FC2ブログ

バックナンバー

[ 2012.10.20 ] 軍曹と兵曹

[ 2012.10.19 ] 赤い月、廃駅の上に

[ 2012.10.18 ] 魚雷戦用意!

[ 2012.10.17 ] 前世の記憶

[ 2012.10.16 ] 兵曹ですか?

[ 2012.10.14 ] 緋(あか)い記憶

[ 2012.10.13 ] 沖縄離島で初の島嶼防衛訓練

[ 2012.10.12 ] 久しぶりのカワズ兵曹長

[ 2012.10.11 ] 私の骨

[ 2012.10.10 ] いいかげんにしろ!

前のページ«

»次のページ

2012.10.20 13:28 | EDIT
軍曹と兵曹

奥シャマが買ってきた「軍曹と兵曹」

ウサギと付き合って16年になりますねぇ~



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.10.19 20:10 | EDIT
赤い月、廃駅の上に (角川文庫) 有栖川 有栖 (著)

赤い月、廃駅の上に

廃線跡、捨てられた駅舎。赤い月が昇る夜、何かが起きる―。17歳の不登校の少年が一人旅で訪れた町はずれの廃駅。ライターの男と待合室で一夜を明かすことになるが、深夜、来るはずのない列車が不気味な何かを乗せて到着し…。(『赤い月、廃駅の上に』)温泉地へ向かう一見普通の列車。だが、梢子は車内で会うはずのない懐かしい人々に再会する。その恐ろしい意味とは。(『黒い車掌』)鉄道が垣間見せる異界の姿。著者新境地のテツ怪談。


艦長です・・・。ゾワゾワする鉄道を題材にした怪談・・おすすめです・・・



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.10.18 20:19 | EDIT
射程に入った!

魚雷の射程に入った!

いつでも呼んでくれ!尖閣に!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(5) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.10.17 19:50 | EDIT
前世の記憶 (文春文庫) 高橋 克彦 (著)

前世の記憶

慢性的な頭痛に悩まされ、催眠療法を受けた男に甦る、存在するはずのない記憶。遠足のリュックサックの中のバナナ、土盛りのダム、見覚えのない同級生たち、そして場所は暮らしたこともない岩手県盛岡…。それは前世の記憶なのか?表題作など八篇。直木賞受賞の『緋い記憶』に続く、「記憶シリーズ」第二弾。


艦長です。第二弾もゾワゾワします~・・・第三弾があるようで、本屋を探してるんですが・・・
なかなかないので、Amazonかなぁ~



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.10.16 20:09 | EDIT
兵曹? へぇ~~~そう(笑)

Aさん
>あれはコジタ兵曹?


Bさん
>そうかもね~そうでしょう?艦長殿?

>沖田根艦長
へぇ~~~そう♪
ってことで(笑)コジタ兵曹でしょう~(*^。^*) お粗末さまでした♪ケケケ!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.10.14 15:21 | EDIT
緋(あか)い記憶 (文春文庫) 高橋 克彦 (著)

緋(あか)い記憶

思い出の家が見つからない……。故郷を久しぶりに訪ねた主人公の隠された過去が次第に明らかにされていく。表題作他傑作短篇七話。


艦長です。シリーズものになっている本で、第一弾のものですね。直木賞受賞作だそうです。
ぞわぞわと・・背中が・・・怖いお話です。好きですねぇ~こういうの!
しばらく、くせになりそうです!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.10.13 16:18 | EDIT
島嶼防衛訓練

産経新聞 引用 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121013/plc12101308410007-n1.htm

沖縄離島で初の島嶼防衛訓練 自衛隊と米軍が来月 2012.10.13 08:38

 日米両政府は12日、来月の日米共同統合演習(実動演習)で、沖縄県の無人島を使い自衛隊と米軍の島嶼(とうしょ)防衛訓練を行う方針を固めた。事実上の離島奪還訓練で、国内の離島での共同奪還訓練は初めて。中国による離島侵攻の脅威が高まる中、事態が起きる危険性の高い沖縄での訓練が不可欠と判断した。訓練を通じ日米共同対処能力を高め、沖縄県・尖閣諸島をめぐり高圧姿勢を強めている中国を牽制(けんせい)する狙いがある。

 共同統合演習は11月上旬から中旬にかけ、九州・南西方面を中心に全国各地で実施する。日本側は陸海空3自衛隊、米側は陸海空軍と海兵隊が参加。主要な訓練は(1)島嶼防衛を含む海上・航空作戦(2)弾道ミサイル対処(3)統合輸送-になる見込みで、部隊や艦艇、航空機が各基地と海空域に展開する。

 島嶼防衛訓練は沖縄県渡名喜村の入砂島で行う。那覇の西北約60キロにある無人島で、米軍は島を「出砂島(いですなじま)射爆撃場」と呼称し、戦闘機やヘリコプターによる爆弾投下訓練などに使っている。訓練では島嶼防衛の中核である陸自西部方面普通科連隊(長崎)と、在沖縄の主力戦闘部隊の第31海兵遠征部隊(31MEU)が中心になる。

 島が敵に占拠されたとのシナリオで、洋上からボートに分乗し、上陸作戦や敵部隊襲撃などを訓練する。

 陸自と米海兵隊は9月、米グアム島やテニアン島で離島奪還訓練を実施。島を使った共同訓練はそれが初めてだったが、今回は舞台を沖縄に移し、尖閣や先島諸島での事態を念頭に部隊の展開方法も確認する。

 防衛省は訓練にあたり「特定の国や島を想定していない」と強調することにしているが、中国の反発が予想される。尖閣の国有化をめぐり日中間の対立も先鋭化したため、防衛省は野田佳彦首相の判断を仰ぐ異例の措置をとった。首相は最終的に島嶼防衛訓練を含め演習内容を了承した。

 ただ、島嶼防衛訓練の実施には慎重論があり、訓練を非公開とすることも検討しているが、ある政府高官は「脅威に即した常識的な訓練として淡々と公開すべきだ」と指摘している。




艦長です!準備は怠りなくお願いしますよ!

しかしさ、【防衛省は訓練にあたり「特定の国や島を想定していない」と強調することにしている】って何?

中国に決まってるべよ!詭弁を弄するな!はっきりと言ってやれっ!つーの!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2012.10.12 19:48 | EDIT
久しぶりのカワズ兵曹長

今朝、ベランダにいました!

カワズ兵曹長!お達者で!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2012.10.11 20:07 | EDIT
私の骨 (角川ホラー文庫) 高橋 克彦 (著)

私の骨

実家の床下から偶然見つかった古びた骨壷には、なぜか私の生年月日が記されていた…旧家に残る恐るべき因習と哀しいまでの親心を描いた表題作をはじめ、心理の奥底に潜む恐怖を通して人間の本質に迫る傑作ホラー短編集。


艦長です~。いやぁ~ぞぞ!って感じで、読み応えありました。
お勧めです。中古本でしたが、買ってよかった!って・・思ってたら
家に昔奥シャマが買った同じ本がありました・・・なんだかなぁ~あははは。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.10.10 20:07 | EDIT
暗視カメラ?

レンズが明るいので(笑)暗くても結構ね、写るのですが~
ブレましたね~あははは(*^。^*)
いいかげんにしろ!ってー兵曹が申しておりました♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(-) | PageTop↑

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング