FC2ブログ

バックナンバー

2018.10.10 11:17 | EDIT
山怪 <参> 山人が語る不思議な話 (山と渓谷社) 田中康弘 (著)

山怪 参 山人が語る不思議な話

高度なテクノロジーが支配する現代に、原初的な恐怖を掘り起こし、新たなる遠野物語として社会現象になった「山怪」を体験せよ!山で働き暮らす人々が実際に遭遇した奇妙な体験の数々。ベストセラー『山怪』の第三弾が現る! 山岳、怪談、民俗学・・・・・・。領域を超えて拡散する「語り」の魔術。

<構成>
はじめに 山と人と怖いモノ

I 戸惑いの森
優しい狐と幻の椿/浮き上がる人 /魂との遭遇 /森へ消えた飛行兵 /ミミズ素麵と小さな人 /峠に立つ男 /死のサイン /入りたかった温泉 /見つけてください― 栗駒山 /不吉な笑い声 /何が光を見せるのか? /山で出会うモノ /子狐 /穴から出てくる人 /ワープする爺 /消えないテレビ /騒ぐ木々 /白神山地近辺 /謎の血痕 /消えた馬頭観音 /寂しがりやの魂 /火の玉を探す人たち /本州最北端の魂 /甘党の狐 /狐の警告/撃ってはいけない熊 /丑三つの少女 /ついてきた男 /案内する火の玉 /跳び出す婆 /〝羆撃ち〞久保俊治さんの体験

II 闇へ続く道
座敷わらしと山の神 /追いつけない鈴音 /片品村の出来事 /引き寄せられるバイク /案内される人 /唐辛子を持っていく訳 /見つけてください― 上野村 /切ってはいけない木と山中の太鼓 /狐狸の宴 /おにぎり婆 /月はどっちに出ている /バスに乗りたかったのは /首括りの木 /山音 /狐火いろいろ /五十年目の神隠し /謎のスキーヤー /一緒に来たのは /ささやく男/叫ぶ女 /赤い部屋 /夜の訪問者 /大蛇の森 /野焼きと火の玉 /動かすと死ぬ /尼さんの忠告/一向一揆の里

III 霊域の生活
火の玉ラッシュアワー /ツチノコの里 /追いかけてくるモノ /犬と百人一首 /不思議な相談/山から出られない人/行者の戦い /ノックは三回 /消えるテレビマン/奥山の女性/最後の昼飯 /神域の巨樹 /帰りたかったのは /狸話/魂虫/家に帰れない訳

おわりに― 山怪話



艦長です。この本も第3集ができました。奥シャマが速攻で買ってきました。艦長は東本州温泉ぐるり旅に出ていたんで(笑)帰ってきてから「1Q84」を読破してから読みふけりました!ゾワゾゾワって、するような話ではありませんが、あって不思議はないのかもしれません。繰り返しますが、艦長はちょっと前まで単独行で登山をしていましたが、不可思議なことにはあったことが今のところありません。幸運なのでしょうか?よくはわかりませんが、幸いだったと考えることにいたします。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング