FC2ブログ
2020.02.12 15:46 | EDIT
不可思議体験第十三話

不可思議体験 第十三話 「沖田根艦長の話 その9」

自分の足の裏に人が転がっていく感触を感じたことがあります。新宿近辺のある駅に電車が停車しするために速度を落とし始めホームにさしかかりました。朝のことです。私は一番前の車両のそれも運転席に近いところの吊革につかまっていました。

突然、電車が警笛を鳴らし急ブレーキをかけました。その時私は前方を見ると、一番前にいた人が「ワー!」と叫んで手で顔を覆うしぐさをしました。「ん?」と、その人の肩越しにガラスを通して黒い服を着た人間が水泳の飛び込みのポーズでホームから線路にダイビングしている信じられない光景が目に飛び込んできました!

「ガガガガーン!」と大きな音と大きな揺れ!

「ガガガガガガッ!!」と、引き込まれた人間が車両の下を転がっていく衝撃を私の足の裏の感覚が捕らえました!まるで、丸太の上に乗り上げてしまったように。ゴロゴロと後ろの車両目がけて転がっていってしまいました。

「飛び込み!」私はよせばいいのに、すぐ停車した車両の窓を開けて外を見ました。

「!?」

その人は、はるか後ろのほうに雑巾のように小さくなっていました。それがついさっきまで赤い血が流れていた人とは思われませんでした。もう、40年以上前のことですが、あの感触は忘れられません。

次の朝も、そこの駅で「飛び込み」がありました。幸いにも私が乗っていた電車より数本後の電車でした。職場の上司にその話をしたら異様に興奮してました。

上司に話をした翌朝、先頭車両の窓にへばりついて前を見ているその上司を、見てしまいました。



スポンサーサイト



Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング