FC2ブログ
2019.10.21 19:41 | EDIT
再読 零式戦闘機 (新潮文庫) 吉村昭 (著)

再読 零式戦闘機 吉村昭

昭和十五年=紀元二六〇〇年を記念し、その末尾の「0」をとって、零式艦上戦闘機と命名され、ゼロ戦とも通称される精鋭機が誕生した。だが、当時の航空機の概念を越えた画期的な戦闘機も、太平洋戦争の盛衰と軌を一にするように、外国機に対して性能の限界をみせてゆき……。機体開発から戦場での悲運までを、設計者、技師、操縦者の奮闘と哀歓とともに綴った記録文学の大巨編。


艦長です。
過去の記事はここです。
http://okitanejyusou.blog92.fc2.com/blog-entry-746.html
7年前ですね読んだの。
過去に柳田邦夫氏の「零式戦闘機」の本も読みました。
柳田邦夫氏の「零戦燃ゆ」も読みました。
この二つも時間があれば再度ね、読み込みたいと思いました。

この本でわかることは開戦2年半以上たっても零戦は
世界で一番の性能を誇っていたということです。
海軍はこの優秀な戦闘機に国運を賭けたといっても
過言はないでしょう。欠点はあちこちありますが・・
これで精一杯だったんですね。設計陣は凄いと思う。
完成した機体を飛行場に運ぶのに48時間くらいかけて
牛や馬で悪路を運ぶ・・・このアンバランスは呆れる。

零式戦闘機はまさしく日本人そのものだった!ですね。
日本人がどんな人たちだったのかが良くわかります。
お勧めの一冊です!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング