2018.05.23 13:31 | EDIT
十五歳の戦争 陸軍幼年学校「最後の生徒」 (集英社新書) 西村京太郎 (著)

十五歳の戦争 西村京太郎

昭和二十年四月一日。少年・矢島喜八郎、のちの作家・西村京太郎は、エリート将校養成機関「東京陸軍幼年学校」に入学した。八月十五日の敗戦までの、短くも濃密な四か月半。「天皇の軍隊」の実像に戸惑い、同級生の遺体を燃やしながら死生観を培い、「本土決戦で楯となれ」という命令に覚悟を決めた―。戦時下の少年は何を見て、何を悟ったのか。そして、最後の混乱をどのように生き抜いて作家となったのか。本書は、自身の来歴について、著者が初めて書き下ろした自伝的ノンフィクション。いまこそ傾聴したい、戦中派の貴重な証言である。


艦長です。古本屋さんで目にとめて思わず買ってしまいました。
こういう学校があるんだなって名前だけは知ってましたが。
非常に興味深い内容でした。お薦めの一冊です。
特になるほどって再確認させられた文章がありました。以下です。


太平洋戦争まで、他国の領土で戦ってきた軍人たちは、本土決戦になった時、自国の一般市民をどう扱ったらいいのかわからなかったというのが、本音だったろう。だから、簡単に、平素と同じように、戦い、同じように死ぬことを要求した。沖縄戦で、司令官が民間人に対して、「共生共死」を求めたのが、その典型である。現代戦は、単純に言えば、死ぬことより、生きることが、勝利という戦いである。沢山生き残った方が、勝ちなのだ。特攻は、その逆の思想から出てきた戦いである。特攻の父と言われた大西中将は、「一億総特攻で、日本民族が滅びても、歴史は、賞賛するだろう」と、いった。国内戦の考え方である。同じ日本人同士の戦いなら、敵も、こちらの気持ちをわかってくれるだろう。無謀な戦いを挑み、全員が死んでも、敵が同じ日本人なら、「よくやった。立派だ」といい、涙を流してくれる。しかし、国際的な現代戦は、そんな甘いものではない。勝つことが全てなのである。立派に負けたとしても尊敬はしてくれないのである。死ぬことより生きることが勝ちという現代戦では、勝手に死んでいく日本兵は、敵にとって、最初は驚いても、戦いやすい相手に違いなかったような気がする。


敵機は精神で落とせ!と時の戦陣訓の総理大臣は言ったそうだが
これは頭が病んでいるね。敵機は味方戦闘機が銃弾で落とすのであって
念力(掛け声)で落とせるんだったら、軍隊は必要ありません。以上。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
スポンサーサイト
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.05.22 19:46 | EDIT
カノン (文春文庫) 篠田節子 (著)

カノン 篠田節子

学生時代の恋人が自殺する瞬間迄弾いていたバッハのカノン。そのテープを手にした夜から、音楽教師・瑞穂の周りで奇怪な事件がくり返し起こり、日常生活が軋み始める。失われた二十年の歳月を超えて託された彼の死のメッセージとは?幻の旋律は瑞穂を何処へ導くのか。「音」が紡ぎ出す異色ホラー長篇。


艦長です。奥シャマに借りて読みました。
この本はホラーではありません。
自分再発見(再発掘?)の長々とした内容なんですね。
自分の頭の中でのことと艦長は思いました。
まぁ~とにかく、くどいです(笑)でもね、おもしろかったです♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.05.21 19:37 | EDIT
14年前のコジロウ軍曹 5月21日

テーブル下の陣地で威張ってました♪
この年の7月に星になりました。



Category: ウサギ
Permanent Link | Comment(3) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.05.20 14:18 | EDIT
書斎からの空飛ぶ円盤 (講談社文庫) 高橋克彦 (著)

書斎からの空飛ぶ円盤 高橋克彦

謎は世界中に溢れている。歴史に隠された真実、古代遺跡の秘密を民話・神話から推理し、空想の翼を世界へと拡げて乱歩賞・直木賞作家の著者が謎解く。ストーンサークルとUFO、縄文文化とメソポタミア文明、霊魂に至るまで常識の呪縛から離れ、宇宙と人類の不思議に挑む。ミステリーを超えるミステリー。


艦長です。本日二つ目のエントリーです。
20年も前に出版されたものを古本屋さんで買いました。
非常に興味深い内容です。なるほどそうだったんですか!ってな感じ。
本気だったんだって再確認。なんだ?本気って(笑)
にわかには信じられない内容ばかりですが、お薦めであります。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.05.20 09:11 | EDIT
5月18日(金)~19日(土) 日光ドライブ

奥シャマと30年ぶりの日光への一泊温泉ドライブです♪
日光の東照宮など見学しました。18日の宿で温泉を堪能いたしました。

日光 湯元温泉 旅籠屋なごみ 硫化水素泉(白濁の硫黄泉)

旅籠屋なごみ
栃木県日光市中宮祠2478
※写真はホームページからお借りしました。



硫化水素泉
※写真はホームページからお借りしました。

泉質は「硫化水素泉(白濁の硫黄泉)」で久しぶりの硫黄泉です。
やっぱり硫黄は温泉のイメージですよね(*^_^*)
さほど硫黄臭はきつくないんですが、3回も入るとね~
翌日も体中から硫黄臭がありました!内風呂は塩素臭がしたんでね
艦長は入りませんでしたが、奥シャマは良い感じだったと言ってました。
広くはありませんでしたが、落ち着ける感じのよい風呂でありました。



日光東照宮

宿に入る前に寄った日光東照宮です。何やらイベントがあったようで
ものすごい観光客がいました!欧米の方々が多かったっすね!
東照宮は30年ぶりです。


19日は中禅寺湖畔にある
イタリア大使館別荘記念公園
英国大使館別荘記念公園
見学しました。よく晴れて湖の色が素敵でしたが風が強かった!
けれどもこの二つは絶対行った方が良いですよ!
素晴らしい雰囲気でした♪お勧めです~~~

帰りは関越道と圏央道をすっ飛ばして帰りました!
ハイゼットは貧弱なエンジンですがよく走りました(*^_^*)
リッター20kmちかく走ってビックリ!十分元取ってます(笑)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 温泉
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.05.17 19:43 | EDIT
サッポロ一番 名店の味 桂花(けいか)熊本マー油豚骨

サッポロ一番 名店の味 桂花(けいか)熊本マー油豚骨

熊本の人気ラーメン店「桂花」の「桂花拉麺」のスープを再現しました。まろやかで濃厚な豚骨スープに、香ばしくコク具はのあるマー油を合わせた、クセになる味わいのスープです。めんは張りとしっかりとした噛み応えがあるコシの強い中太のちぢれめんで、スープの絡みもよく最後まで食べ飽きしません。具材のチャーシューのうまみと焦がしガーリックの香ばしい香りがスープのおいしさを引き立て、キクラゲとメンマのコリコリとした食感が食欲をそそります。ねぎを加えて彩りよく仕上げました。


艦長です。本日、二つ目のエントリーです。
久しぶりにカップ麺を食べました♪
スープと麺が凄いです!ウマい!
これでインスタントかよ!!ってな感じ(*^_^*)
具はインスタントですね(笑)







ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
2018.05.17 19:28 | EDIT
鉄道員裏物語―現役鉄道員が明かす鉄道の謎(彩図社文庫)大井 良 (著)

鉄道員裏物語  大井 良

鉄道員をしているというと、さまざまな質問をされることがある。 「人身事故の処理は誰がやっているのか?」 「電車を停めると、1億円を請求されるというのは本当なのか?」 「コインロッカーの忘れ物にはどんなものがあるのか?」 「駅で放送している声ってなんで変なのか?」 鉄道の世界というのは、周りから見ると不思議でつかみどころのないものに映るようだ(はじめにより) 某大手私鉄の現役鉄道員が綴る、鉄道の真実の姿。 本書を読むことで、これまで身近に佇んでいるだけだった駅や鉄道員が生々しいものに見えてくる。 一風変わった鉄道の世界に出発進行!

著者 某大手私鉄に勤務する現役鉄道員。 「鉄道会社による」「利用者のための」「鉄道員が支える」鉄道をめざすべく、勤務の傍らで執筆活動に勤しんでいる。 現在は鉄道関連の長編小説を執筆中。著書に『鉄道 噂の真相』(小社刊)がある。



艦長です。ちょっと前の情報ですが、十分今でも適応できると思います。
なるほど~って思う面が多々ありました。そう思うと、これから電車乗るときに
あぁ~って思うかもしれませんね(笑)
読んで損はない本です。古本屋さんで買いました(*^_^*)



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.05.16 19:44 | EDIT
遺品整理屋は見た! (扶桑社文庫) 吉田太一 (著)

遺品整理屋は見た! 吉田太一

孤独死、自殺、殺人…ひとごとのように感じられるかもしれませんが、それらはあなたの隣で起こっていてもおかしくありません。本書は、日本初の「遺品整理」の専門業者として、さまざまな壮絶な現場を経験してきた著者が記した46の「現実にある出来事」。あまりの凄まじさに「覗き見」の興味本位で読み進めていっても、そこからは現代社会が抱えている痛みや狂気が汲み取れます。圧倒的な読後感!


艦長です。過去に「特殊清掃」っていうエントリーもアップしています。
読み始めたら止まりません。
きわどい内容ばかりでお薦めはできませんが・・・
ある意味、必読書かなって・・思います。
誰かがやらねばならない仕事だと再確認しました。



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.05.15 19:49 | EDIT
ジャイロスコープ (新潮文庫) 伊坂幸太郎 (著)

ジャイロスコープ 伊坂幸太郎

助言あります。スーパーの駐車場にて“相談屋”を営む稲垣さんの下で働くことになった浜田青年。人々のささいな相談事が、驚愕の結末に繋がる「浜田青年ホントスカ」。バスジャック事件の“もし、あの時…”を描く「if」。謎の生物が暴れる野心作「ギア」。洒脱な会話、軽快な文体、そして独特のユーモアが詰まった七つの伊坂ワールド。書下ろし短編「後ろの声がうるさい」収録。


艦長です。「浜田青年ホントスカ」がおもしろかったですね(笑)
浜田青年が車でやってきた町が「がまくら市」
その町のキャッチコピーが「いざ、がまくら!」
青年が泊まったホテルの名前が「バスコ・ダ・がま」
青年が働こうとする事務所のある敷地がスーパーホイホイ♪
思わず噴き出して(笑)脱力しましたね~(*^_^*)
物語はそれぞれ繋がっているような感じで不思議な話です。
頭がこんがらがってさ、沸騰する一歩手前って感じ?
暇つぶしにはもってこいですぅ~~~あはははは



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
2018.05.14 19:46 | EDIT
回転木馬のデッド・ヒート (講談社文庫) 村上春樹 (著)

回転木馬のデッドヒート 村上春樹

現代の奇妙な空間―都会。そこで暮らす人々の人生をたとえるなら、それはメリー・ゴーラウンド。人はメリー・ゴーラウンドに乗って、日々デッド・ヒートを繰りひろげる。人生に疲れた人、何かに立ち向かっている人…、さまざまな人間群像を描いたスケッチ・ブックの中に、あなたに似た人はいませんか。


艦長です。これも古本屋さんで買ってきました。
著者の前振りがあって八つの物語があります。
艦長はこの著者の言葉の言い回し方が好きなんで
あっという間に読んでしまいました。薄い本なんでね(笑)
なにがなんだかいつものようにわかりませんでしたがぁ~
不思議な余韻はいつもと同じですね。
とにかく、すべてのお話は本当にあったことらしいです。
・ レダーヒーセン
・ タクシーに乗った男
・ プールサイド
・ 今は亡き王女のための
・ 嘔吐1979
・ 雨やどり
・ 野球場
・ ハンティング・ナイフ

そうですね~お薦めとは言いませんが時間つぶしには最適でした♪



ランキングに参加しています。ポチッと押してしまいましょう♪
Category: 読んだ本
Permanent Link | Comment(0) | Trackback(-) | PageTop↑
 | HOME |  Next Page »

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

沖田根銃創艦長

Author:沖田根銃創艦長
沖田根銃創です。よろしくお願いします。
2000年11月7日に最初のサイト「コジロウハウス」を発進させ、なんとかここまでやってきました。幾多の出会いと別れ・・・。いろいろ経験できました。最初の飼いウサギ「コジロウ軍曹」をダシにして(笑)宇宙戦艦ヤマトのパクリサイトの性格でしたが、いつしかコジロウ軍曹のサイトになりました。軍曹は2004年の7月に8歳で星になり、後釜のコジタ兵曹は2017年の1月21日12歳8カ月で逝きました。
本館の「沖田根中佐の航海日誌」はすぐ下のリンクからお入りください。
ラーメン関係はカテゴリーの「ご麺なサイト」から反映されます。

地球防衛軍階級一覧・うさぎ

BBS

BBS

全記事表示リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ランキング