FC2ブログ
2018.11.20 19:36 | EDIT
大黒食品工業

ビック キャベツタンメン

大黒食品工業 ビック キャベツタンメン

スープ 風味豊かな野菜エキスにチキンエキスの旨みを加えた、
    さわやかタンメンスープ。
め ん さわやかタンメンスープと相性のよい、しこしこ細麺。
かやく 「たっぷりキャベツと・煎り胡麻・FDコーン・わかめ・人参」入り。



艦長です。お約束の味ですね。
エースコックの味ですね(*^_^*)







ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2018.11.19 13:48 | EDIT
JACK DANIEL'S & JIM BEAM

JACK DANIEL'S & JIM BEAM

ここ数日、晩酌はこれでした(*^_^*)
テネシーウィスキー「JACK DANIEL'S」
バーボンウィスキー「JIM BEAM」

どちらもストレートでね、やりました♪
旨かったっす!今宵はセブン系列で売っている
「SUNTORY WHISKEY PREMIUM」っすかねぇ~へへへへ



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2018.11.18 20:13 | EDIT
奇譚を売る店 (光文社文庫) 芦辺 拓 (著)

奇譚を売る店 芦辺 拓

「また買ってしまった」。何かに導かれたかのように古書店に入り、毎回、本を手にして店を出てしまう「私」。その古書との出会いによって「私」は目眩く悪夢へと引きずり込まれ、現実と虚構を行き来しながら、背筋を寒からしめる奇妙な体験をしていく…。古書蒐集に憑かれた人間の淫靡な愉悦と悲哀と業に迫り、幻想怪奇の魅力を横溢させた、全六編の悪魔的連作短編集!


艦長です。これも新刊で買いました♪
昭和レトロって感じっすね~
とにかくね、レトロなんですよ(*^_^*)
幻想的です。どぎついとは感じませんでしたが
まぁ~サラリと読めますね。
「また買ってしまった」で始まる六つのストーリー
なんかあやしいね、物語でした。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.11.17 15:21 | EDIT
世にも奇妙な君物語 (講談社文庫) 朝井リョウ (著)

世にも奇妙な君物語 朝井リョウ

今年二十五周年を迎えたテレビドラマ、「世にも奇妙な物語」の大ファンである、直木賞作家・朝井リョウ。映像化を夢見て、「世にも奇妙な物語」のために勝手に原作を書き下ろした短編、五編を収録。

いくら流行っているからといって、経済的にも精神的にも自立した大人が、なぜ一緒に住むのか(第1話「シェアハウさない」)。その人がどれだけ「リア充」であるかを評価する、「コミュニケーション能力促進法」が施行された世界。知子のもとに、一枚の葉書が届く(第2話「リア充裁判」)。親のクレームにより、幼稚園内で、立っている金次郎像が座っているものに変えられた!(第3話「立て!金次郎」)。…そしてすべての謎は、第5話「脇役バトルロワイアル」に集約される。



艦長です。新刊文庫で買いました(笑)
例の「世にも奇妙な物語」っすね~まさしく♪
確かにどの作品もオチが効いてますね。
一気に読破することをお薦めします。
ゾワゾワ~って背中に冷汗はかきませんがね(*^_^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.11.16 19:24 | EDIT
日清デカうま 濃厚コク旨醤油

日清デカうま 濃厚コク旨醤油

焼豚だれのコクがうまさの決め手!濃厚な豚の旨みとキレのある醤油スープに、焼豚だれのコクがうまさの決め手の醤油ラーメン。スープによく絡む中太ちぢれ麺は大盛り90gで食べ応えも抜群です。


艦長です。それほどしつこくなく(笑)
ボリュームもあってさ、旨かったですよ(*^_^*)
スープも全部ね、飲んじまいましたぁ~ケケケ








ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2018.11.15 19:44 | EDIT
月と蟹 (文春文庫) 道尾秀介 (著)

月と蟹 尾道秀介

直木賞受賞作。
あの夏、海辺の町で少年は大人になる涙を知った。

孤独な子ども達が始めた願い事遊びはやがて切実な思いを帯びた儀式めいたものに――深い余韻が残る少年小説の傑作。海辺の町に祖父と母と暮らす小学生の慎一。よそ者として、クラスになじめない慎一は唯一の友達・春也と、ヤドカリを「ヤドカミ」様という神様に見立てて遊ぶことをはじめる。最初は単なるごっこ遊びだったものが、偶然を重ね、次第に切実な願いをこめた儀式へと変わっていく。同じ年の少女・鳴海をまじえ、それぞれに親への複雑な思いを抱える三人の関係もゆらぎはじめる。少年少女たちは痛みを胸に秘めながらも、大人になっていく。少年時代の最後の日々を描く傑作小説。



艦長です。暗い作品です。最後まで暗かった・・・。
それにまわりくどいですよ内容が・・・。
イライラしましました。内容が読めるんで(笑)
しまいにはね、はしょって読み終えました(*^_^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.11.14 19:48 | EDIT
降臨 (光文社文庫) 明野照葉 (著)

降臨 明野照葉

ある朝、勤勉な主婦・文枝は何もしない女になっていた。家事一切はもちろん、パート仕事にも行かず、一日、家にいるだけ。文枝は、何もしなくてもいいという、神のお告げを受けたらしい。困った家族は、叔母の花枝に依頼し、文枝を預かってもらうのだが……。(表題作) 心の隙間に宿る闇が、人びとの日常を次第に蝕む恐怖を描く、連作小説!(『痛いひと』改題)

・パンドラの匣
・脳の傷に酒がしみる
・それだけは言わないで
・充実
・見つめてごらん
・伝染さないで
・降臨
・汝の隣人を愛すべし



艦長です。なかなかね、おもしろかったです♪
ラストの「汝の隣人を愛すべし」がちょっとね、どういうこと?
これでおしまいですか?え?って感じの本っす。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.11.13 13:02 | EDIT
裁判長!ここは懲役4年でどうすか (文春文庫) 北尾トロ (著)

裁判長!ここは懲役4年でどうすか 北尾トロ

ワイドショーも小説もぶっとぶほどリアルで面白いのがナマの裁判だ。しかもタダで誰でも傍聴できる。殺人、DV、詐欺、強姦…。突っ込みどころ満載の弁明や、外見からは想像できない性癖、傍聴席の女子高生にハッスルする裁判官。「こいつ、絶対やってるよ!」と心の中で叫びつつ足繁く通った傑作裁判傍聴記。


艦長です。少し前の本ですが古本屋さんでゲット♪
いやぁ~結構ね面白かったですよ!
傍聴が簡単にできるなんて、初めて知りました(*^_^*)
艦長は法学部法律学科出身なんすけど(笑)
裁判傍聴なんてさ、したとこなかったですから~あはは
興味がわきました!その手があったか!!!!
刑事訴訟法は結構真面目に勉強しましたよ。
ま、すっかり忘れましたけどね♪
使わなければ忘れるよね~微分積分因数分解なんて使ってる?
フツーさ、忘れちまうよねぇ~使わないとさ!ケケケ


BBS


ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.11.12 19:22 | EDIT
明星 チャルメラカップ ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎の香味醤油

明星 チャルメラ 鬼太郎の香味醤油


明星 チャルメラ 鬼太郎の香味醤油 その2

ゲゲゲの鬼太郎アニメ放映50周年記念!本商品のために全キャラを書き下ろしたオリジナルパッケージ!鬼太郎がチャルメラおじさんの服装をするなど面白要素を入れ込みました。


艦長です。
スープが結構ね、濃厚!
旨かったです!








ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2018.11.11 20:42 | EDIT



艦長です。全画面でご覧になることをお薦めします。
もはや今では、すごくCGらしい(笑)映像ですが、何年前からも繰り返し観てます。
超有名な紫電改ではありません。紫電です。
グラマンと同じ胴体の真ん中あたりから主翼がくっついています。
引き込み足の収納に複雑な構造を持っていたために故障が多かったと聞きます。
主翼の下にガンポットを設置してあるのも特徴的ですね。
さまざまな改良を経て紫電改となります。
このCGは好きで、何回も繰り返し観ています。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

FC2カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング