FC2ブログ
2020.07.10 19:57 | EDIT
不可思議体験 第四十話
フリー写真素材ぱくたそ  加工

艦長の元同僚が目撃した話です。かなり前の話ですが、この同僚をNさんと仮に呼ばせてもらいます。

Nさんが陶芸に関係した仕事をしていた時のことです。当時は焼き物の窯は電気ではなく、灯油を燃料にした焼き釜で温度調節も全てマニュアル操作だったようです。夕方から火を入れたので、家に一度戻ってそれからその窯のある所に向かおうと深夜、国道を車ですっ飛ばしていたそうです。

誰一人会うはずも無く、対向車もほとんどいない国道をひたすら走っていた時。
左前方9時の方向にボーっと明るい光が見え、その中におばあさんがいるのがわかったそうです。Nさんはそのおばあさんを視界に入れはしましたが焦点を合わす必要も無かったので、そのまま、何も考えず車を走らせたそうです。

ところが、そのおばあさんが走行しているNさんの車のほうに、信じられないスピードで追尾してくる!Nさんは「?????」Nさんはおばあさんに焦点を合わせたそうです。なんと、おばあさんは両手に本を広げて読んでいるらしいんですが、足を動かしていない! 今は左前方11時くらいの所でNさんの車の進行方向と交差しようとしているかのように見えます。Nさんはこのままのスピードで行くとおばあさんとちょうど交差してしまうと直感的に感じて、アクセルを目一杯踏んだそうです。Nさんは怖くておばあさんに目の焦点を合わすことができず、ぎりぎりのところで交差を回避し、一目散で窯のある場所にすっ飛んでいったそうです。バックミラーも覗けないほどだったようです。

そこに着いたNさんは朝までずーっと近くにあった野球のバットを振り回して恐怖から逃れたと言っていました。私もその場所を後日、教えられて昼間に車で通って見ましたが、おばあさんがすっ飛んできたルートは田んぼでした。たとえ、おばあさんがバイクでも運転していたとしても走行は無理な場所でした。

とにかく、不可思議な話でした。



ランキングに参加しています。
スポンサーサイト



Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.07.03 19:41 | EDIT
不可思議体験 第三十九話
フリー写真素材ぱくたそ  加工

あれは、今から〇〇年くらい前。まだ静岡に住んでいた頃のことです。ひと仕事終わり、会社に報告するため電話ボックスに入っていました。(当時は携帯なんてほとんど普及していなかった)報告が終わり自分の車に戻って運転席に座ってドアを閉めたとき、なんだか異様な気配を感じ「なんだろう・・・」と思いつつ何気なく助手席のほうを見たとき、とても恐ろしい物を見てしまったのです。

そこで見たものは助手席の上に正座して一心不乱に手を合わせて拝んでいる老婆の姿でした。その老婆はゆっくりと私のほうに顔を向けると「駅のほうまで乗せていってくれぇ」と恐ろしいだみ声で言いました。あまりの恐ろしさにその申し出にOKすると「ありがたや・・・ありがたや」と拝み始めました。

それからどうやって車を走らせたのかはっきりとは覚えていません。ただ、その老婆が去っていった後、なぜだか車内が酒臭くなっていました。未だになぜ酒臭くなっていたのかわかりません。


※以前投稿してくださった記事です。



ランキングに参加しています。
Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.06.27 19:42 | EDIT
不可思議体験 第三十八話
フリー写真素材ぱくたそ  加工

稲○淳○の「生き人形」という話を知ってますか?何故かこの話を生放送でしようとすると異常な現象が起きてことごとく中断されたというちょっと有名な人形です。

その「生き人形」の話を稲○氏が公開録画で話した時のビデオがレンタルで出ているのを見かけて、上司に話すと見たいというので借りてきて上司の家で一緒に見ました。見ている間は特に何もなかったのですが、見終わってスタッフロールが出て、映像が消える瞬間に、画面に白い人影のようなモノが映ったのです。

「あ、今なんか映りましたね~」と言うと、上司は怪訝な顔で何も映ってないと言うので、巻き戻して確認したら何も映っていませんでした。確かに、白い人影が映っていたのに・・・。

それから数日後、上司が家に帰って部屋に入ると洗面所の辺りから白い人影がさっと走り出て階段を駆け下りていったので、泥棒だと思い急いで追いかけると、階段の下には誰もいなかったそうです。ちなみに上司の部屋はアパートで、玄関を開けるとすぐに階段があり、2階に部屋があるという造りなので、階段を下りてもドアをすり抜けるという真似でもしない限りどこにも隠れる場所はありません。そして、上司はドアを開ける音は聞かなかったそうです・・・。

そしてつい先日も上司の彼女が部屋に泊まっていたときに、寝ていた部屋の入り口に白い人影が立っているのを見たそうです。

最後にもう一つ。そのビデオを借りたレンタルショップに行ったところ、ビデオはなくなっていました・・・。


※以前投稿してくださった記事です。



ランキングに参加しています。
Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.06.25 19:41 | EDIT
不可思議体験 第三十七話
フリー写真素材ぱくたそ  加工

それは私が大学3年生の時でした。夏休みに泊まり込みでバイトに行くことに決め、友達のお父さんが大学のワンゲル部時代にお世話になったという長野の山小屋に行ったときの話です。

標高3千メートルの場所にあるその山小屋は、下がキャンプ場になっており、当時もたくさんのキャンプ客がテントを張っていました。バイトを初めて一週間ほど経った時、そこでキャンプをしていた一人の男性が行方不明になったらしいという話を耳にしました。県警のヘリが毎日のように行方不明者や遺体を探すために飛んでいる山です。私も、特に気にとめずに仕事をしていました。

その数日後、山小屋では貴重なお風呂に入れる日、(なんと言っても山の上ですから簡単に毎日お風呂というわけにはいかないのです)お湯を使っていると、なにやら寒気がしました。いくらお湯を浴びても、というよりお湯を浴びるほど寒気が増すのです。お風呂から上がってもしばらくイヤなカンジは消えませんでした。

そしてまた数日後。行方不明者の話を聞いた一週間後の朝でした。その日のオヤツに食べようとスイカを冷やしに小屋の水源に行ったオーナーの奥さんが真っ青な顔をして戻ってきて、言いました。

「うちの水源に、人が浮いてる・・・」

それから県警の人たちが駆けつけ、遺体は水から引き上げられ、ブルーのシートにくるまれて運ばれていきました。それは、キャンプ場からいなくなった男性でした。沢を下っていて、足を滑らせ滑落死したのです。遺体の頭部は割れ、中身は残っていなかったそうです。血も、ほとんど流れ出ていたとのことでした。

水源からのポンプには幾重もの濾過装置があります。でも、死んだ人の無念までは濾過できなかったのではないでしょうか。私たちは一週間、彼の遺体が浸かっていた水を飲み続け、生活用水としてつかっていたのですから・・・。

お風呂で感じた寒気は、彼だったのかもしれません・・・。


※以前投稿してくださった記事です。



ランキングに参加しています。
Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.06.20 19:40 | EDIT
不可思議体験 第三十六話
フリー写真素材ぱくたそ  加工

基本的に私は怖いお話は苦手です。でも、この前仕事場で起こったことをかいて去って行きますねぇ。

とあるお店に勤めているのですが、誰もいなくなっているのに何故かトイレに鍵がかかっていました。バイトくんが、おかしいよって言って私の元へやってきました。誰か入っているのか倒れているかもしれないからと、声をかけたけれど、誰も返事をしなかったんです。仕方ないので、声をかけながら鍵を外からあけてみると・・・

誰もいませんでした。どうして自然に鍵がかかってしまったのか、不明です。時々そんなことが起こってしまうのです。。私とバイトくんの仕事の時は、いつも怖いお話をしていることが多いので、招いてしまったのかなぁ~??って思ったんですが、他の人に聞いたら、良くあることだよぉ~っていわれちゃいました。


※以前投稿してくださった記事です。



ランキングに参加しています。
Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.06.10 19:42 | EDIT
不可思議体験 第三十五話
フリー写真素材ぱくたそ  加工

不可思議体験 第三十五話 「Hさんの話その3」

お盆ですね。毎日お化けにまとわり付かれて困ってます。今も犬がうるさいだの、静かにしろだの、うちの先祖様ならまだしも余計な奴が来ては文句言っていきます。バカヤロウ、ここは私の家だ。勝手に入ってくんな!前振りはさておいて、今日は・・・何の話にしよう・・・それでは、定番の病院の話をひとつ。

父が病名も原因も不明の病気で入院していたときの話です。入院していた病院は●▲中央総合病院。悪名高いやぶ医者です。私は当時19才。霊感があるような無いような・・・のときでした。父の病気は日に日に悪化する一方。意識も無く、私と母は病院に泊り込むこと1週間。父の病状は「ヤバイ」状態でした。

私はその日、病棟の1階にある外来診察室の待合所で毛布に包まって寝ていました。しかし、真冬の病棟は暖房が効いてても寒い・・・寒い? 寒いわけない。ものすごい暖房が効いてるのに、首筋だけ寒いのです。

むむう・・・暖房強めてほしいなあ・・・と思っていたら、さすが腐っても総合病院。救急車が流れ込んできました。でも、やたら遠いような・・・?あれ?処置室はすぐそこなのに、入ってきた様子も無い。なんだかなあ、たらいまわしか?「いいや、寝るべ。」

20分くらい寝たでしょうか。なにやら足音で目がさめました。スリッパをすって歩くような「すっ、ぺたっ。すっ、ぺたっ」という音。病院に泊まっている人は、私と母だけではないので、一向に気にもしていませんでしたが、その直後・・・・・

「ガチャガチャガチャガチャッ!!」「ドンドンドンドン!!」 私の目の前には、内科、外科、泌尿器科の診察室の鉄のドアがあります。そのドアが、不気味に動き、音を立てているのです。ものすごい音です。 そして・・・ 「早くしろ!聞こえないのか!?早くしろっ!!」 姿は見えないのに、男の声で叫んでいるのです。空耳と片付けられるような中途半端な音じゃないのです。ものすごい音(声)なのです。

「な・・・・なんだこりゃ!?」

しばらく固まってしまいました。そしてその数秒後、エレベーターが降りてきました。母が半狂乱で、私のところにきました。「お父さんが・・・お父さんが死んじゃう!!」何が起こったのかわかりませんでした。父の様子が明らかに変なのです。呼びかけに対して、多少の反応を見せていた父が、まったく無反応になってしまったのです。ここからは、「ある意味怖い話」です。

父の様子がおかしいので、ナースコールを押して、看護婦さんを呼びました。しかし、5分経っても看護婦さんは現れない。痺れを切らした私は、ナースステーションに呼びに行きました。しかし、ナースステーションは裳抜けのから。看護婦さんはどこにいたかというと・・・給湯室で、楽しそうにお喋りに花を咲かせていました。

「あのう・・・父の様子が変なんです。来ていただけませんか?」
「はあ?」←すんごい不快でいやそーな顔で。
その看護婦は、准看護婦にあごで「オマエ行けよ」・・・。しどい。結局、かなり危険な状態なのに「先生がいませんので、何の処置もできません。」

父は何とかその日は持ち直して、翌日、親戚の某有名大学病院の副院長を呼び、事無きを得ましたが・・・「はあ?」の看護婦には修羅場が待っていました。前日の出来事を大声で言いふらし、そして私の張り手が飛び、患者さんの罵声が飛び・・・

おかげさまで、父は親戚の先生のお蔭で転院し、回復し、今は元気です。怖い話と、ある意味怖い話でした。


※以前投稿してくださった記事です。



ランキングに参加しています。
Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.06.03 19:37 | EDIT
不可思議体験 第三十四話
フリー写真素材ぱくたそ  加工

不可思議体験 第三十四話 「Lさんの話」

高校二年の時の友人と5人で合宿に行ったときに怖い体験をしました。簡潔にいうと一人の後輩が、呪われてしまいあの降霊実験みたいになてしまいました。つまり、那須高原(戦場ヶ原から逃れてこの地で切腹自殺を図った)まで逃れてきた武士の霊が乗り移ってしまいました。電話で連絡するにも、電話が何故か通じない。

それはもう大変で、貸別荘から事務所まで15分くらい有るのですが、我々は、辿りつく事が出来ず、何回も自分の貸別荘の部屋に戻ってきてしまったり、そうれはもう大変でした。結局、明け方。。。日が昇ると同時に霊が抜け、後輩は、正常になりましたが、ここで怖いお・ち・がありまして。。。

呪われた武士(つまり体は後輩です)言うには、「この近所の貸別荘で何かが起こる!」という不可怪な奇言を残して霊は去っていったのですが、その日の午後にみんなでサイクリングをしていると、救急車が通り過ぎふと、思った我々は後をついて行きました。そうしたら、近くの貸別荘から気の狂ったように成人の方が救急車に運ばれて行ったのです。。。

今思えば、ここから私の怪奇現象は、始まったように思います。


※以前投稿してくださった記事です。



ランキングに参加しています。
Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.05.29 19:40 | EDIT
不可思議体験 第三十三話
フリー写真素材ぱくたそ  加工

不可思議体験 第三十三話 「Jさんの話」

今は独り暮らしをしているですが、その前は妹と二人である公団に住んでいました。

ある夜、寝ているとなにやら奇妙な夢を見て、目が覚めました。私はいつも金縛りの直前に奇妙な夢を見るのでその時もああ、来るなと思った瞬間、身体が硬直しました。

男の人、だったんだと思います。すぐそばにいるのが分かりました。いつもなら上に乗って首を絞められたりするんですが、こともあろうにその幽霊、身体に触ってきたんです(怒) なにすんねんこの色情霊! 怒りのパワーで金縛りをぶち破って追い払いました。あーむかつくぅ~☆と思いながら起きあがると、今度はふすま一枚隔てた妹の部屋から呻き声が。

・・・もしかして隣に行った? ふすまをガラッと音を立てて開けると妹が跳ね起きて、泣きそうな声で「金縛りに遭ったぁぁ」と。

ごめんよ妹、っていうか隣に逃げるな幽霊!!ある真夏の夜の出来事でした。


※以前投稿してくださった記事です。



ランキングに参加しています。
Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.05.17 19:58 | EDIT
不可思議体験 第三十二話
映画「太平洋の奇跡」より 加工

不可思議体験 第三十二話 「Kさんの話」

私は仕事柄あちこち行きますが、H7の夏の三重県でのホテルでの話です。

仕事がおわって、みんなと食事を済ませて、自分の部屋に入ったのですが、どうも『なんか嫌な感じ!』だったのです。たまにそういう事あって部屋を変えてもらうこともあったのですが、まあ~いいか!とその日はそのまま寝ました。

すると夜中に『あ~きたきた!』よくある金縛り!そっと目をあけると軍服をきてひどく怪我をしている兵士が私の身体の真横に....『わっ!!』と思ったけど、怪我がひどくて『怖い』なんて思ったら失礼だと とっさに思ったのです。

気を落ち着けて『大丈夫ですか?』『痛みますか?』などと声をかけたと思います。喋ってるうちに不思議と怖さはなくなっていました。そうこうしているうちに、その兵士の出血が私のちょうどお腹のあたりのシーツに染みてきて、なんともいえない生温いような冷たい感触が確かにしました。『わ~どうしよう。私のお腹の辺りが血でいっぱい....』ほんとうに驚きました。

そのうち寝てしまったのか、気付いたら朝でした。あ~嫌な体験だった!本当にお腹が重たいなあ~と思いながらもその日、夕方仕事を終えて大阪に戻りましたが、なんと!!急に気分が悪くなって血の気が引き道で倒れてしまったんです。

すぐに病院に運ばれましたが、お腹に2リットル近くの出血ががあり緊急の手術となりました。『すぐに家族を呼んで!』『助からないかも!』と言うくらいの状態だったそうです。後でそのことをきかされましたが、手術をされている自分を『あ~あ どうなるんだろ...』と思って確かに見ていました。あとで思えばあの兵士が虫の知らせというか、大変な事になると教えてくれていたのか...と思ったりします。

でも助かってよかった!


※以前投稿してくださった記事です。



ランキングに参加しています。
Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2020.05.15 19:28 | EDIT
不可思議体験 第三十一話
フリー写真素材ぱくたそ  加工

不可思議体験 第三十一話 「Iさんの話その4」

私と今でも仲の良い女性。同じ仲間の男性と結婚した彼女は、ある夜中突然気が狂ったように彼の顔をたたき始めたそうです。ビックリした彼は怒ることよりも半狂乱の彼女を止め、何が起きたのか聞きました。

彼女はワンワン泣きながら「寝返りをうった○○くんの顔がグチャグチャだったのぉ~」と、答えたそうです。「でもあたしをジッとみてたぁ」って。声も出ないほど怖かったそうです。彼の顔には引っかき傷までありました。

寝ぼけてたんだよ・・・と、聞いた私は心の中でそう信じこみました。今でもその事を彼女に聞くと「トラウマになっている」と言います。衝撃的な恐怖感を味わってしまい、色々支障があるようです。


※以前投稿してくださった記事です。



ランキングに参加しています。
Category: 不可思議体験
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME |  Next Page »

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日にFrontPage Expressで作った最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のウサギのコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。現在、当ブログでのみ情報発信。本館の「沖田根中佐の航海日誌」は運用を終了しました。

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

BBS(沖田根掲示板)

艦長にメール

全記事表示リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング