FC2ブログ

バックナンバー

2016.12.28 20:43 | EDIT
わたしが・棄てた・女 (講談社文庫) 遠藤 周作 (著)

わたしが・棄てた・女

2度目のデイトの時、裏通りの連込旅館で体を奪われたミツは、その後その青年に誘われることもなかった。青年が他の女性に熱を上げ、いよいよ結婚が近づいた頃、ミツの体に変調が起こった。癩の症状である。……冷酷な運命に弄ばれながらも、崇高な愛に生きる無知な田舎娘の短い生涯を、斬新な手法で描く。


艦長です。大学1年生の時に読みました。読む本が切れたので蔵書の片隅で眠っていた本を何気なく引っ張り出して再び読んでみました。有名な内容なんであえて詳しくは語りませんが。

昔のことが、艦長のことですが、その頃のことが胸に迫ってきました。再び開けてしまった心の苦しみとでもいうか・・・あのころに無理やりというか、胸をつかまれて叩きつけられるというか・・なんかこうね、考えさせられました。あのころの衝撃が再び蘇るというか・・

森田ミツの最期の言葉 「さいなら、吉岡さん。」
きっと今夜は、この言葉を思い出して眠れないでしょう・・・

読んでいた艦長の本の近くにぽたりと雨漏りのようなしずくがたれました・・・
それが艦長が流した涙だったと艦長自身が気づいた・・この事実には少々驚きました。
読んでいない人は読んでみてください。「神の痕跡」がここにはあります。



スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2016.12.28 20:20 | EDIT
湯たんぽを背負う兵曹?

なんとなくね、体重が減ってるような感じを受けます。
明日は野戦病院護送~
柔糞をして尻が汚れたので洗ってもらう予定~
週一回の通院~いろいろ大変です~あははは(泣)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング