FC2ブログ

バックナンバー

2021.03.05 19:35 | EDIT
組長の娘 ヤクザの家に生まれて (新潮文庫) 廣末登 (著)

組長の娘 ヤクザの家に生まれて 廣末登

「そんな珍しいもんちゃうで」少し寂しげに笑いながら、女は口を開いた―。生家は由緒正しい関西の博徒。少女時代は喧嘩と薬物に明け暮れた。一度は幸せな家庭を築くが浮気がきっかけで再び覚醒剤に手を出し逮捕される。四年半の刑務所暮らし、そして出所後に見つけた自らの社会的役割とは。昭和ヤクザの香り漂う河内弁で語られる濃厚な人生。

廣末登
1970(昭和45)年福岡市生れ。北九州市立大学社会システム研究科博士後期課程修了。博士(学術)。専門は犯罪社会学。青少年の健全な社会化をサポートする家族社会や地域社会の整備が中心テーマである。2016年10月現在、NPO法人市民塾21特別研究員、大学非常勤講師などを務める傍ら、「人々の経験を書き残す者」として執筆活動を続けている。著書に『若者はなぜヤクザになったのか』『ヤクザになる理由』がある。



艦長です。古本屋さんで購入。
なんとなく興味を覚えて買ってみました。
この本内容から二つの構成になってると思います。
一つは、組長の娘さんの話。
もう一つは著者の学術的な見解。

ヤーサンの世界というか、関わり?は極力避けて暮らしてきました。
だからどうなんだってな話なんですけどね。
この世の様々な事象について知っておくのは健全な態度だと思うから。
この本を読んでみました。
この「組長の娘」の生きる姿勢?出所後のことですね。
共感を覚えます。出所後の人間のよろず相談所?
行政ではできないところのセイフティーネット?そうかもしれません。
そのような活動?をされているそうです。
後半は著者の論文ですね。サラッと流してしまいました(笑)
著者はガキの頃は愚連隊だったそうです。更生したんですね。

いろんな世界がありますね。
艦長は何というか、境界線の外には行ったことはありませんが
その外の世界は「必要悪」とは思いません。
無ければないことにこしたことはありませんからね。
そう思いません?お勧めな一冊ですね。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング