FC2ブログ
2020.01.25 13:22 | EDIT
不可思議体験 第八話 「沖田根艦長の話 その7」

不可思議体験第八話
フリー写真素材ぱくたそ

今から半世紀以上前のこと、私が小学校三年生のころだったと記憶しています。夏休み中のことでした。

母方の祖父が亡くなりました。悲しいとか寂しいとか、祖父には申し訳ありませんでしたが、まったく感じませんでした。従姉弟と危篤から臨終に至るまで、母親の実家のある河原で泳いだりして楽しく遊んでいました。そうこうしているうちに祖父が亡くなり通夜が営まれました。

その夜、親族の者が祖父の安置してある座敷で寝ることになりました。私は怖いとか恐ろしいとかまったく感じませんでした。身内の死という感覚がわからなかったのでしょう。私は祖父の棺から丁度5mくらい離れたところに平行に布団を敷いてもらい眠りました。小さい豆電球と蝋燭の明かりで棺のある座敷はボーっと明るく、棺がはっきり見ることができました。

どのくらい時間がたったのかわかりませんが、私は目が覚め祖父の棺の方を見ました。棺を見下ろすようにこちらに背を向けてたっている祖父を見ました。「ああ、自分自身を見ているんだな」とそのときはなんとも冷静に考えていました。そのうちに眠ってしまったようですが、今となっては現実のことなのか夢うつつのことなのかハッキリわかりません。

翌日、葬儀がありました。そのころの祖父の埋葬は、今ではめったにない、土葬でした。墓地まで野辺送りし、深く掘られた穴にまさに入れようとしているとき、私の父親が「最後の別れだ」と私たち兄弟に棺の蓋を開けて祖父の最期の顔を見せてくれました。祖父の顔は真っ白でしたが穏やかな顔だったと記憶しています。棺には釘が打たれ深い穴に入っていきました。

実父を亡くした母親の横顔を覗くと、涙が一滴流れて土の上に落ちました。そのとき初めて人の死というものを実感しました。

葬儀が終わっても母親はしばらく実家にいましたので、私たち兄弟は従姉弟と遊んで暮らしていました。そこの家は川のすぐそばにあったたため、堤防が庭先にありました。私たちはそこに上って飛び降りたり走り回ったりしていました。

ある時、私はバランスを崩して仰向けに3m位のところから落ちてしまいました。下は石がゴロゴロしていて打ち所が悪ければ大怪我必至です!バタンと仰向けに落ちた私は普通ならギャー!ですが、ふんわりと落ちました。石が丁度うまい具合に骨に当たらなかったんです。瞬間助かったと思いました。
 
このとき脳裏に守られた!と幼心に思いました。



スポンサーサイト



Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(1) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.01.24 19:23 | EDIT
マルちゃん ごつ盛り コーン味噌ラーメン

マルちゃん ごつ盛り コーン味噌ラーメン

コクのある赤・白合わせ味噌スープに、
コーン・鶏挽肉・ねぎが入った大盛味噌ラーメン。



艦長です。
でかいです!
腹いっぱいになります!

多くは求めません!
腹いっぱいになりたい人は是非どうぞ(笑)







ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2020.01.23 10:43 | EDIT
校舎・教室
フリー写真素材ぱくたそ

不可思議体験 第七話 「沖田根艦長の話 その6」

私は大学に入学するとすぐ、公立高等学校の宿日直を代行するアルバイトを始めました。学校の戸締りや夜間巡視などの仕事です。今はアラームシステムがどの学校でも導入され、宿直はなくなったようですが。戸締りや夜間の校舎巡視が終わるとあとは暇になります。やることは電話番と朝、玄関の鍵を開錠することくらいです。酒を飲んだりマージャンをやったりしました。当然、マージャンをやるからには友人を誘うわけです。不謹慎極まりないのですが、若造に怖い物はありませんでした。

ある夜のことです。友人と徹夜麻雀で深夜二時を過ぎたころのことと覚えています。はじめのころはワイワイガヤガヤやっていたのですが、この時間になると疲れが出るころで、皆、無口でパイを打つ音だけが部屋の中に響いていました。パイの音以外で聞こえてくるのは「ポン」「チー」「・・・ロン!」くらいでした。麻雀をやっている部屋から廊下を隔てて職員室がありました。不思議な声がこの職員室から聞こえてきたのです。

   「ボソボソ・・ボソボソ・・・」

私にはハッキリ聞こえました。大きな声でした。
他の三人も聞こえたようです。
なぜなら他の三人とも一斉に職員室のほうに顔を上げて見たからです。
「今の聞こえたか?」「うん!?」「おお!」四人は言うが早いか~!
ダッシュで職員室の電気をつけて確認しました。

誰もいませんでした。
誰かいたんでしょうか。
空耳ではないことはハッキリしています。
まことに・・不思議な体験でした。



Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.01.22 11:34 | EDIT
ゆがんだ闇 (角川ホラー文庫)
小池真理子 (著) 篠田節子 (著), 鈴木光司 (著)
瀬名秀明 (著), 小林泰三 (著), 坂東真砂子 (著)

ゆがんだ闇 角川ホラー文庫

脳細胞までも凍らす、恐怖の連続…ホラー・シーンに新たな局面を拓いた作家6人が、それぞれの“怖さ”を突きつめ、描きこんだホラー小説の競作。

「生きがい」小池真理子
「小羊」篠田節子
「ナイトダイビング」鈴木光司
「白い過去」坂東眞砂子
「兆」小林泰三
「Gene」瀬名秀明



艦長です。古本屋さんで100円(税別)でゲット!
表紙をめくると、ラーメンの汁?かなんかのシミ・・
ものがものだけにね、ちょっと不気味でした(笑)

そうそうたるメンバーの作品です。
怖いものもあれば意味不明なものも♪
結構楽しめます!
この手の本が好きな人にはたまらんでしょうね!
あっという間には読めません(笑)
よく内容を吟味しながら読むのがよいかな♪
お勧めの一冊です。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.01.21 19:27 | EDIT
ストーブとコジタ兵曹

今日はね、コジタ兵曹の命日です。
3年前、コジタは星になりました。
コジタとストーブ・・懐かしいっす!
今はストーブはなくなりました。
時は確実に流れています。
今でも毎朝、夕方ね、線香をあげています。
ウサギ神殿があるんですよね。艦長に家には。
初代コジロウ軍曹と、2代目コジタ兵曹の骨は今もあります。
騒々しかった連中はね、今ではすっかり静かになりました。



Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.01.20 19:21 | EDIT
不可思議体験その6

不可思議体験 第六話 「沖田根艦長の話 その5」

今から40数年前の私が高校生三年生のころのことです。当時、ギターにはまり込んで夜遅くまで練習していました。練習は実家の庭に立てたプレハブ作りの勉強部屋でした。定番のクラシックの練習曲だったと思いますが、ポロン、ポロンと間違えながらも楽しくやっていました。

弾いていたギターは父親が一人暮らしをしていた私の兄のところから持ってきた物で、兄も誰からもらったのかは今となってはわかりませんが、相当古い代物で外国製だったように記憶しています。私が弦を張り替えて練習するようになったのです。

そんなときのことです。やっぱり夏のことです。ギターの練習を終えて当時、平屋だった母屋に寝るために戻りました。クーラーもない時代のことです。窓や縁側の雨戸なんて閉めないで開けっ放しでした。母屋から勉強部屋まで3mもはなれていません。夜遅くまでやっていたので神経が張り詰めていたのでしょう。なかなか眠りにつけませんでした。すると、どこからかギターの音が聞こえてきました。

近所でやっぱりギターを弾いている人がいるんだなと、そのときは思いました。その音を聞いていると初心者のようです。私と同じで、たどたどしさが音色でわかりました。さっきまで私が練習していた曲と同じなのがしばらくするとわかりました。「次のところでこんな風に間違えたな」と思っていると、その音も全く同じに間違えたのです。
「?」
私はどこからその音が聞こえてくるのか突き止めようと布団の中で耳を澄ませました。なんとさっきまでいた勉強部屋から聞こえてくるではありませんか。このときはさすがにゾッとしました。

翌朝、ギターを手にとって見ましたが、ただのギターにしか思えませんでした。音が聞こえたのはこの一回だけです。このギターは一年後の大学時代までありましたが、酔っ払った友人に叩き壊されて捨ててしまいました。なんとも理由がつかない体験でした。不思議です。



Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.01.19 15:09 | EDIT
ニュータッチ 横浜家系豚骨醤油ラーメン

横浜家系豚骨醤油ラーメン

・人気の横浜家系ラーメンをお手頃価格で再現!
・鶏油(チーユ)の効いた豚骨醤油味
・具材は全て国産のものを使用


艦長です。確かに家系の感じはありました。
しかし、ガツンとしたインパクトはないね(笑)
ま、仕方がないかぁ~これはこれで良しとしましょう♪



ニュータッチ 下町の来々軒中華そば

下町の来々軒中華そば

・つるつる滑らかでコシのあるフライ麺
・どこか懐かしさを感じる鶏ガラベースのスッキリした醤油味
・チャーシュー、焼のりは国産を使用


艦長です。これは安心の一杯。
インパクトはあまりないけど(笑)
万人受けするスタンダードなカップ麺でした。



明星チャルメラ 福岡ゆずすこ ゆず香る鶏白湯ラーメン

ゆず香る鶏白湯ラーメン

チャルメラ×ご当地調味料 エリアの味が楽しめるチャルメラシリーズ!福岡発祥の新感覚液体ゆずこしょう「ゆずすこ」とコラボしました。ゆずの香り、辛み、酸味が特長の鶏白湯ラーメンです。

艦長です~
これは結構ね、インパクトありましたよ!
酸っぱいですな!それにパクチーの香り?
う~ん、初めての味だな♪
興味のある方は是夫どうぞ(*^-^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2020.01.18 15:46 | EDIT
世界の絶望百景 (鉄人文庫) 鉄人社編集部 (著)

世界の絶望百景 鉄人文庫

世界には心が透き通るような美しい光景もあれば、見る者を奈落の底に突き落とす絶望的な風景もある。大量虐殺が起きた現場、心霊現象が起きる曰く付きの家、廃墟と化した街、自殺の名所、秘密の実験に使われていた島―。本書は、地球上のありとあらゆる不気味な場所を取り上げ、その地にまつわる史実と噂を衝撃的なビジュアルとともに紹介した1冊だ。トラウマ必至の125スポットをご覧あれ!


艦長です。
奥シャマのバースデープレゼントの一つとして
手に入れました(笑)へへへへ
喜んでましたよ♪
自分で買うのにはレジでさ、なんかね、躊躇する類の本!
なんだったとさ!

ま、そうですはね。この表紙の写真を見ればさぁ~(*^-^*)
て、ことで艦長からのプレゼントは成功です!
ケケケ!

まぁ~胸糞悪くなる話ばっかりテンコモリ!
すごい本だったよ!


BBS
下半島のネガティブキャンペーンがすごいね♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.01.17 16:01 | EDIT
天才 (幻冬舎文庫) 石原慎太郎 (著)

天才 石原慎太郎

高等小学校卒ながら類まれな金銭感覚と人心掌握術を武器に年若くして政界の要職を歴任。ついには日本列島改造論を引っ提げて総理大臣にまで伸し上がった田中角栄。「今太閤」「庶民宰相」と称され、国民の絶大な支持を得た男の知られざる素顔とは? 田中の金権政治を批判する急先鋒であった著者が、万感の思いを込めて描く希代の政治家の生涯。


艦長です、古本屋さんで100円(税抜)で売ってたんで
買ってみました。石原慎太郎が著者で話題になってなって
記憶していたものですから。薄い本で読みやすかったです。

「俺は~」で始まる物語でね・・・
最初の数ページは「俺」が石原慎太郎のことなのか?
って勘違いしましたよ(笑)これは「田中角栄」その人が
語ってる小説なのだと(笑)

艦長は田中角栄のことはあまり知りませんでした。
と、言うか、関心がわかなかったというべきかな。
艦長の家の上空を厚木の自衛隊のP3C哨戒機がね
毎日ぐるぐる回ってますが、エンジン音は静かなもんです。
以前は米軍の艦載機「FA-18ホーネット」が爆音かまして
我が物顔ですっ飛んでいきましたがね。
最新のP1哨戒機のジェットエンジンの音はP3C並みで
本当に静かですよ。
そのP3Cをめぐってね、田中角栄は逮捕・起訴され
病に倒れ鬼籍に入りましたね。

艦長が若いころ熱読した「小室直樹」氏が
↓の騒動を起こして「どうなっちゃったの?」
って失望したのを覚えてます。
しかしながら今思うとね、やっぱりね・・・
小室直樹氏は本質を見極めていたのではないか?
そういう風にも思えてくるのです。

小室直樹氏の田中角栄擁護騒動(ウィキペディアより)

1983年1月26日、ロッキード事件被告田中角栄への求刑公判の日、テレビ朝日の番組「こんにちは2時」の生放送に出演した。小室は田中角栄の無罪を主張し、田中角栄を優秀な政治家と評価していた。番組で小沢遼子ら反角栄側2人と小室による討論を行った。ところが冒頭、突然立ち上がってこぶしをふり上げ、「田中がこんなになったのは検察が悪いからだ。有能な政治家を消しさろうとする検事をぶっ殺してやりたい。田中を起訴した検察官は全員死刑だ!」とわめき出し、田中批判を繰り広げた小沢遼子を足蹴にして退場させられた。ところが翌日朝、同局はその小室を「モーニングショー」に生出演させた。その際さらに口調はパワーアップ、カメラの面前で「政治家は賄賂を取ってもよいし、汚職をしてもよい。それで国民が豊かになればよい。政治家の道義と小市民的な道義はちがう。政治家に小市民的な道義を求めることは間違いだ。政治家は人を殺したってよい。黒田清隆は自分の奥さんを殺したって何でもなかった!」などと叫び、そのまま放送されてしまった。この事件以後、奇人評論家と評されることになった。



「俺」は実名でいろいろな政治家を
コケにしていますが、最たるものは「三木武夫」
ボロカスですよ(笑)愚かは鈴木善幸♪
ところで・・
三木武夫までは歴代の総理大臣にはSPがついてませんでした。
佐藤栄作氏の葬儀の時だったか?
三木は暴漢に殴られて髪の毛乱して吹っ飛ばされるのを
ニュース映像で見た記憶があります。
この事件以降ね、SPが配置されるようになったとか・・

面白い本でした。あっさり読めますので
機会があったら是非手に取ってお読みください。
お勧めの一冊です。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.01.16 19:14 | EDIT
犬たちへの詫び状 (文春文庫) 佐藤愛子 (著)

犬たちへの詫び状 佐藤愛子

理想の犬とは、尻尾はキリリと右に巻き、固い結び目のような薄茶色の肛門が凛々しく締っていること、これが一番大事である。「怒りの佐藤」は大の動物好きだが、猫っかわいがりはしない。犬は犬らしくあれ、を信条に、ひたすら自由放任。たとえそれを他人が、無芸大食、悪臭フンプン、放浪癖と非難しようとも―痛快エッセイ集。


艦長です。古本屋さんでゲット♪
いやぁ~面白かったです。
著者の飼っていた犬が最高で(笑)
素晴らしい持ち味ですよね!
艦長も犬が欲しくなりました。

艦長の実家では犬が代々いました。
いろいろなエピソードがありました。
犬は人間に飼われているから犬たりえます。
野良では生きていけないのです。
そういう生き物なんです。

詫び状か・・・なんでかな?
詫びたくなるんですよね、わかります、その気持ち。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME |  Next Page »

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング