FC2ブログ
2019.10.18 20:11 | EDIT
10月18日 二つ目のエントリーっす!



懐かしい!!

体が動くね(*^-^*)あははは



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



2019.10.18 11:49 | EDIT
再読 漂流 (新潮文庫) 吉村昭 (著)

再読 漂流 吉村昭

江戸・天明年間、シケに遭って黒潮に乗ってしまった男たちは、不気味な沈黙をたもつ絶海の火山島に漂着した。水も湧かず、生活の手段とてない無人の島で、仲間の男たちは次次と倒れて行ったが、土佐の船乗り長平はただひとり生き残って、12年に及ぶ苦闘の末、ついに生還する。その生存の秘密と、壮絶な生きざまを巨細に描いて圧倒的感動を呼ぶ、長編ドキュメンタリー小説。


艦長です。この本は再読です。が、前回の内容は
あまり覚えてたかったです。結末がどうなるのか
すっかり忘れてました。伊豆諸島の青ヶ島のさらに南の
鳥島ですね。アホウドリっすね。
いやぁ~感動ものですよ!
著者の徹底した取材が圧巻です。
はじめにね、終戦になっても降伏しなかった日本兵の話
例のグアム島やルバング島に立てこもっていた話や
アナタハン島の話などの導入部分がひかります。
お勧めの一冊であります!

前回は2010年ですね。忘れもしますよね。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.10.17 10:14 | EDIT


先日の親戚での飲み会で酔っぱらった艦長が
歌っていたそうだ(笑)記憶にないんだがね(*^-^*)へへ

ヘッドフォンで聴いてね!素晴らしいシステムですこれは!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2019.10.16 20:06 | EDIT
恐怖箱 青森乃怪 (竹書房文庫) 高田公太 (著)

恐怖箱 青森乃怪 高田公太

「あの部屋は、まいね(駄目だ)…おめ、連れてきちゃあな」いったい婆には何が見えて?青森、弘前、八戸、津軽、陸奥…神と霊の集う雪国の実話怪談!

本州最果ての地、青森。あの世と繋がる霊場恐山から、神々の棲まう山野まで、雪深き国は神秘と恐怖に満ちている。赤子の泣き声がする無人駅。だが他の者にはその声が聞こえず…「津軽の子ら」、集落で‟カミサマ"と呼ばれる祖母が行う虫きりの業…「むつ、二編」、近所の厄介者の家から出る悪臭。だが家の中は綺麗で…「ハナツマミ者」、録音した覚えのない音声ファイルに入っていた見知らぬ男のある一言。数年後、その意味がわかる…「録音」、死んだ従兄弟が赤い目をして夢に出る。その理由とは…「夢は夜ひらく」他、地元出身在住の著者が集めた究極の青森怪談!



艦長です。
奥シャマが以前買ってきたんで読ませてもらいました。
たくさんの話があるんですが、実話なの?
なんだかなぁ~??(笑)

暇つぶしにはなりました!
キッパリ(*^-^*)




ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.10.15 19:47 | EDIT
CO・OP NOODLE コク旨辛みそ

CO・OP NOODLE コク旨辛みそ

甘みとコクのある辛みそ味のコープヌードルです。肉ミンチ、キャベツ、ネギ、にんじん具材入り。飲み干したくなる旨辛みそ味のスープです。赤唐辛子・山椒・黒こしょう・ガーリックの4種の香辛料を使用。


艦長です。昨夜は親戚の家で誕生日会があったんで
しこたま飲みました(笑)
今朝はぎっくり腰で・・・電気風呂に行って腰をビリビリさせました・・
昼過ぎに帰宅して昼ご飯にこれ食べました。
日清食品で作ってるそうですね。生協だとこのブランド。
安いです(*^-^*) 味は美味いですが、辛かった!
汗が出ました♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

2019.10.14 09:07 | EDIT
セレクション戦争と文学 2 アジア太平洋戦争 (集英社文庫)

戦争と文学 アジア太平洋戦争

海も空も人間も、戦争に染まった。極限下で発せられる人間の偽りのない思い、戦争の実態とは。名だたる作家たちが遺したアジア太平洋戦争の傑作群、その生きた言葉を現代の視点で読みなおす。

太宰治「待つ」、川端康成「生命の樹」、三島由紀夫「英霊の声」、島尾敏雄「出発は遂に訪れず」、野間宏「バターン白昼の戦」、吉村昭「手首の記憶」、吉田満「戦艦大和ノ最期」、大城立裕「亀甲墓」他。



艦長です。
文庫で1700円(税抜き)!欲しくて買ってしまいました!
20の話が詰まってます。これはシリーズものでして・・・
8冊で全シリーズ。この本は2冊目のもののようです。
分厚い文庫本ですよ。
内容は気が滅入るものばかりです。
仕方がありませんね、こればっかりは。負けたんですから。
分厚すぎるので読み終えるのに時間がかかりました。
途中で吉村昭、小池真理子の本なんか読んで気分転換(笑)
昨日ようやく読了。
このシリーズは、もうこの一冊で十分かと(*^-^*)
コンサイス英和の辞書並みの厚さでした♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.10.13 12:59 | EDIT
台風19号の影響で大きな被害が出ましたが
今のところ艦長の周りでは被害や停電の話はないです。
ご心配をいただきまして、また、お心遣いありがとうございました。



懐かしい骨 (双葉文庫) 小池真理子 (著)

懐かしい骨 小池真理子

昔住み馴れた家の整地跡から白骨死体が掘り出された。20数年前のものらしい。すでに父母はこの世を去り、関係者といえば真吾と早紀子の兄妹だけである。最初は狐につままれる思いの二人だったが、記憶の底からおぞましい事件をそれぞれ思い出す。とすればこの骨は過去の犯罪を告発すべく現われたのか。言い知れぬ恐怖が兄妹を追いつめて行く。


艦長です。古本屋さんで購入。この本は恐怖小説ではありません。
なんともミステリアスな話なんですが、真相はなかなかわかりません。
ホラー的な要素は全くありませんので(笑)苦手な人も是非どうぞ!
なんだか、いろいろ考えさせられる内容でした。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.10.12 21:36 | EDIT
現在午後9時34分
強風は弱まったかな?
あとは相模川・・・様子見ですね
今のところ停電はなし。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2019.10.11 19:39 | EDIT
艦長です。
台風19号がやってきます!

養生テープ 本体

寺岡製作所 養生テープ P-カットテープ No.4140

艦長のところはマンションなんで、雨戸がありません。
前回の台風15号の時は結構ね北風が強かったんで・・・
今回の19号は南方向からの風もあるようなんで、窓ガラスに貼る
養生テープをホームセンターで買ってきました!
何だかね、飛ぶように売れていましたよ!あの勢いだったら売り切れ確実!
3本買ってきてね、ベランダのある南側にバッテンで貼りました。
飲用の飲み水30リットル以上確保。停電するかもしれないんで風呂水は満杯!
カセットコンロと車中泊用のストーブ(ガスバーナー)も用意。
ソーラーバッテリーも二つ追加で購入!スマホの電源確保?
現金も用意(笑) まぁ~どうなりますかね。直撃コースからやや左側ですが・・
停電ならブログの更新もできませんので、ご承知くださいね~ではでは!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

2019.10.10 19:59 | EDIT
先日の温泉巡りで読んだ本です。
一日中ね、温泉に浸かってるわけでもないんで(笑)
風呂上がりに時間つぶしに読んだ本です(*^-^*)

再読 再読 背中の勲章 吉村昭

背中の勲章

太平洋上に張られた哨戒線で捕虜となり、アメリカ本土で転々と抑留生活を送った海の兵士の知られざる生。小説太平洋戦争裏面史。

「特設監視艇 長渡丸」
昭和17年4月18日早朝、第2哨戒隊所属の第23日東丸は日本本土東方1200km付近で米機動部隊を発見した。この部隊こそが東京初空襲で知られるドゥーリットル隊を乗せた第16機動部隊(ハルゼー中将指揮)であった。日東丸は直ちにこれを打電、さらに報告を続けたが、巡洋艦「ナッシュビル」からの砲撃を受けて撃沈され、全員が戦死した。ハルゼーは空母「ホーネット」から爆撃機を発進させた後、空母「エンタープライズ」艦載機に日本監視艇の捜索と攻撃を命令した。これにより、さらに12隻の監視艇が艦載機からの銃爆撃を受けて4隻が沈没。戦死者は日東丸も含め30名を上回った。また長渡丸の5名が沈没時に脱出、米軍に収容されて捕虜となった。




戦史の証言者たち 吉村昭

戦史の証言者たち

多くの戦史小説の名作を生み出してきた著者が、綿密な取材を進める上で得た貴重な証言のなかから特に印象深い話を元に真相に迫る。

・戦艦武蔵の進水
・山本連合艦隊司令長官の戦死
・福留参謀長の遭難と救出
・伊号第三三潜水艦の沈没と浮揚



艦長です。2冊読みました。吉村先生の本は何冊も読みました!
再読するに値する本がいっぱいあります。

ホーネット発見で、撃沈された監視艇の話は知っていましたが、捕虜になった人もいたのですね。いつも思うのですが、あの頃のアメリカって、一面ね、なんともお人よしだなって思うのです。が、このような国に勝てるわけが無かったのです。今のアメリカはかつての若き感覚の国ではなくなたと思いますが、それが今が普通なのかもしれません。って思いますよ。

「伊号第三三潜水艦の沈没と浮揚」・・・これは凄いですよ!
事故で沈んだ潜水艦を戦後、浮上させるのです。果たして艦内は!?
これは必読ですな。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME |  Next Page »

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング