FC2ブログ

バックナンバー

[ 2013.05.31 ] 痩せた?

[ 2013.05.30 ] 藍より青く 本田路津子

[ 2013.05.29 ] 兵曹!潜望鏡深度まで浮上か!?

[ 2013.05.28 ] 野戦病院

[ 2013.05.27 ] 電気ブラン

[ 2013.05.26 ] 9月が永遠に続けば

[ 2013.05.25 ] やぁ~♪ 元気~

[ 2013.05.24 ] 戦闘機という名のビール♪

[ 2013.05.23 ] 時には母のない子のように

[ 2013.05.21 ] あきれ果てる記事っすな!

»次のページ

2013.05.31 21:10 | EDIT
痩せた?

ちょっと痩せたかも・・・しかしながら、
軍医処方の高級薬が劇的に?効いた?
チモシーやペレットも少しだけ食べ始めたご様子♪

カクカクはしなくなったけど、ま、ご老体なんでね、よしとしましょう♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.05.30 21:15 | EDIT



NHK朝のドラマ「藍より青く」の主題歌です。知ってますか?

ウィキペディアより
1972年4月3日から翌1973年3月31日にかけて1年間放送された。
太平洋戦争末期から敗戦後にかけての、熊本県天草を舞台にしている。ヒロインの真紀は、厳格な校長である父に反対されながらも網元の息子周一と結婚するが、長男が生まれる前に夫は出征、そのまま帰らぬ人となる。周囲に支えられながら、真紀は戦争未亡人同士で商売を始め何事にも負けず強く明るく、中華料理店を経営するまでを描いた。NHKのアーカイブには、第1回しか残されていない。当時、家庭用ビデオデッキは存在したが、テープの経年劣化も考えると、視聴者が録画して現在まで保存している可能性は低く、放送映像が民間から発見される可能性はほとんどない。そのため全話の再放送および全話収録の完全版映像ソフトの製作・発売は困難である。
平均視聴率は47.3%、最高視聴率は53.3%であった。



この曲が印象的です。艦長は見てました。胸がつぶれる思いでしたね。思い出します。



コジタ兵曹は、上向きです!
金は再び飛んで行きましたが・・・ま、仕方がないですね。





ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪

2013.05.29 20:00 | EDIT
潜望鏡深度まで浮上か!?

高い薬代払ったから?効いたか(笑)

糞も丸くなり、食欲も徐々に復活♪

明日は、再び、野戦病院だけどね~いやはや・・・



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.05.28 20:43 | EDIT
傷心の兵曹

ここのとろの食欲不振で、●ンコも少なく、痩せてきたので
今日、奥シャマが野戦病院に護送・・・
軍医の見立てでは、盲腸付近でガスが溜まり、おまけに口内炎!
痛み止めの点滴投与・・・
薬もドッサリ!いただいてまいりました!

コジタ兵曹はすっかり人間不信になってしまって、兵舎の中に
ひきこもっております~

木曜日に再度野戦病院に行ってレントゲンだってさ!
ペレット食べなくなって、野菜もハキハキ食べず・・・
なんだかなぁ~って思ってましたが・・・
ガスを出す薬などをシリンジ(注射器の針がない部分)で口の中に投与!
当然、艦長がこ奴を、はがいじめ!

3万円弱、札が飛んで行ったようです(号泣!)
まぁ~この兵隊には丸9年で、ウン10万円つぎ込んでます(号泣!)
保険、ないからねぇ~ 5000円でこのウサギ買ってきたんだけど・・・
あははははは(泣)ま、復活を待ってますぜ!




ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.05.27 20:27 | EDIT
電気ブラン

デンキブランとは 神谷バー
http://www.kamiya-bar.com/denkibran.html

電気がめずらしい明治の頃、目新しいものというと"電気○○○"などと呼ばれ、舶来のハイカラ品と人々の関心を集めていました。さらにデンキブランはたいそう強いお酒で、当時はアルコール45度。それがまた電気とイメージがダブって、この名がぴったりだったのです。
デンキブランのブランはカクテルのベースになっているブランデーのブラン。そのほかジン、ワインキュラソー、薬草などがブレンドされています。しかしその分量だけは未だもって秘伝になっています。
あたたかみのある琥珀色、ほんのりとした甘味が当時からたいへんな人気でした。ちなみに現在のデンキブランはアルコール30度、電氣ブラン<オールド>は40度です。
大正時代は、浅草六区(ロック)で活動写真を見終わるとその興奮を胸に一杯十銭のデンキブランを一杯、二杯。それが庶民にとっては最高の楽しみでした。もちろん、今も神谷バーは下町の社交場。仕事帰りの人々が三々五々、なかには若い女性グループも、小さなグラス片手に笑い、喋り、一日の終わりを心ゆくまで楽しんでいます。時の流れを越えた、じつになごやかな光景です。
明治・大正・昭和・平成、時代は移っても人の心に生き続けるデンキブラン。デンキブランは下町の人生模様そのものです。一口、また一口とグラスを傾けると、時がさかさに動いて、見知らぬ時の見知らぬ人に逢えそうな、そんな気がしてくるのです。



艦長です!ついに手に入れました!
炭酸水で割って、ハイボールで飲むとよいですよ♪
なんだかね、レトロなんですよ!40度ありますから、飲みすぎると
酩酊ですな(笑)




ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2013.05.26 12:28 | EDIT
9月が永遠に続けば (新潮文庫) 沼田 まほかる (著)

9月が永遠に続けば

高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか――。人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編。

ずーっと以前に古本屋さんで105円で買ってきて・・・
いろいろ忙しくて、いろいろあって・・放置してきましたが
ようやく読み終わりました。

なんだか、先が知りたくてさ、一気に読んでしまいましたが・・・
何が何だかわけがわかりませんでした(笑)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.05.25 17:06 | EDIT
やぁ!-1

ネコ様その1  散歩の途中で「パチリ!」



やぁ!-2

ネコ様その2  よ!元気~? 今日はさわやかな天気だったねぇ~(*^_^*)




ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 写真
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.05.24 21:22 | EDIT
スピットファイア1

Battle of Britain



スピットファイア2

スピットファイア!

きりりと、にがく、飲み口爽やか! 旨かった!



コジタ兵曹

カンチョがまた、週末で・・飲んだくれてたぜ!ケッ!



スピットファイアと言えば英国の救世主!美しい翼ですね~





ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪


2013.05.23 20:49 | EDIT




職場の「山○バカオ」のリクエスト。
艦長も母を亡くしました。

懐かしいですね。この歌。



2013.05.21 20:55 | EDIT
産経新聞の記事から拾い読みです。

韓国メディアの安倍晋三政権たたきがやまない。飯島勲内閣官房参与の訪朝を「国際社会との足並みを乱した」と非難。安倍首相が背番号「96」の野球のユニホームを着たり、機体番号「731」の自衛隊練習機に試乗したりしたことも憲法改正論や旧日本軍部隊とからめて「右傾化の証拠だ」とあげつらった。もはや難癖としかいえないが、円安で逼迫(ひっぱく)する自国経済や高支持率の安倍政権に比して不祥事続きの朴槿恵(パククネ)政権に対する焦りの裏返しともいえそうだ。


この番号で731部隊を連想するか?



これが96条で右傾化?

艦長です。機体番号が731部隊、背番号が96条・・・?
よっぽど記事がないんでしょうな~おめでたい連中です(笑)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 | HOME |  Next Page »

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング