めて知りました。
実際ロシアの思惑があったのかどうか、わかりませんが
うまくね、物語を構築しましたね~ワクワクしました♪

箱館の話で、京都の話はほとんど出てきません。
新選組は土方歳三しか出てきませんね。
歳三の話というよりも、箱館戦争の話だね。

実際の話はね・・
榎本の蝦夷共和国?が蝦夷地の土地の
プロシアの人間との間に存在した売買の話ですね。
結局、榎本は負けて、明治政府は契約を白紙戻し
プロシア人に莫大な賠償金を払ったってことです。

これをうまく物語に取り込んでね
素晴らしいエンターテイメントに仕上げたのがこの本です!
いやぁ~面白かった♪一気に読めますよ!お勧めです♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング