fc2ブログ

武士の紋章 池波正太郎

武士の紋章 (新潮文庫) 池波正太郎 (著)

武士の紋章 池波正太郎

関ガ原の後、石田三成の義弟の妻だった真田幸村の実妹の於妙(おたえ)を娶り、睦まじく添いとげた滝川三九郎。その、運命に逆らわずしかも自己を捨てることのなかった悠然たる生涯を描いた表題作。父弟と袂を分かって家康に仕え、信州松代藩十万石の名君として93歳の長寿を全うした真田信之ほか、黒田如水、堀部安兵衛、永倉新八など、己れの信じた生き方を見事に貫いた武士(おとこ)たちの物語。大関・三根山、および植物学者・牧野富太郎を描いた二編も収録した。

・智謀の人――黒田如水
・武士の紋章――滝川三九郎
・三代の風雪――真田信之
・首討とう大坂陣――真田幸村
・決闘高田の馬場
・新選組生残りの剣客――永倉新八
・三根山
・牧野富太郎

「決闘高田の馬場」は明らかに小説として書かれているが、本書に収録されている(現代の人物をあつかった「三根山」「牧野富太郎」以外の)のこりの五篇は、池波さんが〔時代小説家の随筆のようなものだと、おもっていただければよい。時代小説を書いている私が、その必要性にせまられて、調べたり読んだりしたものの副産物なのである〕(「新選組異聞」あとがき)と記した、いうところの歴史エッセイである。いずれも小説以上に読者によくわかるよう平明に書かれており、解説を加える余地はない。



艦長です。古本屋さんで110円で購入しました♪池波氏の文体は非常に読みやすいです。「三根山」「牧野富太郎」の話以外はある程度予備知識があるようなないような(笑)すんなりと受け止められました。時間つぶしには最適ですが、あっという間に読んでしまいました!真田の話はやっぱり面白いね♪お勧めの一冊です。



本館の宣伝です。パソコンでご覧ください。
本館の本日の「思い出の歌」は
「死んだ男の残したものは 森山良子」です。
死んだ男の残したものは 森山良子

反戦歌は昔、結構流れていました。ベトナム戦争のころはいろいろな曲がありました。その中の一つの歌です。心に沁みる歌です。ヘッドフォンで聴いてください♪



本館・沖田根中佐の航海日誌
Twitter
艦長掲示板
艦長にメール

ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
スポンサーサイト



安いカップ麺は助かります(笑)

マルちゃん 鯛だし塩ラーメン

マルちゃん 鯛だし塩ラーメン

「麺づくり 香り際立つ鯛だし塩」がベースらしい。セブン系列限定かな?ま、安いからね、それ以上もそれ以下でもないわけでございます♪

ハッキリ言って、これで十分!
他いに言うことなし!




本館の宣伝です。パソコンでご覧ください。
本館の本日の「思い出の歌」は「悲しみがとまらない  杏里」です。
悲しみがとまらない  杏里

様々なバージョンがありますが、このモータウンレーベルのような感じが好きですね。キンコンカンコンって、モータウンの味がありますよ♪ヘッドフォンで聴いてください♪



本館・沖田根中佐の航海日誌
Twitter
艦長掲示板
艦長にメール

ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ

アヤシイ アヤシイ(笑) 人とTシャツ

先の東北、車中泊・温泉巡りで、一晩泊まらせてもらった道の駅の出来事であります。

アヤシイ人

夕方になっても暑かったんで、ハイゼットの外のベンチに座って夕食をとろうかと思ったんですが、車中泊の準備をしてですね、そろそろ夕食をと思ったら、そのベンチのところで絨毯?を敷いてその上で祈りが始まってしまうのをタイミングよく目撃しました!ムスリムの方ですね。これが延々と続くのですよ・・・外で食事するのは諦めて、暑い中ね、ハイゼットの中で酒飲んで(笑)祈りの声を肴にダラダラ飲んでました(笑)祈りが終わったら?携帯電話で延々と通話!半端ない長さで、心底呆れました。電話が終わったら夜中の祈り?延々とやってましたね・・。こちらは眠いので21時には寝てしまいましたが・・朝は影も形もありませんでしたな!やられること全く半端はなかったと思います♪ 隣で車中泊していた人から、「昨夜は凄かったね~」って朝ね、言ってられましたぜ!



アヤシイTシャツ

五能線・木造駅近くの道の駅で、こんなTシャツが売ってました♪↑
例の「遮光器土偶」のデザインで、目から妖しい光線が発射されてます!2500円だったかな?これいるかって奥シャマにLINEで訊いたらさ、いらねーってさ♪当然だよね、怪しすぎます。いい年したおばさんが着れるわけね―もんよ(笑)



本館の宣伝です。パソコンでご覧ください。
本館の本日の「思い出の歌」は「ごめんね 高橋真梨子」です。
ごめんね 高橋真梨子

心に響くそして痛い思いが胸に迫ります。ヘッドフォンで聴いてください♪



本館・沖田根中佐の航海日誌
Twitter
艦長掲示板
艦長にメール

ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ

神様の裏の顔 藤崎翔

神様の裏の顔 (角川文庫) 藤崎翔 (著)

神様の裏の顔 藤崎翔

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙した。...のだが、参列者たちが「神様」を偲ぶ中、とんでもない疑惑が。実は坪井は、凶悪な犯罪者だったのではないか...。坪井の美しい娘、後輩教師、教え子のアラフォー男性と今時ギャル、ご近所の主婦とお笑い芸人。二転三転する彼らの推理は!?どんでん返しの結末に話題騒然!!第34回横溝正史ミステリ大賞“大賞”受賞の衝撃ミステリ!

藤崎 翔
1985年生まれ。茨城県牛久市出身。高校卒業後、6年間お笑い芸人として活動。2014年に『神様の裏の顔』(受賞時「神様のもう一つの顔」を改題)で第34回横溝正史ミステリ大賞を受賞。



艦長です。奥シャマが知人から借りてきた本だそうで「面白いから読んでみて」って貸してくれました。逝去した教師の他に登場人物が7名出てきてね、それぞれの人物が交互に心の内を述べていく独特の形式で物語は進んで行きます。それぞれの話の中でキーワードがいくつかあって、それが伏線となってイメージを膨らませていく流れですね。これはミステリーであって、ネタバレしたら一気に面白くなくなるタイプの本ですから(笑)当然細かい内容は着せませんが、なんだか死んだ教師がとんでもない悪党のようになっていく流れが興味深いですね~しかしちょっとくどいか(笑)思ってもみなかったどんでん返しがラストで顔を表します!なるほど!ホラーっぽくもあるな♪結構ね、分厚い文庫本で読みがいがありました。丸一日読んでました♪お勧めですね。興味のある方は是非手に取ってみてください。



本館の宣伝です。パソコンでご覧ください。
本館の本日の「思い出の歌」は「逢いたくていま MISIA」です。
JIN−仁−

TBSのドラマ「JIN−仁−」の主題歌です。感動的な物語でしたね。観れば必ずや涙します。橘咲の健気でひたむきな心が泣かせます。ヘッドフォンで聴いてください♪



本館・沖田根中佐の航海日誌
Twitter
艦長掲示板
艦長にメール

ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ

開国ニッポン 清水義範

開国ニッポン (集英社文庫) 清水義範 (著)

開国ニッポン 清水義範

聡明な徳川家光は、幕府の安泰について、日本の将来について、とるべき道を思い悩んでいた。勃興するキリシタンをどうしたものか、脅威を示す外国との通商は?いっそ国を閉ざすか…と、悩める家光の前に、あるモノが差し出され―。三代将軍の大決断で、鎖国をしなかった日本の江戸時代はどうなったか?!痛快、爆笑、目からウロコの、傑作歴史物語。

清水義範
1947年10月28日名古屋生。愛知教育大学卒。81年「昭和御前試合」でデビュー。88年「国語入試問題必勝法」で吉川英治文学新人賞受賞。奇抜な発想とユーモアを駆使した作品を次々と発表。



車中泊・温泉巡りの時に持って行ったんですが、この本読みかけだったんで♪結局ね、本を開く余裕もなく、今日ようやく読了いたしました!読み始めると一気にやっつけるのが良いですね(*^-^*)へへ

さてさて、徳川家光が開国政策をとったことによる、我らの知らない世界の話のお話ですね。非常にSFチックな話ですが、背景はともかく史実に忠実です。関ケ原で徳川が負けたというそんな大転換のなかの話ではありません。開国政策が家光の時代にあったら?キリシタン問題をどのように折り合ったのか?などなど、非常に興味深い話が流れます。話の進め方が面白い!歴史をある程度知っている人なら、笑わずにはいられないエピソード満載です!この手の話も面白い。さぁ、時代流れて幕末・・・。ぺーリーはどうした?開国してるんだから、黒船は来ませんよね(笑)それでも直弼は暗殺されるのか?幕府は?薩長は?龍馬は?新選組は?などなど興味が尽きません。いやぁ~この作者の本は面白いですね!お勧めの一冊です♪



本館の宣伝です。パソコンでご覧ください。
本館の本日の「思い出の歌」は「返信 竹内まりや」です。
出口のない海

映画「出口のない海」の主題歌です。野球青年だった主人公が6大学の(明治大学)ピッチャーで(おそらくカーブ)魔球を投げようと・・そして学徒動員で海軍予備学生となり人間魚雷・回天に乗り組むことになる・・そんな悲しい物語。ヘッドフォンで聴いてください♪

「小説・出口のない海」はブログでもエントリーしています。
http://okitanejyusou.blog92.fc2.com/blog-entry-213.html


本館・沖田根中佐の航海日誌
Twitter
艦長掲示板
艦長にメール

ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 60代オヤジへ
プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。本館の「沖田根中佐の航海日誌」を再公開開始です。順次公開していきます。

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2023/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
本館 沖田根中佐の航海日誌

※本館はPCでご覧ください。
当サイトはPCで閲覧されることを前提として作りました。スマホで閲覧される場合は厳しいかもです。各コンテンツでBGM設置箇所あります。ヘッドフォンのご利用をお勧めします。
BBS(沖田根掲示板)とTwitter
掲示板


Twitter (X)
艦長にメール
カテゴリ
リンク
最新コメント
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ