FC2ブログ
2019.12.10 20:22 | EDIT
かねふく監修 明太塩バター味 ラーメン

サンヨー食品 明太塩バター味ラーメン

ピリッとした辛さとうまみのあるかねふく博多辛子明太子をスープに使用した明太塩バター味のラーメンです。表面につるみがあり、粘りのある食感のめんです。また、スープがよく絡むちぢれめんです。まろやかな味わいのチキンのうまみに、かねふく博多辛子明太子を使用したパウダーのうまみとピリッとした辛み、バターの風味を合わせた、塩味のラーメンスープです。具材はかねふく明太子を使用した明太子味付そぼろ、いりごま、かき卵、ねぎの組み合わせです。


艦長です。今日はリュクを背負ってですね(笑)
奥シャマに言われて歩いてちょっと遠くのスーパーへ
歩いていきました。
ビールモドキが安いから買って来いっていう指令っす!
新しいウォーキングシューズをネットで買ったんでね
履き慣らしを兼ねてですね、行きました(*^-^*)
特売品で売ってたんで買いました。このカップ麺。
明太子風のかやくがありました、確かに!
バター風味もナイス!香辛料が効いていて辛かった!
ま、まずまずのお味でしたね。インパクトありました♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



2019.12.09 19:36 | EDIT
遠い約束 (角川文庫) 室積光 (著)

遠い約束 室積光

1933年、校庭の桜の根元に埋めた「私の将来」と題した作文。親友だった五人は、50年後に開封することを約束する。しかし、その誓いは無残にも戦争によって踏みにじられる。一人生き残った林健一は「記録係」として、事実を語り継いでいく。友情、夢、そして深い後悔の念――。きっと涙がとまらない。

2000年の初演からロングランの感動の舞台、待望の文庫化!戦争体験者、遺族を実際に訪ね歩くことでわかった、戦中日本の真実の物語。1945年、戦争が彼らの未来を奪った。友情と夢、そして深い後悔の念―。人気舞台が待望の書籍化。



艦長です。ふと気になって手にした薄い本。
本当に薄い本です。あっという間に読めちゃうよなぁ
税抜き600円は高いのではないか?なんて・・・
結局買いました。

尋常小学校を巣立った同級生の話です。
物語を紡ぐのは一人残った銃後の青年。

もうね、胸がつぶれます。泣きました。
本当に、本当に泣きました。辛いっす。
あぁ、300万人も死んだんだよ・・・
その数だけ物語がある、あの戦争・・・
その中の小さな村の小学校卒業生の物語。
読んでよかったと思いました。心から。



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.12.08 19:51 | EDIT
らーめん石狩 平塚ラスカ店
神奈川県平塚市宝町1−1 平塚ラスカ 5F

塩らーめん

らーめん石狩 塩らーめん


艦長です。今日はウォーキングでした(笑)
相模川の須加漁港まで歩きました。10km以上は歩いたね。
バスで平塚駅までで出て、平塚のラスカで昼食です。
ここはよく利用します。本屋もあるしね(*^-^*)
さてさてこのラーメンですが、スープがスッキリっすね♪
嫌味がありません。スープ完飲っす!
体重増えましたぁ~~~!!うまかった!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2019.12.07 19:32 | EDIT
妖し (文春文庫)
恩田陸・米澤穂信・村山由佳・窪美澄・彩瀬まる
阿部智里・朱川湊人・武川佑・乾ルカ・小池真理子

妖し 文春文庫 アンソロジー 著者10名

暑い日になぜか起こる奇怪なある出来事、風鈴の音が呼び覚ますもう一人のわたしの記憶、死んだはずの母が見えるわたし、病院から届いた友人のSOS、旧いブザーを押す招かざる客…。それは不思議な夢か、それとも妄想なのか?10人の豪華執筆陣が“怪異”をテーマに描く、短篇アンソロジー。極上の奇譚小説をあなたに―。

艦長です。本屋さんでね、「妖し」??ってなんだ?
って、買ってしまいました(笑)
なかなかです。面白かったです。
時間つぶしには最適♪短編だからね。
暇なときにね、この著者のこの短編ってな感じで読めます。
710円税別は・・・やっぱり財布に痛いね(*^-^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.12.06 19:51 | EDIT
マイフレンド ビックシリーズ大盛り ちゃんぽん

マイフレンド ビックシリーズ大盛り ちゃんぽん

ポークエキスと魚介エキスをベースに野菜の旨みとチキンエキスで、厚みのある味に仕上げた、コクのあるまろやかスープ。食べごたえのあるもちもちな太麺。彩りの良い「キャベツ・ニンジン・コーン・海老ボール」入り。


お約束の味で安心して食べられました♪



日清麺職人 山椒香る和風しょうゆ

日清麺職人 山椒香る和風しょうゆ

猛暑で食欲が無い時にピッタリな夏向けのピリ辛フレーバー!昆布や椎茸、煮干しをベースとした和風だしのきいた醤油スープに、ふわっと香る山椒の華やかな香りと優しいしびれが特徴の上品な一杯に仕上がりました!全粒粉を使った香ばしい麺ともマッチしてます!



山椒の香りがインパクトありました。
結構くせがありましたね~ま、お勧めです。




マルちゃん 食べるスープホットワンタン 和風あごだしスープ

マルちゃん 食べるスープホットワンタン 和風あごだしスープ

あごだしを中心に、かつお、さば、いりこだしをブレンドした和風スープとなめらかなワンタンがおいしい


これは「あごだし」が極め付き!
旨いっす♪麺は入ってないよ~
ワンタンスープだよ♪




ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

2019.12.05 19:53 | EDIT
カラー版 世界のミイラ (宝島社新書) 近藤二郎 (監修)

世界のミイラ 近藤二郎

2019年11月2日より国立科学博物館にて「ミイラ展」開催!!

世界中で人々はミイラを作ってきました。エジプトのミイラだけがミイラではありません。死んでも家族の一員だったインカのミイラ。日本の即身仏は、現世の人々の幸せをも祈願してミイラになっていきました。ミイラは決して穢れたものではなく、人々の命の延長にありました。
この本では世界のミイラを紹介し、人々の死者への思いを描いていきます。そして、自然が作ったミイラも紹介。豊富なカラー写真で装飾品等も解説します。
私たちはミイラというとエジプトのツタンカーメンの呪いを思い出す。しかし、本来ミイラとは、怖いものでもなければ、災いを起こすものでもない。ミイラとは、死者と、死に対する人々の思いが詰まったものだ。愛すべき人の魂が永遠に続くように願うものだったり、亡くなった者のあの世での幸せを祈るものだったり、そして、死んでもともにいることの証しだったりする。古代より世界中でミイラは作られてきた。エジプトのミイラだけがミイラではない。ヨーロッパにもアジアにも中南米にもいる。そして、私たちは、ミイラを通して世界中の人々の死生観を、見ることができるのだ。

序章 世界のミイラ
第1章 ミイラが語る古代エジプト
第2章 ミイラとともに生きる中南米の人々
第3章 ヨーロッパの自然が作ったミイラ、人が作ったミイラ
第4章 アジア・オセアニアのミイラ
第5章 日本の即身仏というミイラ



艦長です。先日ね、奥シャマがね、国立科学博物館(東京・上野公園)
に行ってきました。それから、数日前、本屋でこれをゲットしたらしい(笑)
早々に読ませてもらいました。これは効くね!!
カラーだし!知らなかったミイラもありました!
日本のミイラ(即身仏)は以前ね、ブログでも紹介したようね
この本にもありました。
この手のジャンルは奥シャマ独壇場でございます(*^-^*)
ま、艦長もそこそこ詳しいけどね、奥シャマにはかないません♪
昔(四半世紀前)新宿にミイラ(アンデスのミイラ)を見に行きました。
たしか、フアニータ?だったかな。インパクトありました。
ま、そんなとこです(*^-^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.12.04 20:18 | EDIT
新装版 蒼ざめた馬を見よ (文春文庫) 五木寛之 (著)

蒼ざめた馬を見よ 五木寛之

ソ連の老作家が書いた痛烈な体制批判の小説。その入手を命じられた元新聞記者・鷹野は、本人に会い原稿を運び出すことに成功する。出版された作品は、全世界でベストセラーとなり、ソ連は窮地に立った。ところが、その裏には驚くべき陰謀が…。直木賞受賞の表題作など全5篇を収めた、初期の代表的傑作集。

『蒼ざめた馬を見よ』は、五木寛之が1967年に著した短編小説。雑誌『別册文藝春秋』第98号初出。第56回直木賞受賞作。 一つの作品を巡り、作家の政治的・社会的在り方としての根源を問う物語。

・蒼ざめた馬を見よ
・赤い広場の女
・バルカンの星の下に
・夜の斧
・天使の墓場



艦長です。古本屋さんで思わず手に取ってね
買ってしまいました。懐かしいです。
大学生活が始まったころの本ですね~
ソビエト連邦があったころの話で、とにかく懐かしいっす。
五木寛之の本は、あれこれたくさん読みました。

この本で納められたお話は短編ですね。
五木寛之の本をお読みになった人は多いと思います。
今読むとね、何だか懐かしさが先に立って・・・
お勧めの一冊です。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.12.03 19:32 | EDIT
最近ね、ラム酒にはまってます(*^-^*)
製品ごとに味が違いますね~いいっすね♪

MYERS'S RUM
マイヤーズラム(オリジナルダーク)
https://www.kirin.co.jp/products/spirits_liqueur/myers/
マイヤーズラム(オリジナルダーク)

ダークな香り、ダークな味。
マイヤーズラムは、ジャマイカ産の本格的なダークラムです。1879年当時、ジャマイカの砂糖農園主だったフレット・ルイス・マイヤーズが情熱のすべてをこめたのがラムづくり。200種類以上の原酒から20種類だけを厳選してホワイト・オークの大樽につめ、一般には2年といわれる熟成に4年の歳月をかけた後、今もって秘蔵とされる伝統あるブレンド技術をもってマイヤーズラムは誕生しました。マイヤーズならではの豊かな味と香りは広く世界の人々に愛され、また洋菓子の材料として世界の一流洋菓子店でも愛用されています。




Suntory White Rum
サントリーラム ホワイト
https://products.suntory.co.jp/d/4901777006256/
サントリーラム ホワイト

原酒を活性炭処理し、色や雑味を除いてすっきりと仕上げた無色透明のミディアムタイプのラムです。幅広いカクテルに使え便利ですが、特にジュースとの相性が良く、トロピカルカクテルに多く利用されます。


艦長です。毎晩飲み比べてます~ヒヒヒ(*^-^*)
もちろんストレートでね♪
ウィスキーと違って口当たりの良さは凄いです!
夏になればいろいろアレンジして飲めるんだろうけど~
今は、ストレートだな!
車中泊にもってこいだにゃぁ~へへへへ♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2019.12.02 08:32 | EDIT
宇宙船の落ちた町 (ハルキ文庫) 根本聡一郎 (著)

宇宙船の落ちた町 根本聡一郎

「宇多莉町には何もない」。住民が揃ってそう口にする田舎町で生まれ育った青砥佑太は、十四歳の夏、裏山で巨大な宇宙船の墜落を目撃する。十年後、宇宙船に乗っていた異星人は地球社会へと徐々に溶け込み、佑太は近隣の大都市・舞楼市に移住して無気力な生活を送っていたが、彼らの関係性は「あるアイドルの握手会」から劇的に変わっていく。過去と未来、共生と排斥、都市と辺境、世界と自己―人が自身と異なる存在とどう向き合うかを描いた物語。


艦長です。新刊が出てましたんで・・・
宇宙船?ってな感じで思わず買ってしまいました。

う~ん、なんともビミョーな感じ(笑)
読んでて恥ずかしくなるような~♪
勘弁してよぉ~って思ったね(*^-^*)
ジュブナイル?って最初は思ったよ~
2011年の大震災の後の街の様子のような感じもあり。
数年前東北に行ったときに目にした風景が
思わず目に浮かんだり・・共通しているものがあると思う。

しかしぃ~、大人が読むにはちょっとぉ~ってな按配。
ま、読んでみてよ(笑)正義は報われますね。
安心の一冊です。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.12.01 19:44 | EDIT
寿がきや しおらーめん進化 煮干塩(にぼしお)らーめん

寿がきや しおらーめん進化 煮干塩らーめん

塩を極めた名店の味 東京町田の名店『町田汁場 しおらーめん進化』の人気メニュー「煮干塩にぼしおラーメン」を再現した商品です。淡麗系の中でも珍しい豚の清湯スープがベースのラーメンです。力強い旨みのスープを全粒粉入りのめんでお楽しみください。


艦長です。寿がきやです♪
これはうまい!別格です!
特に煮干し味のキレのあるスープ!

値段はたかいけど、逸品ですね~
是非食べてみてください(*^-^*)








ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング