FC2ブログ
2018.06.07 20:20 | EDIT
日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書) 吉田 裕 (著)

日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 吉田 裕

310万人に及ぶ犠牲者を出した先の大戦。実はその9割が1944年以降と推算される。本書は「兵士の目線・立ち位置」から、特に敗色濃厚になった時期以降のアジア・太平洋戦争の実態を追う。異常に高率の餓死、30万人を超えた海没死、戦場での自殺・「処置」、特攻、劣悪化していく補充兵、靴に鮫皮まで使用した物資欠乏……。勇猛と語られる日本兵たちが、特異な軍事思想の下、凄惨な体験をせざるを得なかった現実を描く。

アジア・太平洋戦争による日本人死者は、民間人が80万人、軍人・軍属が230万人の計310万人。日露戦争の戦没者が9万人であることを踏まえると、とてつもない数字だ。さらに驚くべきことに、その9割が戦争末期、1944年以降のわずか1年ほどのあいだに亡くなったと推算されるという。短期間に甚大な死を引き起こす要因となった、日本軍兵士たちのおかれた苛酷な肉体的・精神的状況の実態を、豊富な資料に基づき緻密に描き出した。



艦長です。新聞広告を見て、速攻で買い求めました!
さまざまな本を読んできたので、事実は事実として理解できます。
日本は零戦と戦艦大和が超一流だったことを除いて
戦争を遂行できるだけのインフラも資源も合理的なものの考え方も
はっきり言ってな~んにもない状況で、よくアメリカと戦争したものだと
再確認できますね。とにかく兵士はかわいそうなもんのです・・・。
今の人間にはまったく理解不能であります。

個人的にはこの著者の考え方には違和感を持つ部分もありますが
兵站を考える上ですべてのインフラが外国頼りだったことを忘れたんですね。
国産トラックは故障ばかりで、動いてるのは
戦争前に輸入したアメリカ製のトラックだけ・・・
工業用ミシンも肝心な部分の部品は外国製で、国産では無理??
あげたらきりがありませんね。
滑走路作るのに日本は人力で一カ月以上・・敵はブルトーザーで1週間!
近接戦闘で相手は短機関銃・・日本兵はボルトアクションの小銃・・
勝てるわけありません。経済が破綻してるんでもはやいろいろそろえるのは無理・・
それでも戦争やめないんですから、死にますね、兵隊は。
食料は無く、餓死がほとんど・・もはや軍隊か?哀れ日本兵・・・



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日に最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。
本館の「沖田根中佐の航海日誌」はすぐ下のリンクからお入りください。
ラーメン関係はカテゴリーの「ご麺なサイト」から反映されます。

地球防衛軍階級一覧・うさぎ

BBS

BBS

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング