FC2ブログ

バックナンバー

[ 2012.03.13 ] 君が代・日の丸 考察

2012.03.13 21:39 | EDIT
大阪ではいろいろなことがあるそうですね。

艦長のスタンスは明確です。
この件については昔からコンテンツとしてはなくなりましたが
意見を発表してきました。
過去に閉じたブログで載せた意見をここにコピーしてみましょう。
校長が板ばさみにあって、命を絶った事件が過去にありました。
まだ、国旗・国歌の法律がなかった頃です。


「日の丸・君が代 について」

 卒業式でもめるとしたら、国旗、国歌の取り扱いでしょう。この扱いで、職員と県との意向の軋轢で自ら命を絶ってしまった校長がいました。なんということでしょうか!ご冥福を祈らずにいられません。実に悲しい出来事でした。

 私も国旗、国歌は有るのか無いのか宙ぶらりんのところの教育を経て今があります。大人になり、いろいろなことを自由に考えられる環境になるまでこれについて、考えを言わないようにしてきましたが、今は言えます。戦後教育を受けて育った人が世間の重要な地位につく時代です。日本は貿易立国です。輸出・輸入で成り立っていますね。みんなが否応無く日本を背負って世界に出ております。そうしなければ日本国は成り立たないからです。日の丸と、君が代は常にその人たちの周りでついて回っているのです。どこの会社も社旗と国旗は飾られているのは当然でしょう。そのもとで世界に出て行くのですから。戦後50数年そうでした。

 ただし、教育現場と日の丸・君が代に反対する政党は戦後ずーっと反対し続けました。教育現場は世界が違うのでしょうか?いろいろな価値観があって当然ですが、対案も無く反対し続けることは尋常ではありません。それがいかに尋常でないのかは次のように考えれば納得できるでしょう。

 あるクラスでクラスの旗を作って、文化祭で発表しようという提案があり、皆で旗の案作りをしました。それぞれの案が出て、一つの案にまとまりかけましたが、Aさんがどうしてもそれは嫌だと言って強固に反対しだしました。収拾がつかなくなり、先生はAさんに「それではどのようなものが良いのですか?何かよい案が有りますか?」と尋ねました。Aさんが無言なため、先生は「それでは明日、また、決めますのでもう一度皆さんでよい案があるかどうか考えましょう」と言って明日まで待つことにしました。次の日、クラスの時間でクラスの旗を決める話し合いが始まりました。先生はAさんに「あなたは一晩十分に代案について考えましたか?」と尋ねました。Aさんはただ、その案には反対ですと言いました。他の生徒から採決動議が出され、動議が通ったので採決に移り、クラスの旗はようやく決まりました。Aさんは困った顔をしていましたが。クラスの案件はここに終結したのです。

 社会党は政権に就いたらころっと日の丸・君が代のもとで首相を出しましたね。戦後60年近く対案も出さず反対一辺倒の考えはいかにも無責任であると考えます。結局、民主的な手続きを経て、国旗・国歌法案は可決しましたね。反対していた人たちは戦争が終わってから何をしてきたのでしょうか? 法案が成立したのは手続き的におかしいと言うのなら、裁判を通して確認の訴えをすればよいでしょうに。ただ反対では誰もついては来ないと思います。今からでも修正案を通すくらいの気構えで準備をしているのなら話はわかります。そういうお話をぜひ聞かせてもらえるとよいのですが。合法的に決定した国歌・国旗に賛同するか否かは人それぞれです。しかし、法律ができたのですからそれに沿って世の中が動いていくのは当然のことです。もし、私の主張に反論される方は、合理的かつ論理的な説明を試みてください。



艦長は思います。国旗は「日の丸」国歌は「君が代」
これ以上の選択肢がないのですから、当たり前のことです。
ただね、個人的には国歌は正直なところもっとわかりやすい曲の方が良かったなって思います。
艦長はこの曲が国歌だったら良かったなって思います。

「花と詩と音楽と」http://homepage3.nifty.com/TAD/

さくら
http://tad.music.coocan.jp/music-6/sakura.html



スポンサーサイト



 | HOME | 

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング