FC2ブログ

バックナンバー

[ 2019.04.15 ] ペリリュー・沖縄戦記

2019.04.15 20:10 | EDIT
ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫) ユージン・スレッジ (著)

ペリリュー・沖縄戦記

「戦争は野蛮で、下劣で、恐るべき無駄である」。硫黄島に匹敵する損害率を記録した一九四四年秋のペリリュー島攻略戦、そして四五年春の沖縄上陸戦。二つの最激戦地でアメリカ海兵隊の一兵歩が体験した「栄光ある戦争」の現実とは?敵味方を問わずおびただしい生命を奪い、人間性を破壊する戦争の悲惨を克明かつ赤裸々に綴る、最前線からの証言。

スレッジ,ユージン・B.
1923年米国アラバマ州モービル市生まれ。42年に海兵隊入隊。第2次世界大戦に歩兵として従軍。戦後はアラバマ州モンテヴァロ大学で生物学教授。専門は鳥類学。2001年没。



艦長です。この本は再読です。
いや、今後も読むでしょう。
とにかくね、読んでおきましょうよ。この本は。
赤裸々です。ここまで阿鼻叫喚の記述ができますかね。
斃される日本兵が悲しいです。
米軍に対する準備ができてないのが明白です。
過去にもエントリーがあります。
http://okitanejyusou.blog92.fc2.com/blog-entry-1682.html

でもね、再読してわかることがありますね。
悲しい日本兵ではありますが、米兵も容赦なく粉砕されています。
本土決戦があったとしたら、米兵の損害は100万でしょうね。
日本人は?おそらく半分は人口減らす事態かも。日本消滅。
北海道や東北の一部はソ連に取られたかも。
とにかく一読してほしい。



このエピソードをもとに撮影されたドラマ。「ザ・パシフィック」の一部から。





ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング