FC2ブログ

バックナンバー

[ 2011.01.31 ] 大根のへたを食す!

[ 2011.01.30 ] 兵隊やくざ

[ 2011.01.29 ] だから猫と暮らしたい

[ 2011.01.28 ] 突撃兵曹!ネコバス粉砕!

[ 2011.01.27 ] 楢山節考

[ 2011.01.26 ] シカトの兵曹

[ 2011.01.25 ] 草祭

[ 2011.01.24 ] ボトルネック

[ 2011.01.23 ] 今日も水菜の配給♪

[ 2011.01.22 ] 太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-

»次のページ

2011.01.31 20:08 | EDIT
大根のへた

今日は大根のへた・・・

まぁ~カンチョの家は貧しいからな・・・ま、食えなくはないけどよ・・



>艦長です。ヘ~ソウ~よ・・ありがたく食せよ(笑)


ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト



2011.01.30 17:59 | EDIT
兵隊やくざ

カンチョがひとりで陣地の周りをうろうろと・・・
うざすぎる!あっちへ行きやがれ!

こっち、見んなよ!



艦長です~・・今日はお留守番で、一日兵曹さんと過ごしましたぁ~
やくざのようなウサギさんで・・・愛想が無しです(泣)
明日からは久々にお仕事です。席あるかな?



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2011.01.29 20:34 | EDIT
だから猫と暮らしたい

だから猫と暮らしたい (講談社文庫) 宇都宮 直子 (著)

チンチラの子猫に一目惚れ。ペットショップで買ったものの、マンションは飼育禁止だ。それでも飼ってるうちに、かわいさは募る一方。愛猫シュガーの飛行機旅行にハラハラし、避妊手術の後遺症の心配では体重が二キロも減った―猫好きにはたまらない、楽しくて、「うん、わかるわかる」の日記風癒しのエッセイ。



艦長です。艦長の住んでる地域で移動図書館が定期的にやってきます。奥シャマがそこで借りた本ですが、読んでみました(笑) 動物好きの方にはお勧めです。思うに、ネコに比べるとウサギは飼育が楽な方だと思いますよ。艦長の経験ではね、ネコ以上に飼育が大変なのは「お犬様」だと思います。人間の赤ちゃんや子供なみに世話と愛情が必要と思います。まぁ~ペット全般に言えることはね、ペットは愛情がない環境では生きてはいけないと言うことです。これに尽きますね。


ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2011.01.28 19:38 | EDIT
ん?? なんだコリャァ?

突撃兵曹今日も行く!その1





突撃兵曹今日も行く!その2

ネコバス???ふざけんな!




突撃兵曹今日も行く!アニメーション

食らえ!我輩は無敵ぢゃ!




艦長です。ネコバスの筆入れ(ペンケース)をムスメッチ(艦長の娘のこと)がもらってきたのでさ、
置いといたらこの有様です(笑) 容赦がありませんな・・・妥協なし、ある意味立派です♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2011.01.27 20:20 | EDIT
楢山節考

楢山節考 (新潮文庫) 深沢 七郎 (著)

お姥捨てるか裏山へ、裏じゃ蟹でも這って来る。雪の楢山へ欣然と死に赴く老母おりんを、孝行息子辰平は胸のはりさける思いで背板に乗せて捨てにゆく。残酷であってもそれは貧しい部落の掟なのだ―因習に閉ざされた棄老伝説を、近代的な小説にまで昇華させた『楢山節考』。ほかに『月のアペニン山』『東京のプリンスたち』『白鳥の死』の3編を収める。



艦長です。有名な本ですがね、初めて買って読みました。とにかく「楢山節考」が逸品です。読んで良かったと思いました。後の2編はね、よくはわかりませんでしたけどね(笑) どろどろしたものではなくてね、スッカーンとあっけらかんでね、それでいて感銘を受けると言うか・・そんな感じですかね。お勧めです。

ノロの症状は徐々に良くなって来ていますが、下痢になるのが怖くてね・・食事を制限しています。激しい下痢でね・・・体重が2.5kgも減ってしまいました。詳しくは減量大作戦参照。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2011.01.26 16:11 | EDIT
シカトの兵曹

艦長はノロウィルスの弾に当たって沈没・・・・


こやつは尻を向けて、シカトしてますな(泣)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2011.01.25 18:26 | EDIT
草祭

草祭 [単行本] 恒川 光太郎 (著)

団地の奥から用水路をたどると、そこは見たこともない野原だった。「美奥」の町のどこかでは、異界への扉がひっそりと開く―。消えたクラスメイトを探す雄也、衝撃的な過去から逃げる加奈江…異界に触れた人びとの記憶に、奇蹟の物語が刻まれる。圧倒的なファンタジー性で魅了する鬼才、恒川光太郎の最高到達点。


艦長です。この本は奥シャマが図書館で借りてきてくれたもの。奥シャマが読み終わったので読ませてもらいました(笑) う~ん・・・。奥が深いというか・・よくわからない部分もありましたが、お勧めです。


昨夜からなんだかね・・ノロウィルス?にやられた症状・・・(泣)
今日は都合があって仕事休んで用事を済ませましたが・・・きつかった・・
明日は仕事に行かれるかな・・・・心配っす!



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2011.01.24 20:03 | EDIT
ボトルネック

ボトルネック (新潮文庫) 米澤 穂信 (著)

亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した…はずだった。ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。



艦長です。う~ん・・・艦長の頭では?なにがなんだかね、わかりませんでしたぁ~あははは(泣)


ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2011.01.23 20:55 | EDIT
またしても水菜(笑)その1

おおう!水菜!うみゃぁ~♪




またしても水菜(笑)その2

なんぢゃ?カンチョ?見んなよ!ケッ!


>艦長です~♪ 相変わらず兵曹さんは、元気であります~(*^。^*)


ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2011.01.22 20:14 | EDIT
太平洋の奇跡

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 (小学館文庫)  大石 直紀 (著)

1944年6月、アメリカ軍はマリアナ諸島サイパン島に上陸した。当時サイパンには2万人の民間人が住み、3万人を超える日本兵に守られていたが、アメリカ軍7万人の兵力と火器の前にはなすすべもなく、生き残った人々は島の中央にそびえるタッポーチョ山へと追い詰められていた。サイパンの完全占領をめざすアメリカ軍、しかしその前に敢然と立ちはだかった男がいた。陸軍歩兵第18連隊、大場栄大尉。誇り高き魂と知略で民間人に生き残ることを選択させ、最後まで彼らを守り抜き、アメリカ軍から「フォックス」と畏れられていた男。太平洋戦争末期の実話をもとに製作された、真実と感動の超大作映画をノベライズ。



艦長です。この映画を見てみたいと思っていました。2月に封切だそうでうから見てみますね♪
この本ですが、やや、迫力不足と申しましょうか・・・脚本を読んでるような感じですかね。あっという間に読んでしまえます。まぁ~・・映画はどうなんでしょうか?

ま、読書にしても映画鑑賞にしても・・・結局は娯楽ですから(または暇つぶし)個人が楽しめればそれでよいと考えます。タッポーチョのことは前々から知っていましたが、深くは考えていませんでした。マリアナ沖の連合艦隊大敗北の印象が強すぎますし、サイパンを奪ってB29が発進したインパクトが強すぎましたからね。

公式サイト
「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」
http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp/index.html


ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
 | HOME |  Next Page »

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング