fc2ブログ

列伝・太平洋戦争 半藤一利

列伝・太平洋戦争<上・下> (PHP文庫) 半藤一利 (著)

列伝・太平洋戦争 半藤一利

〈上〉―昭和16年‐18年 国家の運命を賭ける
もし平和が戦争の経験の後にしかこないならば、平和は常にあまりに来かたが遅すぎる。平和は常に死者の上に築かれるのか(アラン)。本書は、死闘を戦い抜いた人々の、これまでほとんど語られることのなかった貴重な証言とエピソードをもとに構成する、人物・太平洋戦史。真珠湾攻撃から、ニューギニア転進までを、“日本人が目撃しつづけるべき事実”として、冷静な視点で描く。文庫オリジナル版。

第1部 昭和十六年 輝ける日
第2部 昭和十七年 ミッドウェイの落日
第3部 昭和十七~十八年 ソロモン海の死闘

〈下〉昭和19年-20年 最後の栄光のために
兵士数千の命が塵泥と化した激戦地コヒマの指揮官、南洋の戦地ニューギニアに故国の雪を降らせた軍曹、戦犯として囚われる部下のいる孤島へと戻った老将軍―悲劇の結末に一条の栄光と誇りを求めて、彼らはいかに戦い、敗れ去ったのか。尊き犠牲となった二百七十万の死者への鎮魂の思いを胸に、かつての戦士、遺族ほか多くの関係者を自ら取材し綴った、人物・太平洋戦史、待望の後編。

第4部 昭和十九年太平洋上の戦雲
第5部 昭和二十年最後の栄光のために



艦長です。再読です。四半世紀前ですね、買ったの。
著者は有名な方です。TVにもたびたびね、出てましたね。
今は90歳。
内容は時系列に沿って登場する人物の物語です。
どのような経緯で開戦から敗北まで進んだかが
理解でき、大変読みやすいです。
様々なことがあったんだなって思いますよ。

この当時の日本の戦争の仕方は「カケ声」で全部済ませていた。
この驚愕の事実が理解できますよ。お勧めの一冊です。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。本館の「沖田根中佐の航海日誌」を再公開開始です。順次公開していきます。

FC2カウンター
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
本館 沖田根中佐の航海日誌

※本館はPCでご覧ください。
当サイトはPCで閲覧されることを前提として作りました。スマホで閲覧される場合は厳しいかもです。各コンテンツでBGM設置箇所あります。ヘッドフォンのご利用をお勧めします。
BBS(沖田根掲示板)とTwitter
掲示板


Twitter (X)
艦長にメール
カテゴリ
リンク
最新コメント
ランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ