FC2ブログ
2018.04.10 15:55 | EDIT
二十四の瞳 (角川文庫) 壺井 栄 (著)

二十四の瞳 壺井 栄

※ウィキペディアより引用
 1928年(昭和3年)、普通選挙が実施される一方で治安維持法の罰則が厳しくなった年に[4]、「女学校の師範科」を卒業したばかりの正教員の大石久子(おなご先生)は、島の岬の分教場に赴任する。そこに入学した一年生12人(男子5人、女子7人)の児童の、それぞれの個性にかがやく二十四の瞳を前に、この瞳をどうしてにごしてよいものかと感慨を持つ。
 若く朗らかな大石に子供たちはすぐになつき、信望を集めた。しかし颯爽と自転車に乗り洋服姿で登校するおなご先生は「ハイカラ」であることを理由に、保守的な村の大人達から敬遠され、些細な誤解から面罵され、思わず涙する事もあった。しかしいつでも子供たちはおなご先生の味方であり、支えであった。
 そんな折、大石は年度途中で子供たちの作った落とし穴に落ちてアキレス腱を断裂。分教場への通勤が不可能になってしまう。大石が不在の中、「おなご先生」を一途に慕う子供たちの姿を目の当たりにした村の大人達の態度も軟化する。大石が子供たちにとってかけがえのない存在であることを理解したのだった。やがて怪我が完治した大石は本校へ転任する事となり、村の皆に見送られ、再会を約束して分教場を去った。

 1932年(昭和7年)、5年生になった子供たちは本校に通うようになり、新婚の大石と再会する。しかし昭和恐慌や東北飢饉、満州事変・第一次上海事変と続く戦争といった暗い世相は、大石を始めつつましく暮らす生徒達のそれぞれの暮らしに、不幸の影を落とし始める。

 1934年(昭和9年)春、アカのレッテル貼りに世間が流れて自由な発言がしずらくなり、忠君愛国が重んじられて行く学校に憂いを持った大石は、船乗りの男性と結婚・妊娠する。防空演習が多くなったこともあって、教え子たちの卒業とともに3月で教職を辞する。12人の生徒たちはそれぞれの運命を歩み、女子は生活苦に追われ、男子は好戦的な空気の中で英雄になる夢を見て、兵隊志願者が多くなっており、行く末を案じる。

 1941年(昭和16年)の春、三児の母となった大石は、徴兵検査が行われているK町のバス停で、検査のため来ている教え子の男子たちに出会う。もはやお国のために死ぬことしか言えなくなっている中、甲種合格してしまい海軍に配置された教え子と別れる時、「名誉の戦死など、しなさんな。生きて戻ってくるのよ。」と、声を潜めて伝える大石だった。その年12月に太平洋戦争が始まり、夫は南の海へ出兵している。

 1946年(昭和21年)、夫を海戦で、相次いで母親も末娘も亡くした大石は、ふたたび代用教員として教壇に復帰する。幼い児童たちの中にはかつての12人の児童たちの近親者もいる。最初の12人と子供たちの姿をだぶらせ、涙ぐむ大石は、その昔「おなご先生」とあだ名をつけられたように「泣きミソ先生」と呼ばれることとなる。しばらくたち、教師の道をえらび、母校に勤務しているかつての教え子の呼びかけで、12人のうち消息のわかる5人は大石と後輩の教師と会合をもつ。兵隊塚の墓参をした後、会合では、貧しさから波乱の人生を余儀なくされた者、家が没落し消息を絶った者、誰にも看取られる事なく病死した者、遠い海の向こうで戦死し2度と帰ってこない者、戦場で負傷し失明した者。時代の傷を背負って大人になった教え子は、大石を囲んで小学1年生のあの日皆で一緒に撮った写真を見る。ビールを飲みながら1人の女子は、すさんだ時代の中、海千山千になるしか生き残れなかったことを嘆き、「こういう所になると一番、役に立たないのは学校の先生と思いませんか」と笑い荒城の月を歌う中、失明した男子が一人一人名前を呼びながら写真の顔を指さす。大石が「そう、そうだわ、そうだ」とほほえみながら肩を抱いて、歌を聞きながら涙がほほを伝うと、皆しんとし、大石の後をついで教師になった女子が、歌った同級生にしがみついて、むせび泣く。



艦長です。以前、相当昔、小豆島に仕事で行きました。
その時、映画村には行きましたが・・・
本当の岬の分教場は今回の旅行で初めて行きました。
奥シャマが著者のファンでここは是非寄ってみたいって・・・
行って良かったです。
ここの売店でこの本、角川文庫平成28年発行の文庫買いました。
360円でした。この値段もびっくりです。
文字が大きく、読みやすかった。
本は初めて読みました。
岬の分教場か・・・この言葉だけでも泣きたくなる・・・
昔の人たちは本当に苦労が絶えなかったんだなって思いました。
胸がつぶれる物語です。
読んでよかったなぁ~
ここに来なければ読むことはなかったでしょう。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑
コメント

二十四の瞳

有名すぎてきちんと読んでないことに気付きました。内容を読んだだけで涙だだ漏れです。これはちゃんと読まなければ‼
良い旅でしたね🎵あー私もうさぎ三昧したい❗くう太に内緒で(笑)

りょうこ | 2018.04.11(Wed) 07:21:48 | URL | EDIT

おはようです!

りょうこさまぁ~コメント感謝♪
岬の分教場は本当に小さい学校でした。
言葉使いや文字の大きさなどから
現代風の平成28年度版がお勧めです。

ウサギはうじゃうじゃいました(*^_^*)

沖田根艦長 | 2018.04.11(Wed) 08:24:16 | URL | EDIT
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング