FC2ブログ
2017.02.28 16:19 | EDIT
TOPVALU ちゃんぽん 海鮮と野菜のうまみ

TOPVALU ちゃんぽん 海鮮と野菜のうまみ


チャンポンの太麺で、具が多い!
100円未満でこれは買いです!
うまいっす♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



2017.02.28 16:06 | EDIT
靴の話 大岡昇平戦争小説集 (集英社文庫) 大岡 昇平 (著)

靴の話

太平洋戦争中、フィリピンの山中でアメリカ兵を目前にした私が「射たなかった」のはなぜだったのか。自らの体験を精緻で徹底的な自己検証で追う『捉まるまで』。死んだ戦友の靴をはかざるをえない事実を見すえる表題作『靴の話』など6編を収録。戦争の中での個人とは何か。戦場における人間の可能性を問う戦争小説集。


艦長です。最近は以前に読んだ本を再読しています。
この本もブログを始めるはるか前に読んだものです。
この著者の文体はなかなか分かりづらい部分もありますが
非常に興味深い内容であります。
負け戦の中の状況が正確に表現されているようです。
されているようですとは、艦長が実際そのような状況に
なったことがないからで、たぶんそうなんだろうって・・
なんとなく、これまでの人生経験で考えるのであります。
お勧めの一冊です。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2017.02.27 20:03 | EDIT
『永遠の0』第1夜~第3夜(TV Ver )

永遠の0 テレビ東京バージョン

ユーチューブで掲載されていたので見てしまいました!
長い物語でした・・・・・
もうね、泣くしかないね・・・・
削除されるだろうから興味のある人は早めに鑑賞~
声が聞こえない場面や画像が粗いところや
声と映像がずれていたりして不具合個所もあるけど
今回も見てよかったと心底思いましたぜ!

映像はここから



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2017.02.26 14:39 | EDIT
マルちゃん正麺 カップ 芳醇こく醤油

マルちゃん正麺 カップ 芳醇こく醤油

艦長です。ローソンで買ってきました(笑)
強烈なインパクトはありませんが、麺は生麺のようでした。
歯ごたえありましたね。
スープは可もなく不可もなくという感じ~
具はまずまずでした。
全体的にさっぱりとしていて、後で喉が渇くこともありませんでしたな~






ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

2017.02.25 12:39 | EDIT
望遠ニッポン見聞録 (幻冬舎文庫) ヤマザキ マリ (著)

望遠ニッポン見聞録

中国大陸の東の海上1500マイルに浮かぶ、小さな島国――ニッポン。そこは、巨乳とアイドルをこよなく愛し、世界一お尻を清潔に保ち、とにかく争いが嫌いで我慢強い、幸せな民が暮らす国だった。海外生活歴十数年の著者が、近くて遠い故郷を、溢れんばかりの愛と驚くべき冷静さでツッコミまくる、目からウロコの新ニッポン論。アッパレ、ニッポン!


艦長です。奥シャマが買ってきたんで読ませてもらいました♪
テルマエロマエの作者ですね。映画も見ましたよ(*^_^*)
これは文化論ですね。非常に共感を覚えました。
読んで損はありません!お勧めの一冊です!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2017.02.24 13:28 | EDIT
日清 麺ニッポン 喜多方ラーメン

日清 麺ニッポン 喜多方ラーメン

「日清麺ニッポン 喜多方ラーメン」は、喜多方ラーメンの最大の特徴であるもっちりとした平打ちの縮れ麺を "生めん風ノンフライ麺" で再現し、すっきりと透き通ったとんこつベースの醤油スープにあわせました。会津17市町村の観光情報を発信する「極上の会津プロジェクト協議会」からお墨付きをいただいた、地元が認める一品です。パッケージには "蔵の街" 喜多方の蔵をモチーフとしたデザインと、会津地域の観光PRキャラクター「あかべぇ*3」をあしらいました。


艦長です。「全国3大ラーメン」とは
北海道の札幌ラーメン・福島県の喜多方ラーメン・福岡県の博多ラーメン
だそうで、福島のカップ麺で喜多方ラーメンにチャレンジですな(*^_^*)
過去のエントリーで
サッポロ一番 旅麺 会津・喜多方魚介醤油ラーメン
を紹介しましたが、今回のラーメンは値段が高いだけあって
麺がしっかりしていました!スープはとんこつで魚介ではありませんが
これはこれでおいしかったです。さっぱりしてますよ♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2017.02.23 21:00 | EDIT
東京ローズ 戦時謀略放送の花 (中公文庫) 上坂 冬子 (著)

東京ローズ

第二次大戦中、NHKの米軍前線向け謀略宣伝放送「ゼロ・アワー」のアナウンサーだった東京ローズは、戦後、反逆罪で逮捕され懲役刑を科せられた。大統領特赦によって市民権を回復したのは、二十八年後の一九七七年であった。参謀本部宣伝主任、番組責任者、UP記者等、当時の関係者を訪ね歩いて事件の複雑な真相を追い、戦争に翻弄された日系米国人女性とその周辺の人びとの深い傷跡を探る。


艦長です。ブログ開始以前に買った本の再読ですが・・
内容はすっかり忘れていましたので初めて知ることが多かった(笑)
しかしながら、この著者の行動力は素晴らしいものがありますね。
この事件の裏側にはいろいろなドラマがあったんだと思いました。
とにかく、読んで損はありません。お勧めの一冊です。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2017.02.23 20:38 | EDIT
日清のどん兵衛 豚ねぎそば

どん兵衛 豚ねぎそば

まっすぐですすりごこちの良いそばと、ジューシーな豚の旨みが利いただしが旨い液体つゆが特徴の豚ねぎそばです。


艦長です。味は普通のどん兵衛のそばと変化はないような(笑)
しかし、普通でもおいしいですよね♪安心のお約束の味~
豚肉を探したけど・・小さいのがありましたぜ!





ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2017.02.22 16:01 | EDIT
硫黄島いまだ玉砕せず (文春文庫) 上坂 冬子 (著)

硫黄島いまだ玉砕せず

大東亜戦争末期、日米双方四万人を越える死傷者を出した硫黄島。終戦から七年目、観音像を片手に島に降り立つ一人の僧がいた。彼の名は和智恒蔵、元硫黄島警備隊司令である。彼は戦闘直前に本土に帰還し玉砕を免れていた。島に渡った彼が見たものは、髑髏部分を米兵に持ち去られたかつての部下の姿だった…。亡くなった兵の鎮魂と髑髏返還を求め、占領国相手に交渉を続けた“執念の人”の半生を描く。


艦長です。以前買ったもので再読のはずなんでが・・
初めて読むのかもしれません(笑)
以前、TVニュースかTV番組で観たような気もします。
いつも思うに、アメリカ人気質というのですかね・・
良い意味で「お人よしにも程がある!」って思いますね。
占領軍がソ連ではなかったことが日本の救いですよ。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2017.02.21 16:25 | EDIT
チキンラーメンどんぶり チキンのアヒージョ風

チキンラーメンどんぶり チキンのアヒージョ風

ガーリックオイルの香りにチキンが良く合う!アヒージョ仕立ての「チキンラーメンどんぶり」は、スープをガーリックの効いた別添オイルをかけて仕上げます。具材には食べ応えのあるチキンや、彩り豊かなキャベツやコーンを使用しています。


艦長です。チキンラーメンは美味いんですが(笑)
なんだか、普通のチキンラーメンとほとんど違わないような感じ~
ま、お約束のお味で安心して食べられますけどね(*^_^*)あはは


↓よくわからないけど(笑)ユーチューブにありました。




ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 | HOME |  Next Page »

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング