FC2ブログ
2019.06.22 20:09 | EDIT
英霊の絶叫 玉砕島アンガウル戦記 (光人社NF文庫) 舩坂 弘 (著)

英霊の絶叫 玉砕島アンガウル島戦記 舩坂 弘

「勇猛果敢の真実」ともいふべきものの自己証明の文学―と、三島由紀夫氏が絶賛したアンガウル玉砕島兵士の証言。二十倍にものぼる圧倒的な米軍との四十日間におよんだ“鉄と肉体”の凄惨な戦いを赤裸々に描き、南海の孤島に斃れた千百余名の戦友たちの“声なき叫び”をつたえる感動のノンフィクション戦記。

舩坂 弘

大正9年、栃木県に生まれる。昭和15年満蒙学校卒。16年、満州216部隊に入隊、19年、中部太平洋に参戦。21年、復員。その後、書店経営にあたり、大盛堂書店会長。南太平洋慰霊協会理事、全日本銃剣道連盟参与、東京都ユースホステル協会理事など数団体の要職につく。剣道六段教士、居合道練士、銃剣道練士。テキサス州名誉市民章を受ける。


艦長です。今日も「艦長文庫」の再読です。
大昔に読んだんでね~初めて読むのと変わらないっす!
「舩坂 弘」さんのことは前々から知っていましたが・・・
艦長文庫にあったとは!(*^-^*)!失礼しました。
あのペリリュー島から南へ10kmくらいの孤島。
とにかくね、スーパーソルジャーですよ!
この本にはね、三島由紀夫氏が序文をしためています。
米軍もたいしたものです。あの当時ね、あの戦で・・・
敵国軍人を助けますかね?古き良き時代のヤンキー魂ですかな。
過酷な戦場で絶望的な戦いをして、死にゆく日本守備隊・・・
あぁ、魂だけは日本に戻ってきて!って、祈る(泣)
これは日本人必読の本です。
スーパーソルジャーが執筆した本ですから!







ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング