FC2ブログ
2020.01.23 10:43 | EDIT
校舎・教室
フリー写真素材ぱくたそ

不可思議体験 第七話 「沖田根艦長の話 その6」

私は大学に入学するとすぐ、公立高等学校の宿日直を代行するアルバイトを始めました。学校の戸締りや夜間巡視などの仕事です。今はアラームシステムがどの学校でも導入され、宿直はなくなったようですが。戸締りや夜間の校舎巡視が終わるとあとは暇になります。やることは電話番と朝、玄関の鍵を開錠することくらいです。酒を飲んだりマージャンをやったりしました。当然、マージャンをやるからには友人を誘うわけです。不謹慎極まりないのですが、若造に怖い物はありませんでした。

ある夜のことです。友人と徹夜麻雀で深夜二時を過ぎたころのことと覚えています。はじめのころはワイワイガヤガヤやっていたのですが、この時間になると疲れが出るころで、皆、無口でパイを打つ音だけが部屋の中に響いていました。パイの音以外で聞こえてくるのは「ポン」「チー」「・・・ロン!」くらいでした。麻雀をやっている部屋から廊下を隔てて職員室がありました。不思議な声がこの職員室から聞こえてきたのです。

   「ボソボソ・・ボソボソ・・・」

私にはハッキリ聞こえました。大きな声でした。
他の三人も聞こえたようです。
なぜなら他の三人とも一斉に職員室のほうに顔を上げて見たからです。
「今の聞こえたか?」「うん!?」「おお!」四人は言うが早いか~!
ダッシュで職員室の電気をつけて確認しました。

誰もいませんでした。
誰かいたんでしょうか。
空耳ではないことはハッキリしています。
まことに・・不思議な体験でした。



スポンサーサイト



Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング