fc2ブログ

青い壺 有吉佐和子

新装版 青い壺 (文春文庫) 有吉佐和子 (著)

青い壺 有吉佐和子

ひとりの陶芸家が焼き上げた美しい筒型の青磁の壺が売られ、贈られ、盗まれたりしながら様々な人の手に渡っていく。 そして、最後に、陶芸家と再会する。 その間に登場する人物たちの人間模様を描いた13話の連作短編集。登場人物の人間心理の動きを鋭く描いている。各話の主人公は花器の所有者となった女性たちで、先の大戦の記憶が彼女たちの心象に色濃く影を落としている。定年退職後の虚無を味わう夫婦、戦前の上流社会を懐かしむ老婆、四十五年ぶりにスペインに帰郷する修道女、観察眼に自信を持つ美術評論家などが登場。

第一話
青磁ひとすじに制作を続ける陶芸家の省造。ある日デパートの注文品とともに焼きあがったその壺は見る者を魅了した。

第二話
定年後、家でぼんやりする夫を持てあました妻は、世話になった副社長へのお礼にデパートで青い壺を買い、夫に持たせた。

第三話
副社長の夫の部下の女性と、甥っ子を見合いさせるため二人を自宅に呼んだ芳江は、今どきの人たちに呆然とする。

第四話
青い壺に美しく花を生けようと奮闘する芳江。孫を連れた娘の雅子が急に帰ってきて、婚家の醜い遺産争いを愚痴るのだが。

第五話
老いて目が見えなくなった母親を東京の狭いマンションに引き取った千代子。思いがけず心弾む生活だったが……

第六話
夫婦ふたりで、戦後の焼け跡から始めたこじんまりとしたバー。医師の石田は、「御礼」と書いた細長い荷物を置いて帰った。

第七話
息子の忘れ物としてバアのマダムが届けてくれた壺をみて、老婦人は、
戦時中の外務官僚だった亡き夫との思い出がよみがえり、饒舌に語りだす。

第八話
長女が嫁ぎ、長男はアメリカに留学。姑は他界したある日、夫にレストランに誘われ……

第九話
女学校の卒業から半世紀、弓香は同級生たちと久しぶりに京都で集まる。戦争を経て子育ても終えた彼女たちは、家庭の状況も経済状態もそれぞれで……。

第十話
母校だったミッションスクールの初等科に栄養士として就職した、弓香の孫娘の悠子。野菜を食べさせたいと工夫を凝らすが、ある日…

第十一話
世話になったシスターが45年ぶりにスペインに帰郷するときいた悠子は、青磁の壺をプレゼントする。壺はついに、海をわたる!

第十二話
スペイン旅行中に急性肺炎になったという入院患者の男は、病室に飾った青い壺に触られそうになると、怒鳴るのだった。

第十三話
高名な美術評論家を訪ねた陶芸家の省造。スペインで見つけた「12世紀初頭の」掘り出しものとして、青い壺を見せられたが……。



艦長です。少し前に奥シャマが新刊の文庫で買ってきましたんでね、読む本がなくなったんで、それならと思って読ませてもらいました。この著者の本は読んだことがなかったと思います。連作ということでどのように話が進むのか正直、そんなに興味はなかったんですが・・・読み始めたらあっという間に物語に引きずりこまれてしまいました!この本が世に出たのが昭和52年頃?らしいですね。45年以上前の話ですからね、時代背景はさらに昔の戦争中の話にもなります。いやぁ~参りましたね。面白かったです。

淡々と話は進みますが、この話はどのように繋がっていくのだろうかと頭を捻りますね。ああ、そうだったのかと納得したり。非常に興味深く読ませてもらいましたよ。艦長は青磁について詳しくは知りませんでした。この本で少しばかり知識を貰いましたが、数日経つと忘れるでしょうね(笑)物語の中で「大尉は陸軍ではタイイと呼ぶが海軍ではダイイと呼ぶ」で論争となり大騒ぎになる場面がありましたが・・そういえばそんな話があったなって思い出しました。ダイイという話もあり、そうではないという話もあり・・あの戦争で多くを引きずる人たちがたくさんいたんだと再確認しましたね。これは青い壺を巡る人間模様の話です。未読の人は手に取ってみてください。心の中の旅行ができますよ。お勧めの一冊です。



本館・沖田根中佐の航海日誌
Twitter X
艦長掲示板
艦長にメール

ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
スポンサーサイト



プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。本館の「沖田根中佐の航海日誌」を再公開開始です。順次公開していきます。

FC2カウンター
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
本館 沖田根中佐の航海日誌

※本館はPCでご覧ください。
当サイトはPCで閲覧されることを前提として作りました。スマホで閲覧される場合は厳しいかもです。各コンテンツでBGM設置箇所あります。ヘッドフォンのご利用をお勧めします。
BBS(沖田根掲示板)とTwitter
掲示板


Twitter (X)
艦長にメール
カテゴリ
リンク
最新コメント
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ