FC2ブログ
2019.09.04 11:11 | EDIT
私はなぜ逮捕され、そこで何を見たか。(講談社文庫) 島村英紀 (著)

私はなぜ逮捕され、そこで何を見たか。 島村英紀

国際的に有名な地震学者が、「業務上横領」で告訴され、二〇〇六年二月一日「詐欺」容疑で逮捕。七月二一日保釈。本書は、この不可解な逮捕劇を描いた本ではない。一七一日間という長期の拘束期間、科学者は何を経験したのか。逮捕・勾留されると「どうなるか」を科学者の目で解析する。

島村/英紀
1941年、東京都に生まれる。東京大学理学部を卒業。北海道大学地震火山研究観測センター長を経て、2004年~2005年国立極地研究所所長。日本を代表する地震学者で、マグニチュード8を超える巨大地震のすべては海底に起きることから、世界に先駆けて海底地震計を開発し、海底の地震活動の解明につとめた。その後、アイスランド、ノルウェー、英国、フランス、ポーランド、ポルトガル、アルゼンチン、ドイツなどの各国に依頼されて、開発した海底地震計を使い、大西洋、南極海、インド洋などでの海底地震観測に取り組む。著書に『地震をさぐる』(国土社・日本科学読物賞受賞)、『地球の腹と胸の内』(情報センター出版局・講談社科学出版賞受賞)、『地震と火山の島国』(岩波書店・産経児童出版文化賞受賞)ほかがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

島村英紀のホームページ

http://shima3.fc2web.com/
http://shima3.fc2web.com/bunko-hannnou.htm ←ここが詳しいっす。


艦長です。古本屋さんで見つけました。
興味がありましたから、すぐに手に取って買い求めました。
艦長は大学で法律を学んでましたので(特に刑事訴訟法)
っていうか、内容はすっかり忘却の彼方ですがね(*^-^*)

拘置所の中の様子が詳細にわたって表現されているのですごい!
入る予定はありませんので(普通そうだよね)非常に参考になりましたし
こんなところに入りたくないなって思いましたよ・・・。
それにしても検察も裁判所の人間も所詮は人間のやること。
恣意的なことがあって不思議ではないですよね。
ちょっとおかしくねぇ~か?って思いました。検察が、裁判所がさ。

著者は淡々と描写していきます。詳細にわたって!
拘置所内で出る食事のメニューはこれまた詳細にわたってます!
たいしたお方ですね。判決は執行猶予が付いた有罪。
なんで???誰もがそう思う内容なんだけど。
著者はこれを受け止めます。艦長にはできないな。できないと思う。
お勧めの一冊です。ホームページに詳細があります。
興味のある方は是非どうぞ。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング