fc2ブログ

非写真 高橋克彦

※当ブログおよびBBSはPCで閲覧されることを推奨します。
スマホでご覧いただく場合はPCビューでご覧ください。


非写真 (新潮文庫) 高橋克彦 (著)

非写真 高橋克彦

事故死した編集者が直前に撮影した夜の海の写真。そこに写る波間に漂う突起物を拡大すると……表題作はじめ、シャッターを切ると震災犠牲者の霊が写るようになったカメラマンが、死者が入るといわれる温泉で驚愕の出来事に遭遇する「さるの湯」、昔のアルバムのどの写真にも存在する謎の少女の正体を探る「あの子はだあれ」など、みちのくを舞台にカメラに忍び込む戦慄の世界を描く作品集。

・さるの湯
・合掌点
・モノクローム
・約束
・遠く離れて
・ゆがみ
・あの子はだあれ
・遠野九相図
・非写真

高橋克彦
1947(昭和22)年、岩手県釜石市生れ。早稲田大学商学部卒業。’83年、『写楽殺人事件』で江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー。’86年『総門谷』で吉川英治文学新人賞、’87年『北斎殺人事件』で日本推理作家協会賞、’92(平成4)年『緋い記憶』で直木賞、2000年『火怨』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。著書に『広重殺人事件』『竜の柩』『炎立つ』など多数。また、浮世絵研究家としても知られ『浮世絵鑑賞事典』がある。



艦長です。
奥シャマが珍しく図書館で借りてきたんで、早々に読ませてもらいました。久しぶりの高橋克彦です。9話からなる短編集で、カメラにまつわる不可思議な話で、いわゆるホラーですね。著者は非常にカメラに詳しくカメラ本体やレンズなどの話が細かく描写されていますが、カメラに疎いか興味のない人にとってはね、退屈しかないですな。艦長もそんなに詳しくはないので(笑)チンプンカンプンな描写が多くあって、ホラーがちょっとホラーでなくなる?ってな按配でしたが♪ま、時間つぶしにはちょうど良いくらいの厚さの文庫でまずまずかな♪

カメラ好きのひと!
是非手に取ってみてください!
なるほど!って思うこと請け合い(*^-^*)




ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



ある日、赤紙が来て 真鍋元之

※当ブログおよびBBSはPCで閲覧されることを推奨します。
スマホでご覧いただく場合はPCビューでご覧ください。


ある日、赤紙が来て
応召兵の見た帝国陸軍の最後 (光人社NF文庫) 真鍋元之 (著)

ある日、赤紙が来て 真鍋元之

情け無用の「赤紙一枚」で職場から、家庭から、日本の壮年男子たちは、軍隊へ、戦場へ、駆り立てられた。兵役拒否など思いも及ばなかった時代―その厳しい状況の中に翻弄された応召兵の生きざまを、飾らず、気張らず、在るがままに綴る感動のノンフィクション。戦後世代に贈る庶民の目で見た帝国陸軍物語。

目次
第1章 赤紙が来て
第2章 初年兵のころ
第3章 再度応召
第4章 出征前後
第5章 冬将軍
第6章 三度めの応召
第7章 敗戦まで

真鍋 元之は、日本の小説家、文芸評論家。大衆文学研究会会員。 愛媛県宇摩郡関川村出身。1931年、広島高等師範学校国文科中退。 上京して日本プロレタリア作家同盟に加入するが、後に脱退。1939年博文館に入社し、勤務の傍ら時代小説を執筆。 戦後は数年間、新小説社の『大衆文芸』の編集をし、自ら「炎風」を連載。



艦長です。
この本は四半世紀前に購入した本で、艦長文庫の隅で(笑)眠っていた本です。最近引っ張り出して時間つぶしに読んでみました。著者は徴兵検査は乙種合格ですでに30歳を過ぎていたんですね。ですから、兵隊に引っ張られることはないだろうと本人もまわりの人間もみな、そう思っていたところに召集令状。家族を置いて出征します。そして、招集解除になったらまたもや赤紙!そして解除、そしたら3回目の赤紙・・・幸いドンパチと弾雨をくぐる最前線には行かずに済んだらしいですが、3度も招集されると、気持ちがよくぞ折れなかったものです。

過去はプロレタリア運動でしょっ引かれ、留置場にぶち込まれる著者ではあるが、終戦時にはなんとこんな陸軍でもいとおしく思っている自分に驚いたと記しています。その心境は経験したものでなければ理解できない感情なのでしょうね。その時代に生まれなくて本当に良かったですよ。興味のある方は是非ご一読を♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

眞子さま 一枚も二枚も上手でしたね♪

※当ブログおよびBBSはPCで閲覧されることを推奨します。
スマホでご覧いただく場合はPCビューでご覧ください。


ご結婚された内親王、キッパリとしてましたね(笑)

スーパーセレブ


艦長です。
周囲のバッシングや雑音に屈せず、お見事バッサリ♪
ある意味痛快ですらあります!
旦那の影が薄いこと(爆笑)
もう一般人ですので雑音の相手をしないでしょう。
ま、そもそもね、していなかったしね。
清々した!って思ってるのでは?(*^-^*)

外国でスーパーゼレブ待遇で過ごすか
地獄を見るか、それはお二人の努力次第でしょう。
艦長にはどうでもよいことですがね。
今後も話題を提供してくれるでしょう(笑)
なんたってロイヤルですからね!
健康に留意されて健やかにお暮しください。

「気の合わない相手とは時間も空間も共有しない」
お二人のポリシーはこのように艦長は感じました。
これは艦長のポリシーでもあります(笑)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

ご結婚おめでとうございます

※当ブログおよびBBSはPCで閲覧されることを推奨します。
スマホでご覧いただく場合はPCビューでご覧ください。


ご結婚おめでとうございます

ご結婚おめでとうございます


艦長です。
お二人はようやく夫婦の手続きだそうです。
ご結婚、おめでとうございます。
幸せになられるよう、お祈りいたします。

さてさて、ここ数年いろいろ騒がれていたお二人。
艦長としては全くあずかり知るところではありませんので
さして興味もありませんでした。
結婚されるのは当人同士が良ければね、親族でもない限り
はたからとやかく言う筋もないでしょう。
無視されるだけです(笑)実際そうでしょう?(*^-^*)

この件に関し、多くの否定的な声が多いのは艦長も
認識していますし、大騒ぎしている方々の存在も
当然知っています。

お二人は大きく法律を免脱してる何かがあるのでしょうか?
血税どうのこうのと叫んでる人がいますが・・
税金がなにか不当に運用された証でもあるのですか?
言うだけならだれでもできますが、証を証明するには
証拠が必要です。

天皇制がどうのこうの見直せとか・・・
憲法改正でももくろんでいるのですかね(笑)
ただ、言ってるだけですか?
憲法第一条をどうしたいんだろう?

全て法律に定められた人は、法律に従って行動しています。
動けば当然そこには経費が掛かります。
どこの役所も必要と認められる合理的な理由があれば
動きます。当たり前のことです。
例えば、警官がパトカーを運転するのにも経費が掛かります。
必要と思われるから運転するのです。
そう思う根拠は、それぞれの役所が判断することです。
どこか瑕疵があるのでしょうか?

最も噴飯的なのは結婚反対のデモっすかね(笑)
デモにも届け出が必要で、許可が出たらするのは勝手ですが
これは嫌がらせですか?
デモして結婚が阻止できると本当に思ってると?
もし仮にそう思ってるんだったら
これほどのノーテンキな人間を艦長は知りませんね(笑)

艦長は長期にわたり大騒ぎした騒動・・
こんな人権侵害モドキは初めて見ました。
いやはや、ビックリですね~

この騒動は艦長にとっては、はっきり言って他人ごと。
どうでもよいことです。
ただね、思うことは記しておこうと思いました。

※明日は奥シャマと温泉に行きますんで(笑)
次回更新は28日以降になります。BBSで何か発信するかも♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

サンヨー食品 桃屋のつゆで仕上げたわかめうどん

※当ブログおよびBBSはPCで閲覧されることを推奨します。
スマホでご覧いただく場合はPCビューでご覧ください。


サンヨー食品
桃屋のつゆで仕上げたわかめうどん

サンヨー食品 桃屋のつゆで仕上げたわかめうどん

「桃屋のつゆ」を使用した、だしのうまみとまろやかな甘さが特徴的なわかめうどんです。表面につるみがあり、もっちりとした食べ応えのある太めんです。「桃屋のつゆ」を粉末化したものをベースに、かつおやさばの魚介のうまみとポークエキスを合わせ、風味豊かなつゆに仕上げました。具材はわかめ、あげ玉、かまぼこ、ねぎの組み合わせです。


艦長です。
桃屋の江戸むらさきも味が口の中に広がります♪
わかめが半端なく入ってます!
うどんはね、ラーメンより食べやすい(笑)
これはお勧めです!
是非ご賞味あれ!




ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。本館の「沖田根中佐の航海日誌」を再公開開始です。順次公開していきます。

FC2カウンター
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
本館 沖田根中佐の航海日誌

※本館はPCでご覧ください。
当サイトはPCで閲覧されることを前提として作りました。スマホで閲覧される場合は厳しいかもです。各コンテンツでBGM設置箇所あります。ヘッドフォンのご利用をお勧めします。
BBS(沖田根掲示板)とTwitter
掲示板


Twitter (X)
艦長にメール
カテゴリ
リンク
最新コメント
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ