FC2ブログ

バックナンバー

2019.11.08 14:29 | EDIT
滄海(うみ)よ眠れ ミッドウェー海戦の生と死〈2〉(文春文庫) 澤地久枝 (著)

滄海よ眠れ〈2〉 澤地久枝

戦場で死んだ男たちも無残だったが、残された女たちも無残だった。内縁のまま子どもを生み、苦難の人生を歩いた女性などの姿を描く。

昭和17年6月太平洋戦争開始後、日本軍が初めて大敗を喫したミッドウェー海戦。戦場で死んだ男たちも無残だったが、残された女たちも無残だった。内縁のまま子どもを生み、戦死した夫の親にその子の認知さえ拒まれた女性、日本の艦艇に救助されながら捕虜となり処刑された米機の搭乗員など、戦場の残虐を語る衝撃の新事実。



艦長です。我が家にあるのは先日アップした「一」とこの「二」です。
「三」をなぜ買わなかったのか・・・その問いの気持ちがね・・
何だかわかるような気がします。
取材は精力的に行われ、アメリカにも深くおよびます。
とにかく事実が重すぎます。掘り下げた結果がこの本ですから。
撃墜された米国機が日本側に救出されますが、その後が気が滅入ります。

この事実は艦長はこの本で知らされたのだと今回初めて認識しました。
とにかく、米国機で日本側で助けられ生還できた搭乗員は皆無。
全滅した雷撃隊あるいは爆撃隊、戦闘機隊の搭乗員でしょう。
もうね、3巻まで、読み進む気力がありません。アマゾンで買おうかと思いましたが
このシリーズ本はこの巻でおしまいですね。眠れなくなります。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング