FC2ブログ

バックナンバー

[ 2012.08.11 ] されどわれらが日々―

2012.08.11 21:08 | EDIT
されどわれらが日々― (文春文庫) 柴田 翔 (著)

されどわれらが日々―

1955年、共産党第6回全国協議会の決定で山村工作隊は解体されることとなった。私たちはいったい何を信じたらいいのだろうか―「六全協」のあとの虚無感の漂う時代の中で、出会い、別れ、闘争、裏切り、死を経験しながらも懸命に生きる男女を描き、60~70年代の若者のバイブルとなった青春文学の傑作。


大学生になった頃かもしくは高校生のころかに読みましたが、当時はサッパリわかりませんでした。
「六全協」が何なのかも知らなかったのですから当然ですね。
今再び読み返すと、まぁ~なんとなくわかるような気配はあります。
また、20年後くらいに読み返すと良いかもしれないって勝手に思っていますが・・。
しょっぱなから、文中にある「私たちのすることで、時間潰し以外のことがあるだろうか」
は、思いっきり頭を殴られるような投げかけですね。確かにそうなのかもと思う部分はありますから。



スポンサーサイト



Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング