FC2ブログ

バックナンバー

2018.07.01 20:43 | EDIT
マルちゃん 飯田商店醤油ラーメン

マルちゃん 飯田商店醤油ラーメン

■「らぁ麺屋 飯田商店」とは
 2010年3月に神奈川県足柄下郡湯河原町にオープン。比内地鶏・山水地鶏・名古屋コーチンと水のみを使用した鶏ダシに、香り高い醤油ダレを合わせた、芳醇でキレのある「醤油らぁ麺」が同店の看板メニューとなっています。「業界最高権威 TRYラーメン大賞2013-14/2016-17」の「名店部門 しょう油」でも1位に輝いており、3度目の受賞になります。

■商品概要
 この度の商品では、「らぁ麺屋 飯田商店」の看板メニューである「醤油らぁ麺」の味わいを目指しました。なめらかな細めの麺に、鶏の旨味と醤油の風味を利かせた、芳醇でキレのあるスープがマッチします。鶏油を利かせた別添の特製油を加え、まろやかな味わいに仕上げました。



艦長です。本日三つ目のエントリーでございます。
昼食で食べました!値段もそれなりに高かったですが・・・
切れのあるスープが旨い!
機会があったら是非ご賞味あれ(*^_^*)







ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



2018.07.01 13:21 | EDIT
午前零時―P.S.昨日の私へ (新潮文庫) 13人が競演

午前零時 新潮文庫

夜のバーで恋人を待ちながら、子どものころ近所の空き地で、インドの人混みをかき分けながら、あいつらから逃げ隠れた小さな部屋で、占い師が予言した運命の人を探しながら――それぞれが迎える、午前零時。13人の豪華競演による、夜の底から始まった、誰も知らない物語たち。P.S.昨日の私へ 今夜、人生は一瞬で変わってしまうと知りました。でも運命の夜は、まだ始まったばかり。
鈴木光司「ハンター」、坂東眞砂子「冷めたい手」、朱川湊人「夜、飛ぶもの」、恩田陸「卒業」、貫井徳郎「分相応」、高野和明「ゼロ」、岩井志麻子「死神に名を贈られる午前零時」、近藤史恵「箱の部屋」、馳星周「午前零時のサラ」、浅暮三文「悪魔の背中」、桜庭一樹「1、2、3、悠久!」、仁木英之「ラッキーストリング」、石田衣良「真夜中の一秒後」の13篇が収められている。



艦長です。本日二つ目のエントリーです。
この本も湯治車中泊のときに持って行きました。
ミステリーです。どの作品も「午前零時」があります。
意味がわからないものもありましたが(笑)おおむね楽しく読めました。
初夏の夕暮れ時にはもってこい!っすね(*^_^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.07.01 08:33 | EDIT
極楽カンパニー (集英社文庫) 原 宏一 (著)

極楽カンパニー 原 宏一

定年後、暇をもてあまして図書館通いをしていた須河内賢三は、同じ境遇の桐峰と出会った。会社勤めの思い出話で意気投合した二人のオヤジは「会社ごっこ」をしようと思いつく。駅前の喫茶店をオフィスに見立てて、「出勤」する毎日が始まった。やがて、会社ごっこは定年世代の男たちの熱い支持を得て、全国に拡大していく…。働くことの意味を独自のユーモアとペーソスで描く長編小説。


艦長です。この本も湯治車中泊のお供で(笑)持って行きました。
定年後、どう生きるかの話ですね♪
まぁ~暇なことは暇なんで(笑)しかしながら、気合いを入れなくてもね~
って艦長はそう思いますよ。
艦長は清々してますがね。仕事は、まっぴらです(*^_^*)
だいぶ前に鬼籍に入ったオヤジから
「食いぶちの算段があるんだったら早めに仕事辞めて好きなことして生きろ」
そのように言われました。今はまだ、年金が満額もらえる年齢ではありませんが
湯治車中泊で精神的にすこぶる安定して生活できています♪

この小説の主人公のような生き方はもうね、結構ですね。
明日の暮らしが不安定にならない限りは温泉に浸かって生きていきます。
本としては面白い読み物でした。お薦めの一冊です。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング