FC2ブログ
2019.02.09 14:52 | EDIT
東京アクアリウム (中公文庫) 小池真理子 (著)

東京アクアリウム 小池真理子

夜の闇に沈むカフェ。かつて愛した男の霊を見たと親友が話しはじめ…(「東京アクアリウム」)。施設に入居する母が実家で過ごす最後の夜(「猫別れ」)。最終の新幹線で会いに行く、父に似たあの人に(「父の手・父の声」)。出会いと別れが日常に波紋を起こし、遠い過去の記憶が裡から静かにあふれだす。珠玉の作品集。

・リリー・マルレーン
・風
・二匹の子鬼
・東京アクアリウム
・小曲
・モッキンバードの夜
・猫別れ
・父の手、父の声



艦長です。あっという間に読んでしまいました♪
ホラーでもミステリーでもありませんが・・。
どの話にも引き込まれます。救いはない内容ばかりですがね。
ただね、
「モッキンバードの夜」「猫別れ」「父の手、父の声」
この3作品には、かすかな灯りがともるような余韻はありました。
眠れない夜にはなんとなくお勧めの本ですね。



知ってますか?「リリー・マルレーン」





ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング