fc2ブログ

眩談(げんだん) 京極夏彦

眩談 (角川文庫) 京極夏彦 (著)

眩談(げんだん) 京極夏彦

いつか見た光景に滲む、不気味な違和感。記憶が過去が常識が、崩れてゆく。
僕が住む平屋は少し臭い。とくに薄暗い廊下の真ん中にある便所は臭く、そして怖い。ある日の夕暮れに、暗くて臭い便所へ向かうと……(「便所の神様」)。無職になった私は秩父にある実家に戻った。ただし私は家が好きになれない。得体の知れないシリミズさんが祀られている上に、中庭には変なモノが出る(「シリミズさん」)。暗闇が匂いたち、視界が歪み、記憶が混濁し、やがて眩暈をよぶ。京極小説の本領を味わえる8つの物語。解説は諸星大二郎。

・便所の神様
・歪み観音
・見世物婆
・もくちゃん
・シリミズさん
・杜鵑乃湯
・けしに坂
・むかし塚

京極 夏彦
1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビューする。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書に『幽談』『冥談』『眩談』『鬼談』『ルー=ガルー』『南極(人)』『厭な小説』『死ねばいいのに』『数えずの井戸』『オジいサン』 『書楼弔堂 破暁』『遠野物語Remix』『遠野物語拾遺retold』 ほか。



艦長です。ちょっと風邪気味なんで、外出は控えてます。昨日はウォーキングしたんですが、今日は朝から小雨で寒く・・家の中で養生しています。こんな時は先日買ってきた古本の「眩談(げんだん)」ですね。短編集なんで、どんなにくどくても(笑)早めにラストまで行ってくれるんで助かります。この本ですが・・・歪んでます。歪んだ世界です。
京極氏の本だと理解して買ったんですが、まったくと言っていいくらい救いがありません。読み進んで行くにつれて、わけのわからない内容になり、気分がだんだんと落ち込んでいきます。さすが京極先生!異次元的世界観ですな!読み終わると、どっと疲れて落ち込みますな・・。艦長的には「もくちゃん」と「むかし塚」がゾワゾワしましたね。「便所の神様」は最悪です!ゲロしそうなくらい嫌な話でした・・。読後、風邪気味はさらに深くなったよう・・今宵は焼酎のお湯割りでも飲んで、お祓い?っすかね。興味のある方は是非どうぞ!この本ね、凄まじく歪んだ世界ですぜ!



本館・沖田根中佐の航海日誌
Twitter X
艦長掲示板 ←スマホで観る場合はPCビューで。
艦長にメール

ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
スポンサーサイト



プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。本館の「沖田根中佐の航海日誌」を再公開開始です。順次公開していきます。

FC2カウンター
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
本館 沖田根中佐の航海日誌

※本館はPCでご覧ください。
当サイトはPCで閲覧されることを前提として作りました。スマホで閲覧される場合は厳しいかもです。各コンテンツでBGM設置箇所あります。ヘッドフォンのご利用をお勧めします。
BBS(沖田根掲示板)とTwitter
掲示板


Twitter (X)
艦長にメール
カテゴリ
リンク
最新コメント
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ