fc2ブログ

温泉・車中泊の様子・2

右のメニューの艦長掲示板・BBSで
多少の記事を載せています。
よかったらご覧ください。

スポンサーサイト



車中泊温泉巡り

右のメニューの艦長掲示板につぶやく場合がありますので、よかったら覗いてみてください。

お知らせであります!

地球防衛軍 巡洋艦

毎日暑い日が続いて・・・いやはやであります。
当ブログを訪問してくださっている皆様に感謝♪
お知らせです。
しばらくの間、当ブログは夏休みをいただきます(*^-^*)

コロナに注意してですね、車中泊温泉巡りに行こうと思います。
10ヶ月ぶりっすね!
津軽海峡を越えていきたいと思いますが・・・・
どうなりますか・・・

ではまた!再開時には、寄らせていただきますね~



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

陽のあたらない坂道 清水義徳

陽のあたらない坂道 (新潮文庫) 清水義範 (著)

陽のあたらない坂道 清水義徳

翼よ、あれは何の灯だ―リンドバーグよりも一足先に大西洋横断飛行に成功しながら、アフリカに着陸してしまった日本人。アポロ11号に乗って月まで行き、着陸に成功したのに、月に隆りられなかったクルー。歴史に名を残した幸運な人の陰には、もうちょっとで有名になれたはずの人がきっといた。陽の目を見なかった運のない人々のドラマを愛を込めて描く著者新機軸の仮想伝記小説集。


艦長です。古本屋さんでゲット♪
「陽のあたる坂道」って~のは知っていました(笑)
石坂洋二郎の有名なあれですよね!

陽があたらない世界の話です(笑)
全部で8話あります。どれも救われない話ですな。
何だかありそうな感じで苦笑いしてしまいます(*^-^*)
アポロ11号の話はフィクションなんだけど・・・
人間臭い話なんですね実は。

司令船に残って着陸船を見送って再ドッキングさせた
コリンズ飛行士。覚えてますか?
地球帰還後ね、まともに暮らしたそうですよ。
月面に降り立った二人の飛行士はいろいろあったようです。

ま、ガガーリンもそうだったけど、ノイローゼにはなるよな・・・

面白かったです。お勧めですね。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

インパールで戦い抜いた日本兵 将口泰浩

インパールで戦い抜いた日本兵
戦場に残った気骨の兵士たち (光人社NF文庫) 将口 泰浩 (著)

インパールで戦い抜いた日本兵 将口泰浩

未帰還兵に会ってみたら、どうですか。彼らが感じているタイと日本は、タイ人とも、日本人とも違う視点だから―。二〇〇五年秋のことだった。三年に亘る私の未帰還兵を探し求める旅が始まった。「どうして、帰還しなかったのですか」問いの答えは、それぞれだったが、戦争体験もない若造の質問に、だれもが嫌な顔をせず、真っ正面から答えてくれた。

目次
インパール作戦
プロローグ 第二次世界大戦博物館
第1章 帰らなかった三人の日本兵
第2章 ひとりぼっちの菊兵隊
第3章 ウラペと呼ばれた男
第4章 日本兵の遺品
第5章 日本人の血



艦長です。
あのインパールです。実の悲しい「ビルマの竪琴」。
おそらく複数の「水島上等兵」がいたのですね。
著者は複数の「水島上等兵」に対面しました。
様々なことがあったんですね・・・

日本軍が敗走してタイに戻ったところがクンユアム。
タイの方々に厚くもてなされ、チェンマイに出発したとか。
もてなしてくれたクンユアムの人たちに日本兵が
お礼の品々を贈ったとか。
それらが長らく保存されていて、今では展示されているようです。

クンユアム第二次世界大戦戦争博物館
https://www.thailandexhibition.com/Eat-Travel/693

タイに残った日本兵・・・
その方々の心根はうかがい知ることができませんが・・
心の底には、きっと「日本人」が最期まで流れていたと思います。

多くの「水島上等兵」は、かの地ですべて天に召されたと思います。
艦長も叫びたいです!
「水島~~~!一緒に日本に帰ろう!!」

涙なくして語れませんね。
お勧め一冊です。是非機会があったら手に取ってみてください。



ランキングに参加しています。
プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。本館の「沖田根中佐の航海日誌」を再公開開始です。順次公開していきます。

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
本館 沖田根中佐の航海日誌

※本館はPCでご覧ください。
当サイトはPCで閲覧されることを前提として作りました。スマホで閲覧される場合は厳しいかもです。各コンテンツでBGM設置箇所あります。ヘッドフォンのご利用をお勧めします。
BBS(沖田根掲示板)とTwitter
掲示板


Twitter (X)
艦長にメール
カテゴリ
リンク
最新コメント
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ