FC2ブログ

バックナンバー

2019.05.25 19:30 | EDIT
青の時代 (新潮文庫) 三島由紀夫 (著)

青の時代 三島由紀夫

地方の名家に生れた川崎誠は、父への反感を胸に徹底した合理主義者として一高、東大へと進むが、ある日大金を詐欺で失った事から今度は自分で金融会社を設立する。それはうまく行くかに思われたが……。戦後世間を賑わした光クラブ社長の自殺に至る波瀾にみちた短い生涯を素材にして、激しい自己反省癖と自意識過剰の異様で孤独な青春を描いて作者独自のシニシズムに溢れる長編。


艦長です。本日二つ目のエントリーであります!

長編といってもね、文字が大きくて薄いんですよ(笑)
古本屋さんで見つけてね、簡単に読めるかなって・・・
そう思ったんですがね。
光クラブっていうのが聞いたことがあったんで買いました。
あっという間に読めましたが・・・

さっぱりわかりませんでした♪
なにがなんだかね?
艦長にはわかりませんでした。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.05.25 11:21 | EDIT
十三番目の人格(ペルソナ)-ISOLA (角川ホラー文庫) 貴志祐介 (著)

十三番目の人格(ペルソナ)-ISOLA  貴志祐介

賀茂由香里は、人の強い感情を読みとることができるエンパスだった。その能力を活かして阪神大震災後、ボランティアで被災者の心のケアをしていた彼女は、西宮の病院に長期入院中の森谷千尋という少女に会う。由香里は、千尋の中に複数の人格が同居しているのを目のあたりにする。このあどけない少女が多重人格障害であることに胸を痛めつつ、しだいにうちとけて幾つかの人格と言葉を交わす由香里。だがやがて、十三番目の人格「ISOLA」の出現に、彼女は身も凍る思いがした。第三回日本ホラー小説大賞長編賞佳作。


艦長です。温泉巡りの時に持っていきました。
夜、車の中で読みました。
そんなに怖い話ではありません。
主人公がなぜ?かかわりあうのかがちょっと不明。
結構なボリュームのある内容なんですが・・・
結末が意外性あり。
読み終えられるかどうか?自信がなくなり(笑)
何とか読めました(*^-^*)
もっとガッツリとホラーっぽくしてほしかった!
夜の車内は暇なんで(笑)暇つぶしには良かったけどね。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング