FC2ブログ
2019.05.21 19:29 | EDIT
※写真はネットで借りたものです。
蚊帳

艦長です。小学校の頃ですね~~~
↑こんな感じの蚊帳を吊って(もちろんオフクロが吊ります)
戸を閉めないで寝てましたね~(戸は全開です♪)

蚊帳の中に入るとき、蚊が入らないように注意してさ
入ってましたよ!いつまでこんな感じで寝てたんだろうか?
防犯のことは一切考慮してない頃の平和な時代でした。


※数日、留守にします(*^-^*)更新はお休みします♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2019.05.20 20:12 | EDIT
小学生の頃、夏休みの思い出。
午前中に遊んで、午後はオフクロに怒られ(笑)
強制的に午睡♪

夏休みの思い出で、すぐに浮かぶのは
昼寝の間に聞くまったりとしたエンジン音
ヘリコプターのローター回転音か
輸送機の重低音のレシプロエンジの回る音

子供のころからエンジン音はどの機体だってさぁ
わかるんですよね。
ジェット機はわかりませんがね(*^-^*)
見ればわかりますけどさ・・・
F-14 F-15 F-16 FA-18 などなど、すぐわかります。
最近ね、艦載機が飛ばないんで、自衛隊の飛行機が飛んでます。

輸送機、対潜哨戒機、なんてさ、のどかだね(笑)エンジン音。
レーダー照射で話題になったP-1哨戒機はジェット機だけど
音はびっくりするくらい静かだね。今日も頭上を飛んでました。

航空自衛隊YS-11

その中でもはっきりわかるのが自衛隊の「YS-11」↑
現在、2機稼働中とのこと。このエンジン音は独特だね!
P3C哨戒機やC-130輸送機のエンジン音とは別物です!
とにかく金属音がする。重低音ではない。これに尽きます!
この前も温泉の露天風呂でコイツが飛んでるのがわかりました。
空を見てるのは艦長だけでしが、こいつがあの2機のうちの1機だ!
って感慨深いものがありました。
すぐわかるんですよ(笑)
シルエットも独特だしね♪ 1965年に就航だってさ・・
艦長は一度だけ、40年前、YS-11に乗ったことがあります。
ま、初めて乗ったのが「YS-11」なんだけど(*^-^*)
離陸がすごかったね!ちょうど主翼の見える席でさ~
フラップがね、グイーンって下がってダッシュ!スリルありました!

夏が来れば思い出す・・・♪
遥かな空ぁ~
遠くの空高く聞こえる飛行機の、レシプロエンジン音♪

今宵は少々、語ったね(*^-^*) あはは、すんません♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2019.05.19 19:21 | EDIT
KALDI 瀬戸内レモン塩ラーメン

KALDI 瀬戸内レモン塩ラーメン

チキンベースのスープにオニオン、ガーリックのコクを合わせ、
瀬戸内レモンをたっぷりきかせた塩ラーメンです。



艦長です。奥シャマが仕入れてきました(笑)
これはびっくり!
酸っぱいです!
インパクト大!


なかなかの味わいでございました。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2019.05.18 21:12 | EDIT
天気が良かったんで(笑)行ってきました!

16日(木) 第1湯目
山梨 山口温泉  山梨県甲斐市篠原477

山口温泉

「ナトリウム-炭酸水素塩泉・塩化物泉」だそうです。
ここは、複数回来ています。とにかく湯の温度が低い!
3時間600円で割高?ではありますが、正直言ってね
3時間入ってられます(笑)いやいや、冗談抜きに♪
夏場はどうかと思いますが、気温が春までは実際入ってられますね。
ここで湯治ができます。近くの道の駅で車中泊しながらね(*^-^*)

第2湯目
道の駅蔦木宿・つたの湯 長野県諏訪郡富士見町落合1984-41

ここは「定宿」です(笑)併設の「つたの湯」で夜に入りました。
「ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉」で
源泉風呂が湯温が低いので、ここにもずーっと入ってました!
以前は600円で一日居られましたが、700円になってました。
まぁ~許す(笑) 3時間以上入ってました。
もちろん車中泊は、ここの道の駅。
毛布と掛布団で過ごせました。真冬ではないからね~



17日(金)
第3湯目
尾白の湯 山梨県北杜市白州町白須8077-1

尾白の湯

「ナトリウム-塩化物強塩温泉」でここも頻繁に入ってます。
朝の10時から夕方の6時ころまでいました!
出たり入ったり、サウナに出たり入ったり、県外者は820円なんでさ
それでもじゅうぶんね、元は取りましたよ!
「赤湯」が湯温が低いんで、たっぷりと浸かりました!



日向山どん

初めて、尾白の湯で夕食をレストランで食しました。
「日向山どん」だそうです。名前の由来はわかりませんが・・・
ベーコンみたいな肉の角切りと卵ですね。それを「ポン酢」をね
振りかけて食べるんだと!う~ん、まずまず♪

今宵は「道の駅はくしゅう」で車中泊!
宿泊代が「ゼロ」なのが助かりますね~へへへへ


18日(土)
もう一度ね、山口温泉入って高速で帰ろうかと思ったんですが
さすがに温泉疲れですね(笑)
下道の国道20号線でのんびり帰りました。
天気が良ければね、また計画します(*^-^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

Category: 温泉
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.05.15 20:54 | EDIT
鬼の棲む家 (集英社文庫) 吉村達也 (著)

鬼の棲む家 吉村達也

新婚まもない華子は、古びた借家で夫の亮介を電動工具で殺害した!華子は弁護士に「あの家には鬼がいたの」と語り、事件の背景には壮絶なDVがあったことを示唆する。それを知った華子の父は、夫こそ加害者で、娘は被害者だと訴え、罪の軽減に奔走する。だが、やがて父親は「鬼」の真の正体を知り愕然となる!家族から殺人者を出した一家の崩壊する心理を描く、戦慄の新感覚ミステリー。


艦長です。本日二つ目のエントリーです。
これはね、ホラーではないですね。
戦慄のミステリーですね(笑)って↑に書いてあるよね(笑)
てっきりホラーだと思って買ったんですが・・・
なんだかね、うっちゃりにあって、土俵を割ったって感じ♪
まぁ~あっという間に読めたけど、時間つぶしにはなりました。
これはこれで、奥深いラストではあったかな?

※湯治に行きますんで、明日からチョットお休みします(*^-^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.05.15 12:56 | EDIT
マルちゃん 昔ながらのソース焼きそば

マルちゃん 昔ながらのソース焼きそば

もちもちとした食感でしっかり食べ応えのある麺に、
コクのある濃厚なソースで仕上げた焼そば。



艦長です。
お約束の味ですね(*^-^*)
安心して食べられます~♪








ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2019.05.14 21:51 | EDIT
14日 二つ目のエントリーです。

Doris Day 昨日97歳で逝去されたとのこと・・

さようなら・・・・

Doris Day - Fly me to the moon




2019.05.14 16:37 | EDIT



かわいいのぅ~(*^-^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.05.13 19:30 | EDIT
謎解き超常現象 (彩図社) ASIOS (著)

ASIOSとは?

謎解き超常現象 ASIOS

大都市上空に飛来したUFO、記念写真に写った不気味な顔、天から降り注ぐ魚の雨…。世の中には常識では説明できない不思議な現象が存在している。だが、それは本当だろうか。本当に常識では説明することができないのだろうか?超能力や心霊現象、未確認生物、UFO、エイリアン、予言など39の「超常現象」を取り上げ、徹底検証。「伝説」のウラに隠された「真実」に鋭く迫る! 2009年に発売された伝説の書籍の、10年ぶりとなる待望の文庫化!


艦長です。今日は運転免許更新で出かけました。
奥シャマから連絡があってですね・・・
この本を買えと!命令です(笑)
帰りに本屋に行って、店員さんに尋ねて♪
やっと、購入できました!

これはいわゆるね、「ムー」的な本ではありません!
全くね、真逆な内容です。
繰り返します!
「ムー」的な本ではありません!

的確な反論が納得できます。
この本の表紙が何とかなりませんかね?(笑)
ある種の読者には、「ムー」的な本と間違えて買いませんかね?

論理的で納得できる内容ばかりです。
お勧めの一冊であります(*^-^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2019.05.12 13:58 | EDIT
朱鷺の墓 上・下 (角川文庫) 五木寛之 (著)

朱鷺の墓 五木寛之

<上巻>
金沢、東の花街。五歳で杉乃家の養女となった芸妓・染乃は、界隈きっての器量よしと評判だった。時は明治38年、日露戦争の終結が噂されるなか、ロシア兵捕虜が金沢駅に降り立った。折しも染乃は兼六園で、捕虜イワーノフに窮地を救われる。蔑視に耐え愛を育み、夫婦となった二人だが、ロシアに渡る決心をした矢先、染乃がかどわかされ引き裂かれた。染乃は一人、大陸に夫を捜す旅に出る。過酷な宿命から愛への脱出、感動のロマン巨編。

<下巻>
再会した夫イワーノフは、収容所で腕を失い、ロシア革命に心を奪われていた。過酷な日々に翻弄されながらも染乃は貧しさに耐え、大陸を流離い、パリへと渡った。こみ上げる望郷の念、混迷する革命運動。再び出逢いの地・金沢に戻った二人だったが、ここにも戦争と国家の罠が。染乃は夫を守り抜くため、誇りを持って生き抜くため、命を賭した取引に挑んだ―。一つの時代を駆け抜けた、強靱な愛。一人の女の流転する運命を、壮大なスケールで描く。



艦長です。学生時代に読みました。
古本屋さんで探してたんですが、ようやく上下巻が
あったんで、素早く購入。再読です。
初めて読んだ時以来、およそ40年近くたってます。
今読んでもね、非常に新鮮です。心揺さぶられます!
長い長い、愛の旅路の物語です。
二人の前にこれでもか!!って・・・
困難な試練が降りかかってきます。

最後まで主人公「染乃」に救いはなかった・・・
旅路の果てのその先にあるのは・・・
まだまだ続くのか・・・困難が・・・
旅路の果てに救いがあるようには思われない状況
大正が終わり、昭和が始まろうとしている旅路・・
「染乃」に幸多かれと祈らざるを得ない!

五木寛之の名著です!
是非お読みいただきたい!

ニッポニアニッポン(朱鷺) 滅びゆく美しい鳥・・・(注・当時)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング