FC2ブログ

バックナンバー

[ 2019.03.19 ] 悲しき戦記 伊藤桂一

2019.03.19 19:39 | EDIT
悲しき戦記 (光人社NF文庫) 伊藤桂一 (著)

悲しき戦記 伊藤桂一

軍隊の最下層に身をおいた名もなき兵隊たちは、何を思い、願い、そしていかに戦い、死んでいったのか。全五十七篇で構築された、悲しき兵隊たちの生と死を描く珠玉の最高傑作ドキュメンタリー。戦う兵士の人間的真実を、公平な視座で捉えることを信条にしてきた直木賞作家が戦場と兵隊をヴィヴィッドに伝える。

現代史への清冽なる挿話―実感溢れる証言の書。約七年に及ぶ自らの戦場体験から、また戦後ずっと戦記を書き続けてきた者として、清潔、純粋、摂生を旨に日子を過ごした一作家が描く兵隊の生と死。



艦長です。淡々と描写することに徹しています。
五十七話のほとんどが悲しい描写です。
負け戦なんですから、そうなりますよね。
救いのある物語はほとんどありません。
艦長の父親とほぼ同い年ですね、この著者は。
艦長の父親も招集されて大陸に行きました。
日産自動車に勤めていたんで、自動車部隊ですね。
戦闘部隊ではなかったんで、今の艦長があると思う。

この本は四半世紀くらい前に買って読んだと思います。
再読ですが、初めて読む感じですね。
「光人社NF文庫」は書架にいっぱいあります。
今後もいくつかは再読するでしょう。
お勧めの一冊です。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング