FC2ブログ
2014.12.21 15:35 | EDIT
湯快爽快 田谷店

湯快爽快 田谷店

神奈川県横浜市栄区田谷町146-3

今日も奥シャマと、温泉レッツゴーです♪
いつも行ってる「茅ヶ崎店」ではなくここに行ってみました。
リニューアルしたって聞いたから~確かにきれいで風呂は清潔でした。
リニューアル前を知っていませんので(笑)ま、きれいでしたよ♪

温泉は地下深くから湧き出る褐色の源泉「ナトリウム-炭酸水素塩温泉」だそうで
本当に湯は黒に近い褐色で、透明度ゼロでした。湯温が39度くらいの露天風呂で
ゆっくり堪能できました。それに風呂がやたら広かったですね~
そして「医療用高濃度炭酸泉」があって、風呂が小ぶりのため、人がいっぱいで
なかなか入れなかったんですが、根性で入ってきました。もっと広いと良いな!
塩サウナは洞窟のようななかで湯気で視界が効かず、ちょっとあわてましたが
これも根性で入ってきました♪
ここは・・・日曜日のためか?お客さんでいっぱいでしたね~~~



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

Category: 温泉
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2014.12.20 16:16 | EDIT
相模・下九沢温泉 湯楽(ゆら)の里 神奈川県相模原市のスーパー銭湯

相模・下九沢温泉 湯楽(ゆら)の里
©湯楽の里 この写真はお店のホームページからお借りしました。

相模原市緑区下九沢2385-1
「アルカリ性単純温泉」 カメラを忘れたので、HPから借用でございます。

艦長です。天気が良くなかったんですが・・奥シャマと一緒にレッツゴー♪
施設は新しく非常に清潔感あふれるところでした。珍しくのぼせました(笑)
源泉かけ流しの露天風呂は屋根がなかったんで、雨だとちょっときついかな?
割と客も少なくてね、のんびりできました。
風呂からあがって昼食の「うどん」を食べたんですがね、これが良い味だしてましたぜ!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 温泉
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2014.12.18 19:59 | EDIT
平成26年度版 新型ワラジ

新しいスタイルのワラジです!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑
2014.12.16 21:17 | EDIT
告白 (双葉文庫) 湊 かなえ (著)

告白 湊 かなえ

「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラー。


艦長です。いやぁ~一気に読めますね!引き込まれます!
一気に読めないので(笑)少しずつ読むしかないですが・・・・
それにしても面白かったです♪
この作者の本がいろいろあるようなんで、楽しみです。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(-) | PageTop↑
2014.12.15 20:22 | EDIT
やる気なし兵曹

「せんきょ?」うまいのかえ?
もうね・・・どうでもいいsっす!極楽すぎてやる気モードゼロっす♪

ってー、兵曹さんがつぶやいていました(笑)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2014.12.14 15:20 | EDIT
出腹兵曹

見事な出腹であります!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑
2014.12.13 11:33 | EDIT
フューリー (角川文庫) デヴィッド・エアー (著) 伊藤 正治 (編訳)

文庫本 フューリー

1945年4月のドイツ。ある朝、ウォーダディー率いる戦車“フューリー”は激しい戦闘から1輛だけ生還を果たす。ウォーダディーたちが仲間の死を悼む間もなく補充されてきたのは、入隊わずか8週間の新兵ノーマンだった。再び出動を命じられた“フューリー”とともに5人のクルーたちの長い一日が始まる。そこに独軍の精鋭部隊300人が現れ……。全滅必至の任務を前にウォーダディーが下した決断とは…!?戦争の苛烈な現実をあぶり出す感動の大型戦争映画、小説版。


艦長です。大変読みやすかったですね~。先に映画を見たので、読むと情景がすぐわいて出てきて、もう一回映画を観たような錯覚に陥りました。小説版の方がやはり、内容が詳しいですね。ちょっとだけだけどね♪日本軍戦車には無敵に近かったシャーマン戦車だけど、タイガーには苦労しただろうって言うのが良くわかります。主砲の大きさも装甲の厚さもすべて劣ってるんですから・・・救いはスピードだけね。そのスピードを武器にタイガー1両に対してシャーマン4両で対抗!3両撃破され最後に残ったフューリーが決死のスピード作戦敢行!!!是非、映画を観てください♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2014.12.12 20:23 | EDIT
弘兼憲史自選傑作集 黄昏流星群 ベスト オブ ベスト 1~3(小学館)

黄昏流星群

黄昏時にだって、激しく輝く“人生”がある。辛酸、甘美、哀愁と豊饒…人生の長い時を経たからこそわかる恋がある、愛がある。人間、いくつになっても、心を激しく揺さぶるような瞬間を待っている。作者・弘兼憲史自らが、選びに選んだ人間ドラマの傑作タイトルを集めた全3巻。永久保存版!
第1集収録作品:鎌倉星座、星の王女様、星界哀歌、ソドムの星、京都星宿

人生も半ばを過ぎて、尚、消えることのない“恋の種火”……。燻ったままでいるその火が、ある時燃え上がることだってある。年齢を重ねたからこそ、苦く深い味わいのドラマが生まれる。
第2集収録作品:星のレストラン、笑う星るすマン、七夕七年会、星を追いかけて

“恋愛”は若者のみに許された特権ではない。仕事、家庭、老い……人生の長い時間が、人それぞれに様々な事柄を纏わりつかせる。取り返しのつかない年齢になったからこそ生まれる
“切実な”恋愛ドラマがここにある!
第3集収録作品:流星美人劇場、星の交差点、煮星メンのかほり、萬代星の女、聖夜の星



艦長です。
職場の山○バカオがね(笑)読め読め!ってーね、貸してくれました♪
彼氏いわく、燃えるような恋がしたと!!!
アホな奴って、思ってね、読み始めましたが・・・・
う~ん、これは凄い!って、思いましたぜ!
黄昏世代の方々は是非ね!読んでもらいたい♪
とにかくね、じわーってね、きますよ!間違いなくね!
山○バカオはどこに行ってしまうんだろうかってね、艦長は・・・
ちょっと心配しました(笑)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2014.12.11 20:10 | EDIT
おやじネコは縞模様 (文春文庫) 群 ようこ(著)

おやじネコは縞模様

いつもおなかをすかせてやってくる外ネコしまちゃん。キャットフードのおすそ分けをすると、もっとネコ好きの隣家で高級卵や刺身などをもらい、(あんたんちとは、待遇がちがうっす)といっているかのような目つき。そのしまちゃんが病気になり――しまちゃん騒動記の他、木彫りのクマはなぜどの家にもあったのか? 繰り返し襲い来る蚊との戦いなどなど、犬・ハツカネズミ・サルまで登場する、群版ご近所動物エッセイ。


艦長です。あっという間に読み込める素敵な本です♪
イラストの「しまちゃん」良い味だしてますよ~
艦長の家の周りにも外ネコいるっす!
けなげだよね~なんだかね、なんだかね、癒される本でした.



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2014.12.10 20:26 | EDIT
背中熱くてやけど注意!その3

背中が熱くなりゃぁ、反転!今度は腹ぢゃ♪


ってー、兵曹さんが雄たけびあげてました(笑)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング