FC2ブログ

バックナンバー

[ 2014.04.05 ] 軍師の境遇

2014.04.05 17:10 | EDIT
軍師の境遇 (河出文庫) 松本 清張 (著)

軍師の境遇

「信長様のなくなられた今、あなた様の御運が開けたのでございます。」中国大返しの前に、黒田官兵衛が発した言葉は、かえって秀吉にその野心を疑われることになった。秀吉に信頼を置かれるもその卓越した才智ゆえに警戒と疑惑が身にふりかかってくる名軍師・官兵衛の皮肉な運命を描いた清張異色の名著。 二〇一四年大河ドラマ「軍師官兵衛」の世界。


艦長です。久しぶりに本を読みました。ルビがたくさんふってありますので(笑)あっという間に読み終わりました。大河ドラマも毎週欠かさず観てます。面白いですねぇ~。「黒田官兵衛」のことはまったく興味がなくて、竹中半兵衛と混同してる場合がありました!あははは!テレビドラマでの小寺政職(官兵衛の主)の日和見がこの小説ではさらに磨きがかかっていて(笑)サイテーの男として輝いています!お勧めの一冊です。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング