FC2ブログ

バックナンバー

[ 2010.08.31 ] 食欲不振兵曹

[ 2010.08.30 ] お怒り兵曹

[ 2010.08.29 ] 漂流

[ 2010.08.28 ] 去りゆく夏

[ 2010.08.27 ] 失われた町

[ 2010.08.26 ] 真夏の大山寺~涼しい池

[ 2010.08.25 ] 仰天兵曹

[ 2010.08.24 ] ぬばたま

[ 2010.08.23 ] オイアウエ漂流記

[ 2010.08.22 ] 靖国神社 外苑休憩所

»次のページ

2010.08.31 20:00 | EDIT
食欲不振兵曹

あまりの暑さで、ペレットは食いません。野菜、藁、ハーブなどは食いますけどね・・
この暑さぢゃね・・・艦長も・・いやいや、艦長は食ってます!食わないと倒れますから(笑)

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



2010.08.30 19:25 | EDIT
お怒り兵曹

まったく・・あちぃ!怒!


艦長です・・・・毎日毎日・・・暑くてさぁ、精神的にも体力的にもなんだかさぁ、自信がなくなってきましたぜ・・

FC2 Blog Ranking
2010.08.29 20:13 | EDIT
漂流

漂流 (新潮文庫) 吉村 昭 (著)

江戸・天明年間、シケに遭って黒潮に乗ってしまった男たちは、不気味な沈黙をたもつ絶海の火山島に漂着した。水も湧かず、生活の手段とてない無人の島で、仲間の男たちは次次と倒れて行ったが、土佐の船乗り長平はただひとり生き残って、12年に及ぶ苦闘の末、ついに生還する。その生存の秘密と、壮絶な生きざまを巨細に描いて圧倒的感動を呼ぶ、長編ドキュメンタリー小説。


艦長です。少年少女向けの「15少年漂流記」を読んで久々に感動し(笑) あわせてこれも読みました。奥が深いです。漂流物にどっぷり漬かりそうです♪


FC2 Blog Ranking
2010.08.28 19:45 | EDIT
大山寺のハス

大山寺で撮影した「ハス」です。クリックすると大きな画像が現れます。



FC2 Blog Ranking
2010.08.27 19:54 | EDIT
失われた町

失われた町 (集英社文庫) 三崎 亜記 (著)

30年に一度起こる町の「消滅」。忽然と「失われる」住民たち。喪失を抱えて「日常」を生きる残された人々の悲しみ、そして願いとは。大切な誰かを失った者。帰るべき場所を失った者。「消滅」によって人生を狂わされた人々が、運命に導かれるように「失われた町」月ケ瀬に集う。消滅を食い止めることはできるのか?悲しみを乗り越えることはできるのか?時を超えた人と人のつながりを描く、最新長編900枚。


艦長です。長編です。読みました。何がなんだか・・・わかりませんでした(笑)
この作者の本は過去に2冊読んでます。
「となり町戦争」「バスジャック」です。


FC2 Blog Ranking
2010.08.26 20:23 | EDIT
大山寺にて
久しぶりにハイキングです。左膝が前々から痛かったのですが、今日は大丈夫でした。秋はようやくハイキングシーズンですよね(笑) また、ほどほどに遊ぼうと思っています。



コジタ兵曹

何でもいいからエアコン入れろ!

って兵曹さんはそれしか考えておりません~(*^。^*)

FC2 Blog Ranking
2010.08.25 19:36 | EDIT
仰天兵曹

暑い!エアコン入れろ!


ウサギに言われなくても(笑) エアコン三昧っす♪
日本は亜熱帯だな・・・


FC2 Blog Ranking
2010.08.24 19:34 | EDIT
ぬばたま

ぬばたま (新潮文庫) あさの あつこ (著)

ときどき、こんな人がいるのです。山に入ったまま、帰って来られなくなってしまった人が―。仕事も家族も失い、絶望のうちに山を彷徨う男が見た恐ろしい幻影。少女の頃に恋した少年を山で失った女の、凄絶な復讐。山で見たおぞましい光景が狂わせた、幼なじみ三人の運命。死者の姿が見える男女の、不思議な出会い。闇と光、生と死、恐怖と陶酔が混じり合う、四つの幻想的な物語。


山は人を食らい、緑は人を狂わせる。都市の人たちは、あの恐怖を知らないのだ。

山へ還りなさい。 あなたの魂を山が呼んでいる。 還ってきなさいと。 だから、還りなさい。
あなたはもう、死人(しびと)なのだから。


「おれ、怖ぇえよ。死ぬのが怖ぇえよ」あの夏の日、山へ入らなければ、ぼくたちの運命は変わらなかっただろうか。けれど、彼は山に呼ばれてしもうた……。死にゆく者の無念と生きぬく者の苦しみ。怖ろしくも哀しい、大人の胸の奥を疼かせる四つの物語。



艦長です。ぞ~~~~ってしますよ。暑いときには是非どうぞ!


FC2 Blog Ranking
2010.08.23 19:39 | EDIT
オイアウエ漂流記

オイアウエ漂流記 [単行本] 荻原 浩 (著)

お得意さまと、無人島!? ありえないメンバーでのサバイバルは、だけど、意外に明るかった――。

塚本賢司、28歳。嫌々でかけた接待出張で、やって来たのは……無人島!? たまたま乗り合わせた飛行機が遭難し、南の島に流れ着いた十人と一匹。水なし、火なし、愛はアリ(?) 黒~い本音も秘密の過去も、隠しきれない毎日だけど、誰もが精一杯の時間はかけがえなくて――。ちょっぴり苦くて温かい“オトナのための漂流記”。



艦長です。長い物語です。もったらもったら(笑)した流れでね~あはは・・ま、面白かったですよ♪ 一匹はセントバーナード犬です。なんかちょっと嫌な感じがしたんだけど・・・やっぱりね、おしまいの方で悲しい物語になるんだよね・・

艦長は犬が好きです。でも、テレビや本などで出てくる犬がかわいそうで見ないように、読まないようにしてるんだけどさ・・・でもね、結果的に読んでしまった。

人間と一緒に暮らすしか犬の幸せはない。人間と生活してこそ犬たりえる。犬はそういう生き物なのです。艦長は改めてそう思いました。

FC2 Blog Ranking
2010.08.22 16:55 | EDIT
靖国神社 外苑休憩所
先日の続きですが(笑) ここに来たからにはこれでしょう~♪ 来るたびに寄ってます。「外苑休憩所」



店構え
今回はガラガラでした。それでもかまわず突撃です!



靖国ラーメン
ラーメン(醤油味)サッパリしすぎる味の東京ラーメンであります。650円。取り立てて味が良いラーメンではありません。麺もスープもチャーシューも・・・ごく普通の味ですが、ここだからこそ食べられる味です。空調などの柔な(笑)ものはありません!気合で食うのです!ごっつあんです!ってな(笑)


FC2 Blog Ranking
 | HOME |  Next Page »

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング